梓みちよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梓 みちよ
Michiyo Azusa.jpg
基本情報
出生名 林 美千代[1]
生誕 (1943-06-04) 1943年6月4日[1]
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市博多区[2]
死没 (2020-01-29) 2020年1月29日(76歳没)
学歴 宝塚音楽学校中退
ジャンル 歌謡曲ポップ・ミュージック
活動期間 1962年 - 2020年
レーベル キングレコード1962年 - 1979年
CBS・ソニー1979年 - 2020年
事務所 アラベスク

梓 みちよ(あづさ みちよ、1943年6月4日[1] - 2020年1月29日[3])は、日本歌手女優。本名:林 美千代(はやし みちよ)[1]。血液型はO型[2]。株式会社アラベスク所属で株式会社プロダクション尾木と業務提携。

日本統治下の朝鮮釜山市生まれ福岡県福岡市博多区出身[2]福岡女学院中学校・高等学校2年中退[4]宝塚音楽学校中退[5]1960年代から1970年代を中心にヒットを飛ばした。アメリカンポップスから歌謡曲まで幅広いレパートリーを持つ。

略歴[編集]

1960年、福岡女学院高校2年中退で宝塚音楽学校に入学。同校在学中に渡辺プロダクションのオーディションに応募し合格し、上京し契約する[2](同校は中退[5][6]

約1年間のレッスンを経て、1962年に“ボサノバ娘”のキャッチフレーズでキングレコードより「ボッサ・ノバでキッス」でデビューし[2]、歌手として本格的に活動を始める。

芸名の名付け親は渡辺プロダクション創業者の渡辺晋[7]。「梓弓のようにしなやかで強くなって欲しい」の意味で名付けられたという[7]

1963年7月、『夢であいましょう』の今月の歌として発表された[2]こんにちは赤ちゃん」(作詞・永六輔、作曲・中村八大)が大ヒットとなり、同年12月の第5回日本レコード大賞の大賞を受賞[1]。また『第14回NHK紅白歌合戦』にも初出場を果たし、人気歌手としての地位を得た。また同曲は翌1964年3月の第36回選抜高校野球大会開会式入場行進曲に採用された。更には1964年5月に東京都文京区椿山荘で開かれた学習院初等科同窓会に招待されて、昭和天皇の御前でこの歌を披露した。明治時代以降において日本芸能界初の天覧歌謡曲となる[8]

しかしその後は歌手として人気が一時低迷、1969年の『第20回NHK紅白歌合戦』まで7年連続出場していた紅白歌合戦も翌1970年に落選、1973年まで4年間出演出来なかった。1971年に俳優の和田浩治と結婚したが、翌1972年に離婚している[9]

1974年には床に座り込んで歌う「二人でお酒を」(作詞・山上路夫、作曲・平尾昌晃)が久々に大ヒット。同曲で第5回日本歌謡大賞・放送音楽賞、同年末の第16回日本レコード大賞・大衆賞をそれぞれ受賞し、また『第25回NHK紅白歌合戦』にも5年ぶり8回目の復帰出場を果たし、イメージ・チェンジを成功させた。一方、1971年7月から1978年2月まで『新婚さんいらっしゃい!』(司会・桂三枝)の2代目アシスタントを務めていた。

1975年末の『第26回NHK紅白歌合戦』は、第二次世界大戦中に流行したドイツの歌謡曲「リリー・マルレーン」を日本語詞で歌唱。

1976年は「メランコリー」(作詞・喜多条忠、作曲・吉田拓郎)が翌1977年にかけてロングヒット。同曲で1976年末に第18回日本レコード大賞・編曲賞(編曲・萩田光雄)を受賞し、『第27回NHK紅白歌合戦』に3年連続で出演した。

1979年レコード会社CBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)に移籍。同年日本専売公社(現:日本たばこ産業)「パートナー」のCMソングに採用された「よろしかったら」(作詞・阿木燿子、作曲・筒美京平)がスマッシュヒット。1982年、前年の1981年5月に37歳の若さで急逝したシンガーソングライター大塚博堂の「トマトジュースで追いかえすのかい」(作詞・阿久悠、作曲・大塚博堂)をカバーした。

1992年には『第43回NHK紅白歌合戦』に16年ぶり11回目の紅白カムバック出場を果たし、同1992年6月に亡くなった作曲家・中村八大を偲んで「こんにちは赤ちゃん」を歌唱した。

自身の持ち歌である「こんにちは赤ちゃん」を長年コンサートで自分で封印し歌わなかった[注釈 1]。その理由は「この歌は今、私にとって重すぎる」、「いまさらこの歌は私には似合わない」などというものだったが、2002年の40周年記念コンサートでのアンコールの際に「初めて、心からこの歌の素晴らしさを理解することが出来た。こんな良い歌を今まで歌わなかったのか、情けない」と言い、封印を解き歌唱。2006年には、「この曲は私にとって世に出してもらうきっかけであり、一番の宝物だから、大切にしよう。40年かかって、そんな気持ちになれたから、アンコールの最後に、やっと歌えたんです」と明かした。以後はステージでも必ず歌うようになった。「こんにちは赤ちゃん」の封印を解いた理由について、梓自身は「米国日系の一世、二世の方々の前で(「こんにちは赤ちゃん」を)歌った時に皆さんが涙を流しているのを見て後悔したから」とも語っていた[10]

晩年は「良い歌は古い歌でも後輩の歌でも関係なく歌っていきたい」とJポップ、歌謡曲からタンゴ、シャンソンなど幅広いジャンルの歌を歌っていた。

2020年2月3日、東京都内の自宅で1月末に死去していたことが公表された。所属事務所によると、出演番組の打ちあわせで1月29日に訪れたマネージャーが、ベッドの上で亡くなっていた梓をみつけたという[11][12]。マネージャーは警察に通報したが、事件性はなく、その場で死亡が確認された[13]。76歳没[3]。死因は心不全だった。

2020年2月9日にBSテレ東で「緊急特番 ありがとう!梓みちよさん」が放送された。司会は合田道人水原恵理

人物[編集]

  • さんまのまんま』第69回(1986年10月6日)に出演した時、明石家さんまの失礼な言動に対し怒り、グラスのシャンパンをさんまに対してかけた。後日謝罪し、さんまにブレスレットをプレゼントした[5]。ちなみに、騒動後に出したシングルのタイトルは『シャンペンでこんや破産』であった。
  • 2016年7月11日、「こんにちは赤ちゃん」の作詞家・永六輔が同年7月7日に83歳で逝去の報道を受け、梓は「突然の訃報にただ驚いております。最後にお会いしたのは2年前『夢であいましょう』のイベントで、その時は『こんにちは赤ちゃんのアンサーソングを作ろうよ』の話で盛り上がり、お元気な印象でした。私がデビュー間もない頃に永さん作詞、中村八大さん作曲の『こんにちは赤ちゃん』の曲を頂いた時『ママでもないのにどう歌えばいいんですか?』と泣きそうになりながら聞いた処『いいかい、女性はみんな母性本能があるんだ。胸に玉のようなかわいい赤ちゃんを抱いていると思って歌えばいいんだよ』とアドバイスを頂きました。その言葉が昨日のように思い出されます。永さんなしでは『梓みちよ』という歌手は誕生しませんでした。感謝の気持ちしかありません。有難う御座いました。ご冥福をお祈り申し上げます」と追悼のコメントを発表した[14]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
キングレコード
1 1962年
11月
A面 ボッサ・ノバでキッス 水島哲 J.Sherman
N.Sherman
宮川泰 EB-7176
B面 恋のゆきどまり あらかはひろし C.King
J.Keller
2 1963年
2月
A面 スカイリング・デイト 横井弘 宮川泰 EB-7178
B面 グッドバイ・ジョー 星加ルミ子 H.Wittstatt 東海林修
3 1963年
3月
A面 恋はボッサ・ノバ 水島哲 B.Mann
C.Weil
森岡賢一郎 EB-7192
B面 すてきなメモリー 池すすむ B.Arthur
A.Lorber
東海林修
4 1963年
5月
A面 渚のデイト 漣健児 B.Davis
T.Murray
宮川泰 EB-7205
B面 ラスト・ダンスを私と あらかはひろし D.Pomus
M.Schuman
5 1963年
6月
A面 ヘイ・ポーラ[注釈 2] みナみカズみ R.Hildebrand 東海林修 EB-7220
B面 黒い瞳に青い空 あらかはひろし M.Panzeri
6 A面 けんかでデイト[注釈 2] みナみカズみ Smith
Mcduff
Couch
宮川泰 EB-7230
B面 バイバイ・ハイスクール[注釈 2] J.Adams
B.smith
東海林修
7 1963年
11月
A面 こんにちは赤ちゃん 永六輔 中村八大 EB-1000
B面 いつもの小道で[注釈 2]
8 A面 きよしこの夜[注釈 2] 由木康 F.Gruber 東海林修 EB-7239
B面 別れのワルツ[注釈 2] 稲垣千穎 P.D.
9 1964年
1月
A面 ダンケ・シェーン 加茂亮二 B.Kaempfert EB-7259
B面 月光価千金 福地美穂子 L.Shay
10 1964年
3月
A面 素敵な新学期[注釈 2] 漣健児 J.Jackson
R.Hildebrand
EB-7260
B面 さよならデイト[注釈 2] D.Terry
D.Harris
11 A面 ラスト・ダンスを私と あらかはひろし D.Pomus
M.Schuman
宮川泰 BS-7004
B面 二人で夢を 安井かずみ A.Kent 東海林修
12 1964年
4月
A面 ひとりだけの歌[注釈 2] 永六輔 中村八大 BS-6
B面 パララン・パン[注釈 2]
13 A面 おかあさん 江間章子 中田喜直 BS-10
B面 12と13[注釈 2] 水木ひろし 桜井順 東海林修
14 1964年
6月
A面 夢みる想い あらかはひろし N.Salerno BS-7017
B面 ウィッシング・ウェル 南新 L.Weiss
L.Edwards Jr.
15 1964年
7月
A面 アウフ・ヴィーダーゼーン[注釈 2] あらかはひろし E.Townsend
J.Holiday
BS-7023
B面 二人はステディー[注釈 2] 安井かずみ D.Houston
16 1964年
10月
A面 リンデンバウムの歌 岩谷時子 山本直純 BS-121
B面 夕陽が似合う 安井かずみ 東海林修
17 1964年
12月
A面 白い想い出 山崎唯 森岡賢一郎 BS-145
B面 幸福を祈ろう 永六輔 いずみたく
18 1965年
5月
A面 忘れな草をあなたに 木下龍太郎 江口浩司 山本直純 BS-207
B面 虹を掴もうよ 岩谷時子 山本直純
19 1965年
6月
A面 言えばよかった 萩原哲晶 BS-266
B面 ごめんなさい 安井かずみ 松宮庄一郎 宮川泰
20 1965年
11月
A面 忘れたはずなのに 宮川泰 BS-330
B面 笑顔をみせて 松原雅彦 白石信 宮川泰
21 1966年
5月
A面 ねむの木の子守歌 皇太子妃美智子 山本正美 山本直純 BS-410
B面 おめめがさめればかあさん サトウハチロー 中田喜直
22 1966年
6月
A面 ポカン・ポカン 三木トリロー 宮川泰 BS-446
B面 憶えているかしら 横井弘 小川寛興 森岡賢一郎
23 1966年
9月
A面 赤いつるばら 水島哲 平尾昌晃 BS-492
B面 白い浜 弾厚作
24 1967年
2月
A面 キッスして 岩谷時子 いずみたく BS-579
B面 お嫁さん 宮川泰 森岡賢一郎
25 1967年
8月
A面 渚のセニョリーナ 尾中美千絵 平尾昌晃 BS-658
B面 二人の夏
26 1967年
12月
A面 恋のギターラ BS-734
B面 恋してる 平尾昌晃
加茂亮二
27 1968年
2月
A面 あなたの時計 有馬三恵子 鈴木淳 BS-790
B面 ふたりのこころ 尾中美千絵 平尾昌晃
28 1968年
6月
A面 月夜と舟と恋 有馬三恵子 鈴木淳 BS-840
B面 夜はバラ色
29 1968年
10月
A面 愛せないの 岩谷時子 宮川泰 BS-906
B面 めぐり逢うために 山上路夫 平尾昌晃 森岡賢一郎
30 1969年
2月
A面 だけど愛してる 泉川蓉子 大島四郎 BS-955
B面 夜のせいなの なかにし礼 鈴木淳
31 1969年
6月
A面 渚のSha La La 尾中美千絵 鈴木邦彦 宮川泰 BS-1019
B面 熱い愛
32 1969年
10月
A面 麗人の唄 サトウハチロー 堀内敬三 BS-1088
B面 愛の新世界 なかにし礼 鈴木邦彦
33 1970年
3月
A面 朝とブラック・タイ 山口あかり 平尾昌晃 小谷充 BS-1156
B面 一年前の街角で
34 1970年
8月
A面 売れ残ってます 増永直子 鈴木淳 船木謙一 BS-1242
B面 ナルシズム 山上路夫
35 1970年
12月
A面 愛されてます 増永直子 中村泰士 森岡賢一郎 BS-1299
B面 悲しい旅
36 1971年
4月
A面 陽のあたる窓辺 岩谷時子 いずみたく 大柿隆 BS-1371
B面 もう来ない明日
37 1971年
12月
A面 ここに幸あり 高橋掬太郎 飯田三郎 宮川泰 BS-1453
B面 約束 千家和也 山本とおる
38 1972年
6月
A面 愛はルフラン 安井かずみ R.Jeannot 田辺信一 BS-1554
B面 眼が覚めて 千家和也 田辺信一
39 1974年
3月25日
A面 二人でお酒を 山上路夫 平尾昌晃 森岡賢一郎 BS-1811
B面 両手で愛して 小谷夏 森田公一 高田弘
40 1974年
9月
A面 淋しがりや 山口洋子 平尾昌晃 森岡賢一郎 BS-1871
B面 別ればなし
41 1975年
4月
A面 あかいサルビア BS-1919
B面 リリー・マルレーン 片桐和子 N.Schultze
42 1975年
8月
A面 よこがお 山口洋子 宮川泰 BS-1952
B面 九月の渚 平尾昌晃 森岡賢一郎
43 1976年
2月
A面 二日酔い 阿久悠 森田公一 竜崎孝路 BS-1995
B面 独りあるき 山口洋子 平尾昌晃 森岡賢一郎
44 1976年
9月21日
A面 メランコリー 喜多条忠 吉田拓郎 萩田光雄 GK-47
B面 雪どけ 麻生香太郎 F.Hallander 森岡賢一郎
45 1977年
4月
A面 女達のキィ・ワード 阿木燿子 宇崎竜童 馬飼野康二 GK-86
B面 UP AND DOWN 萩田光雄
46 1977年
9月
A面 ノクターン 喜多条忠 常富喜雄 川口真 GK-134
B面 ひとり暮し 青山孝
47 1978年
3月
A面 銀河系まで飛んでいけ! 喜多條忠 吉田拓郎 馬飼野康二 GK-162
B面 ミストレス 山口洋子 川口真
48 1978年
5月
A面 熱帯夜 阿木燿子 宇崎竜童 船山基紀 GK-208
B面 フィニッシュ
49 1978年
10月
A面 信天翁 谷村新司 萩田光雄 GK-254
B面 ミッドナイト・ブルー
CBS・ソニー
50 1979年
9月21日
A面 よろしかったら 阿木燿子 筒美京平 06SH-632
B面 ビロードの爪
51 1980年
3月21日
A面 淋しい兎を追いかけないで 06SH-731
B面 コーランの恋人
52 1980年
8月21日
A面 小心者 中村泰士 萩田光雄 07SH-836
B面 純情馬鹿 大浜和史
53 1981年
5月1日
A面 行きずり-日本の美女たちへ- 五輪真弓 若草恵 07SH-981
B面 思うままの女
54 1981年
9月21日
A面 いま、親友 有馬三恵子 小杉保夫 松井忠重 07SH-1058
B面 アムール アムール
55 1982年
4月1日
A面 トマトジュースで追いかえすのかい 阿久悠 大塚博堂 後藤次利 07SH-1141
B面 裏面 島武実 岡本一生
56 1982年
9月1日
A面 恋はウー・ラ・ラ・ラ 安井かずみ 加藤和彦 清水信之 07SH-1209
B面 愛を散らかしていた
57 1983年
5月21日
A面 もっと人生を下さい 若草恵 07SH-1298
B面 女の幻想曲
58 1984年
2月1日
A面 耳飾り 矢野誠 07SH-1453
B面 真珠をつけた根無し草 清水信之
59 1985年
5月2日
A面 いらっしゃい 伊藤薫 岡本朗 久石譲 07SH-1638
B面 サファイア色の午後 安井かずみ 加藤和彦 国吉良一
60 1986年
9月21日
A面 ぬすんでもいいわ 岩谷時子 かしぶち哲郎 07SH-1819
B面 危険な関係 川口真 かしぶち哲郎
ALTY
61 1986年
11月21日
A面 横恋慕 阿久悠 吉田拓郎 かしぶち哲郎 AY07-100
B面 シャンペンでこんや破産 かしぶち哲郎
東芝EMI
62 1992年
12月2日
01 FOREVER FRIENDS 竹内まりや 奈良部匠平 TODT-2958
02 TOKYOシンドローム 岡田冨美子 西島三重子 中村暢之
バンダイ・ミュージック
63 1997年
4月21日
01 愛の落書き 千葉大輔 磯田雄志 OHDA-2
02 紫のバラ
インディーズ
64 2002年
4月20日
01 Rain 愛しくて 片桐和子 宮川泰 広瀬千代 -
02 まだまだ世の中捨てたものじゃない 森田哲朗 林有三

委託製作[編集]

  • STVの歌(1960年代)札幌テレビ放送イメージソング ※ソノシート
  • むかしのむかし(1960年代)北海道民のうた選定委員会 ※ソノシート
  • 愛はルフラン/二人でお酒を/こんにちは赤ちゃん ※新婚さんいらっしゃい! 委託EP

オリジナル・アルバム[編集]

  • Michiyo Azusa/梓みちよ第一集(1963年7月)
    ⇒紙ジャケット仕様CD化(2014年5月・ディスクユニオン)
  • こんにちは赤ちゃん/梓みちよ第二集(1964年1月)
    ⇒CD化(1989年5月・キング194A-16)
  • マイ・カップル(1964年1月)田辺靖雄・梓みちよ
    ⇒CD化(1989年6月・キング194A-25)
  • おかあさん/みちよのヒットパレードVol.3(1964年8月)
    ⇒CD化(1989年5月・キング194A-16)
  • 二人はステディー/マイ・カップルVol.2(1964年9月)田辺靖雄・梓みちよ ⇒CD(1989年6月・キング194A-25)
  • みちよと歌おう / 梓みちよの抒情歌集(1965年)
  • 梓みちよ デラックス(1968年)
  • 退職願い―ナツコの結婚―(1970年)
    ⇒紙ジャケット仕様CD化(2014年5月・ディスクユニオン DSKA-008)
  • グラスにうつる愛の詩(1975年4月)
    ⇒CD化(1994年2月・キング)
  • オリジナル・コレクション(1977年12月)
  • 女が男を語るとき(1979年12月)CBSソニー移籍
  • リラックス(1980年8月)
  • いま、親友(1981年11月)
  • 夜会服で…(1982年11月)
    ⇒CD化(2013年2月・ソニーオーダーメイドファクトリー「夜会服で... + 耳飾り」2 in 1仕様)
  • 耳飾り(1984年2月)
    ⇒CD化(2013年2月・ソニーオーダーメイドファクトリー「夜会服で... + 耳飾り」2 in 1仕様)
  • 黄昏のモンテカルロ(1986年11月)CBSソニー《アポロン移籍再発(1987年6月)》
  • モスクワの仔猫(1997年4月)バンダイ・ミュージックエンタテインメント

ベストアルバム/コンピレーション[編集]

アナログ[編集]

  • 渚のセニョリーナ(1967年)以下キング・レコード
  • 二人でお酒を(1974年)
  • ベスト20(1974年)
  • ベスト20(1975年)
  • メランコリー(ゴールデン・スター・ベスト・アルバム)(1976年)
  • ゴールデン・スター・ベスト・アルバム(1977年)
  • ベスト(1979年)
  • ベスト・スター・ダブル・デラックス(1979年)2枚組LP
  • ベスト16
  • ベスト14
  • THE BEST  (1980年11月 28AH1098) CBS・ソニー
  • THE BEST  (1981年11月 28AH 1347) CBS・ソニー

CD[編集]

  • 全曲集(1988年)アポロン 〈The 25th Anniversary〉
  • ベスト・ヒッツ(1989年)キング・レコード
  • ベスト・ヒッツ・コレクション キング・レコード
  • GOLDEN J-POP/THE BEST (1998年11月)Sony Music Entertainment〈CBSソニー時代のベスト〉
  • 梓みちよ ベストアルバム(2000年11月)渡辺音楽出版株式会社
  • 梓みちよCD-BOX(2002年7月)〈キング・レコード時代1963-1978のCD5枚組BOX〉
  • ゴールデン☆ベスト 梓みちよ ニュー・シャンソン(2005年3月)Sony Music Direct〈CBSソニー時代の全シングルA面、アルバムからの2枚組ベスト〉
  • エッセンシャル・ベスト(2007年12月) Sony Music Direct 〈CBSソニー時代のベスト〉
  • 決定版2010(2009年12月)キング・レコード
  • 決定版2016(2015年12月)キング・レコード
  • 梓みちよ ベスト50(2017年2月)キング・レコード CD3枚組
  • 決定版2020(2019年12月)キング・レコード

ライブ・アルバム[編集]

  • 梓みちよ オン・ステージ(1972年)1972/9/6 渋谷公会堂でのライブ
  • 梓みちよ・リサイタル(1975年)1975/2/17 大阪フェスティバル・ホールでのライブ

オムニバス盤[編集]

  • たのしい、たのしいクリスマス(1963年11月)
    ⇒CD化(1991年11月・キングKICX-144)
  • おかあさんへプレゼント(1966年)

映像作品[編集]

  • 梓みちよ パフォーマンス(1983年)
  • 夢であいましょう(1991年)全5巻VHS
  • 歌の妖精(2001年)全7巻VHS

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1965年 虹を掴もうよ 東映映画「虹をつかむ恋人たち」主題歌
1967年 お嫁さん フジテレビ系テレビドラマ「お嫁さん」主題歌
1979年 よろしかったら 日本専売公社「パートナー」CMソング
1983年 もっと人生を下さい TBS系「愛の劇場」OPテーマ
TBS系テレビドラマ「家族づくり」EDテーマ
1992年 FOREVER FRIENDS 日本テレビ系「ハートにジャストミート」EDテーマ

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

吹き替え[編集]

人形劇[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

  • 梓みちよ 美の秘訣(2014年10月4日 - 12月27日、TBSラジオ

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1963年(昭和38年)/第14回 こんにちは赤ちゃん 20/25 坂本九 初出場
1964年(昭和39年)/第15回 2 リンデンバウムの歌 09/25 ボニー・ジャックス
1965年(昭和40年)/第16回 3 忘れたはずなのに 06/25 ダーク・ダックス
1966年(昭和41年)/第17回 4 ポカンポカン 22/25 マイク眞木
1967年(昭和42年)/第18回 5 渚のセニョリーナ 06/23 三田明
1968年(昭和43年)/第19回 6 月夜と舟と恋 18/23 デューク・エイセス
1969年(昭和44年)/第20回 7 こんにちは赤ちゃん(2回目) 16/23 水原弘
1974年(昭和49年)/第25回 8 二人でお酒を 07/25 殿さまキングス 5年ぶりに復帰出場
1975年(昭和50年)/第26回 9 リリー・マルレーン 19/24 沢田研二
1976年(昭和51年)/第27回 10 メランコリー 10/24 菅原洋一
1992年(平成4年)/第43回 11 こんにちは赤ちゃん(3回目) 08/28 デューク・エイセス 16年ぶりに復帰・生涯最後の出場[15]
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

NHKみんなのうた出演歴[編集]

コーラス 初放送年月 再放送
うそなんか いうもんか (なし) 1964年(昭和39年)6月 - 7月 2017年(平成29年)4月 - 5月
2021年(令和3年)6月 - 7月
海の底から 杉並児童合唱団 1966年(昭和41年)7月 (なし)
はつ夏の潮騒 (なし) 1972年(昭和47年)6月 - 7月 1973年(昭和48年)6月 - 7月
2015年(平成27年)6月 - 7月

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ テレビ番組などではその限りではなかった。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m デュエット:田辺靖雄

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 梓みちよ Tower Records Online
  2. ^ a b c d e f >梓 みちよ (あずさ みちよ) アラベスク
  3. ^ a b "歌手の梓みちよさん死去 76歳「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 3 February 2020. 2020年2月3日閲覧
  4. ^ 亡き梓みちよさん 葛藤40年「赤ちゃん」封印解く 日刊スポーツ2019.2.3(2019.2.3 lastaccess)
  5. ^ a b c さんまにシャンパンかけた 梓みちよ 2012年10月23日 日刊ゲンダイ
  6. ^ 【トピックス】朝日新聞連載「おお宝塚 学舎100年」(1)~(4) おお宝塚(1)「こんにちは 私の青春」 - スターファイル - 朝日新聞社”. astand.asahi.com(2013年7月17日). 2020年2月3日閲覧。
  7. ^ a b 週刊テレビ番組(東京ポスト)1985年8月23日号「芸名由来記」64頁
  8. ^ 『音楽CD検定公式ガイドブック(下)』CDジャーナル(編)289p
  9. ^ 和田浩治 結婚1年7カ月で梓みちよと泥沼離婚 2013年7月17日 日刊ゲンダイ
  10. ^ "名曲封印「バカだった。後悔した」…梓みちよさん悼む」". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 February 2020. p. 1. 2020年2月4日閲覧
  11. ^ 梓みちよさんが死去、76歳 「こんにちは赤ちゃん」などが大ヒット” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2020年2月3日). 2020年2月3日閲覧。
  12. ^ 「こんにちは赤ちゃん」梓みちよさん死去、76歳 先月末に自宅で亡くなっていた - 最新芸能ニュース一覧” (日本語). 楽天WOMAN(2020年2月3日). 2020年2月3日閲覧。
  13. ^ 梓みちよさん急死、76歳 「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」が大ヒット マネージャーが自宅で発見”. スポニチAnnex(2020年2月4日). 2020年2月6日閲覧。
  14. ^ 「永さんなしで梓みちよは誕生しなかった」悼む 2016年7月12日 日刊スポーツ
  15. ^ 朝日新聞デジタル「歌手の梓みちよさん死亡」(2020年2月3日)
  16. ^ 第25回 大里洋吉 氏 | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2021年4月9日閲覧。