梓みちよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梓 みちよ
出生名 林 美千代[1]
生誕 1943年6月4日(73歳)[1]
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市博多区[2]
学歴 宝塚音楽学校中退
ジャンル 歌謡曲
活動期間 1962年 -
レーベル キングレコード1962年-1979年
CBS・ソニー(1979年- )
事務所 アラベスク[3]

梓 みちよ(あずさ みちよ、1943年6月4日[1] - )は、日本歌手女優。本名は林 美千代(はやし みちよ) [1]

福岡県福岡市博多区出身[2]福岡女学院中学校・高等学校1年修了。宝塚音楽学校中退[4]。血液型はO型[2]。株式会社アラベスク所属で株式会社プロダクション尾木と業務提携。1960年代から1970年代を中心に数曲のヒットを飛ばした。アメリカンポップスから歌謡曲まで幅広いレパートリーを持つ。

略歴[ソースを編集]

1960年、福岡女学院高校1年修了で宝塚音楽学校に入学。同校在学中に渡辺プロダクションのオーディションに応募し合格し、上京し契約する[2](同校は中退[4])。約1年間のレッスンを経て、1962年に“ボサノバ娘”のキャッチフレーズでキングレコードより「ボッサ・ノバでキッス」でデビューし[2]、歌手として本格的に活動を始める。

夢であいましょう』の今月の歌として発表された[2]こんにちは赤ちゃん」(作詞・永六輔、作曲・中村八大)が大ヒットとなり、同年12月の第5回日本レコード大賞の大賞を受賞[1]。また『第14回NHK紅白歌合戦』にも初出場を果たし、人気歌手としての地位を得た。また同曲は翌1964年3月の第36回選抜高校野球大会開会式入場行進曲に採用された。さらには1964年5月、東京・文京区の椿山荘で開かれた学習院初等科同窓会に招待され、昭和天皇の御前でこの歌を披露した。初めての天覧歌謡曲となる[5]

しかしその後は歌手として人気が一時低迷、1969年の『第20回NHK紅白歌合戦』まで7年連続出場していた紅白歌合戦も翌1970年に落選、1973年まで4年間出演出来なかった。1971年に俳優の和田浩治と結婚したが、翌1972年に離婚している[6]

デビューから1960年代は清純歌手のイメージで売っていたが、実際は10代の頃から飲酒や喫煙を行っているなど清純とはほど遠いもので、そのイメージが嫌で仕方なかったと発言している[要出典]本人の意向もあり、1970年代以降は大人の女路線へとイメージチェンジしていく[要出典]1974年には床に座り込んで歌う「二人でお酒を」(作詞・山上路夫、作曲・平尾昌晃)が久々に大ヒット。同曲で第5回日本歌謡大賞・放送音楽賞、同年末の第16回日本レコード大賞・大衆賞をそれぞれ受賞し、また『第25回NHK紅白歌合戦』にも5年ぶり8回目の復帰出場を果たし、イメージ・チェンジを成功させた。一方、1971年7月から1978年2月まで『新婚さんいらっしゃい!』(司会・桂三枝)の2代目アシスタントを務めていた。

1975年末の『第26回NHK紅白歌合戦』は、第二次世界大戦中に流行したドイツの歌謡曲「リリー・マルレーン」を日本語詞で歌唱。1976年は「メランコリー」(作詞・喜多条忠、作曲・吉田拓郎)が翌1977年にかけてロングヒット。同曲で1976年末に第18回日本レコード大賞・編曲賞(編曲・萩田光雄)を受賞し、『第27回NHK紅白歌合戦』に3年連続で出演した。1979年レコード会社CBS・ソニーに移籍。同年日本専売公社「パートナー」のCMソングに採用された「よろしかったら」(作詞・阿木燿子、作曲・筒美京平)がスマッシュヒット。1982年、前年の1981年5月に37歳の若さで急逝したシンガーソングライター大塚博堂の「トマトジュースで追いかえすのかい」(作詞・阿久悠、作曲・大塚博堂)をカバーした。

1992年には『第43回NHK紅白歌合戦』に16年ぶり11回目の紅白カムバック出場を果たし、同1992年6月に亡くなった作曲家・中村八大を偲んで「こんにちは赤ちゃん」を歌唱した。70歳を過ぎた現在でもコンスタントに歌謡番組に出演するなど、意欲的に芸能活動を行っている。また実業家としても活躍しており、「梓プラチナローズジェル」という化粧剤を監修している[要出典]

エピソード[ソースを編集]

自身の持ち歌である「こんにちは赤ちゃん」を長年コンサートで自分で封印し歌わなかった(テレビ番組などではその限りではなかった)。その理由は「この歌は今、私にとって重すぎる」、「いまさらこの歌は私には似合わない」などというものだったが、2002年の40周年記念コンサートでのアンコールの際に「初めて、心からこの歌の素晴らしさを理解することが出来た。こんな良い歌を今まで歌わなかったのか、情けない」と言い、封印を解き歌唱。以後はステージでも必ず歌うようになった。「良い歌は古い歌でも後輩の歌でも関係なく歌っていきたい」とJポップ、歌謡曲からタンゴ、シャンソンなど幅広いジャンルの歌を唄っている。また「自身のステージの参考のために」と人気絶頂期の1976年に一時休業しアメリカで各地のステージを鑑賞して回っている。[要出典]

福岡市・ツルタバレエ・宝塚音楽学校出身の後輩小柳ルミ子から宝塚退団の際、渡辺プロとの契約の便宜を図ったり芸能活動の手法について相談を受け助言を行ったといわれており、そのこともあり2人の親交の深さは知られていた。1979年リリースの小柳のライヴ・アルバム『やさしさということ…NHKホールリサイタル』収録曲「林さんのお姉さん」では、梓と小柳の子どものころからのエピソードがコミカルに歌われている。しかし2000年ごろより小柳は長年自身でも語っていたこの話を否定し「自分から(渡辺プロダクション)売り込みに行った」と発言するようになる。そのことに梓が激怒しテレビ番組などで反論し、以来不仲とされている。ただしその後も番組共演自体はあり、同じ事務所に所属していたこともある。[要出典]

さんまのまんま』第69回(1986年10月6日)に出演した時、明石家さんまの失礼な言動に対し怒り、グラスのシャンパンをさんまに対してかけた[4]。このことで、マスメディアや大衆からバッシングを受け芸能界から5年間姿を消したという噂がある[4]後に梓はさんまへブレスレットを贈り謝罪している[要出典])。このシーンはさんまのまんま名場面としてときおり番組内で放送される[要出典]

愛犬家としても知られ、飼い犬のポメラニアン(愛称「レイン」。2010年に死亡)を溺愛。犬の名をつけた楽曲(内容は全く犬とは関係ない)や著書(『ウチの子、犬じゃありません』)まで出している。[要出典]

1964年3月25日、熊本市立体育館でコンサートが開かれた時に7千人もの観客が殺到して折り重なるように倒れ重軽傷者10名がでた[要出典]

2006年4月1日から1年間オスカープロモーションに所属。契約の際には「最年長美女」と報道された[7]

2016年7月11日、「こんにちは赤ちゃん」の作詞家・永六輔が同年7月7日に83歳で逝去の報道を受け、梓は「突然の訃報にただ驚いております。最後にお会いしたのは2年前『夢であいましょう』のイベントで、その時は『こんにちは赤ちゃんのアンサーソングを作ろうよ』の話で盛り上がり、お元気な印象でした。私がデビュー間もない頃に永さん作詞、中村八大さん作曲の『こんにちは赤ちゃん』の曲を頂いた時『ママでもないのにどう歌えばいいんですか?』と泣きそうになりながら聞いた処『いいかい、女性はみんな母性本能があるんだ。胸に玉のようなかわいい赤ちゃんを抱いていると思って歌えばいいんだよ』とアドバイスを頂きました。その言葉が昨日のように思い出されます。永さんなしでは『梓みちよ』という歌手は誕生しませんでした。感謝の気持ちしかありません。有難う御座いました。ご冥福をお祈り申し上げます」と追悼のコメントを発表した[8]

音楽[ソースを編集]

シングル[ソースを編集]

  • ボッサ・ノバでキッス/恋のゆきどまり(1962年11月)
  • スカイリング・デイト/グッドバイ・ジョー(1963年2月)
  • 恋はボッサ・ノバ/すてきなメモリー(1963年3月)
  • 渚のデイト/ラスト・ダンスを私と(1963年5月)
  • ヘイ・ポーラ/黒い瞳に青い空(1963年6月)田辺靖雄とのデュエット
  • けんかでデイト/バイバイ・ハイスクール(1963年6月)田辺靖雄とのデュエット
  • こんにちは赤ちゃん/いつもの小道で(1963年11月)
  • きよしこの夜/別れのワルツ(1963年11月)田辺靖雄とのデュエット
  • ダンケ・シェーン/月光価千金(1964年1月)
  • 素敵な新学期/さよならデイト(1964年3月)田辺靖雄とのデュエット
  • ラスト・ダンスを私と/二人で夢を(1964年3月)
  • ひとりだけの歌/パララン・パン(1964年4月)田辺靖雄とのデュエット
  • おかあさん/12と13(1964年4月)
  • 夢みる想い/ウィッシング・ウェル(1964年6月)
  • アウフ・ヴィーダーゼーン/二人はステディ(1964年7月)田辺靖雄とのデュエット
  • リンデンバウムの歌/夕陽が似合う(1964年)
  • 白い想いで/幸福を祈ろう(1964年)
  • 忘れな草をあなたに/虹を掴もうよ(1965年4月)
  • 言えばよかった/ごめんなさい(1965年)
  • 忘れたはずなのに/笑顔をみせて(1965年11月)
  • ねむの木の子守唄/おめめがさめれば かあさん(1966年3月)
  • ポカン・ポカン/憶えているかしら(1966年4月)
  • 赤いつるばら/白い浜(1966年9月)
  • キッスして/お嫁さん(1967年2月)
  • 渚のセニョリーナ/二人の夏(1967年6月)
  • 恋のギターラ/恋してる(1967年10月)
  • あなたの時計/ふたりのこころ(1968年2月)
  • 月夜と舟と恋/夜はバラ色(1968年6月)
  • 愛せないの/めぐりあうために(1968年11月)
  • だけど愛してる/夜のせいなの(1969年2月)
  • 渚のSha La La/熱い愛(1969年6月)
  • 麗人の唄/愛の新世界(1969年10月)
  • 朝とブラック・タイ/一年前の街角で(1970年4月)
  • 売れ残ってます/ナルシズム(1970年9月)
  • 愛されてます/悲しい旅(1971年1月)
  • 陽のあたる窓辺/もう来ない明日(1971年6月)
  • ここに幸あり/約束(1972年1月)
  • 愛はルフラン/眼が覚めて(1972年7月)
    • 番組で特段のクレジットはされなかったが、長期間に渡り『新婚さんいらっしゃい!』のオープニングテーマとして歌唱した。
  • 二人でお酒を/両手で愛して(1974年3月)
    • 同曲の大ヒットにより同年末の『NHK紅白歌合戦』に5年ぶりにカムバック出場
  • 淋しがりや/別ればなし(1974年9月)
  • あかいサルビア/リリー・マルレーン(1975年3月)
  • よこがお/九月の渚(1975年9月)
  • 二日酔い/独りあるき(1976年2月)
  • メランコリー/雪どけ(1976年9月)
  • 女達のキイワード/UP AND DOWN(1977年3月)
  • ノクターン/ひとり暮らし(1977年9月)
  • 銀河系まで飛んで行け!/ミストレス(1978年1月)
  • 熱帯夜/フィニッシュ(1978年6月)
  • 信天翁/ミッドナイト・ブルー(1978年11月)
  • よろしかったら/ビロードの爪(1979年9月)CBSソニーへ移籍
  • 淋しい兎を追いかけないで/コーランの恋人(1980年3月)
  • 小心者/純情馬鹿(1980年8月)
  • 行きずり-日本の美女たちへ-/思うままの女(1981年5月)
  • いま、親友/アムール アムール(1981年10月)
  • トマトジュースで追いかえすのかい/裏面(1982年4月)
    • 1981年に亡くなった大塚博堂のアルバム『感傷』(大塚の没後にシングル・カット発売)からのカバーソング
  • 恋はウー・ラ・ラ・ラ/愛を散らかしていた(1982年9月)
  • もっと人生を下さい/女の幻想曲(1983年)
  • いらっしゃい/サファイア色の午後(1985年)
  • ぬすんでもいいわ-暗闇にぬすむ接吻-/危険な関係(1986年)
  • 横恋慕/シャンペンでこんや破産(1988年11月)アポロン
  • FOREVER FRIENDS/TOKYOシンドローム(1992年12月)東芝EMI
  • 愛の落書き/紫のバラ(1997年4月)バンダイ・ミュージック
  • Rain愛しくて/まだまだ世の中捨てたものじゃない(2002年)

アルバム[ソースを編集]

  • Michiyo Azusa/梓みちよ第一集(1963年7月)
  • たのしい、たのしいクリスマス(1963年11月)オムニバス盤 ⇒CD(1991年11月・キングKICX-144)
  • こんにちは赤ちゃん/梓みちよ第二集(1964年1月) ⇒CD(1989年5月・キング194A-16)
  • マイ・カップル(1964年1月)田辺靖雄・梓みちよ ⇒CD(1989年6月・キング194A-25)
  • おかあさん/みちよのヒットパレードVol.3(1964年8月) ⇒CD(1989年5月・キング194A-16)
  • 二人はステディー/マイ・カップルVol.2(1964年9月)田辺靖雄・梓みちよ ⇒CD(1989年6月・キング194A-25)
  • みちよと歌おう / 梓みちよの抒情歌集(1965年)
  • おかあさんへプレゼント(1966年)オムニバス盤
  • 渚のセニョリーナ(1967年)ベスト盤
  • 梓みちよ デラックス(1968年)ベスト盤
  • 退職願い―ナツコの結婚―(1970年)
  • 梓みちよ オン・ステージ(1972年)1972/9/6 渋谷公会堂でのライブ盤
  • 二人でお酒を(1974年)ベスト盤
  • グラスにうつる愛の詩(1975年4月) ⇒CD(1994年2月・キング)
  • 梓みちよ・リサイタル(1975年)1975/2/17 大阪フェスティバル・ホールでのライブ盤
  • メランコリー(ゴールデン・スター・ベスト・アルバム)(1976年)ベスト盤
  • オリジナル・コレクション(1977年12月)ベスト盤
  • 女が男を語るとき(1979年)CBSソニー移籍
  • リラックス(1980年)
  • いま、親友(1981年)
  • 夜会服で(1982年)
  • 耳飾り(1984年)
  • 黄昏のモンテカルロ(1987年6月)
  • モスクワの仔猫(1997年4月)
  • 梓みちよCD-BOX(2002年7月)キング・レコード時代(1963-1978)のCD5枚組BOX
  • ゴールデン☆ベスト 梓みちよ ニュー・シャンソン(2005年3月)CBSソニー時代のシングル、アルバムからの2枚組編集盤

映像作品[ソースを編集]

  • 梓みちよ パフォーマンス(1983年)
  • 夢であいましょう(1991年)全5巻VHS
  • 歌の妖精(2001年)全7巻VHS

映画[ソースを編集]

  • 夢で逢いましょ(1962年、東宝)
  • 若い仲間たち うちら祇園の舞妓はん(1963年、東宝)
  • こんにちは赤ちゃん(1964年、東宝)
  • 虹をつかむ恋人たち(1965年、東映)
  • てなもんや東海道(1966年、東宝)
  • ドリフターズですよ!全員突撃(1969年、東宝)
  • アッと驚く為五郎(1970年、松竹)

テレビ[ソースを編集]

ドラマ[ソースを編集]

バラエティ[ソースを編集]

  • 新婚さんいらっしゃい!(朝日放送) 2代目サブ司会者(1971年7月-1978年2月。1975年3月まではTBS系、同年4月以降はNETテレビ→テレビ朝日系で放送)
  • 11PM(日本テレビ) 金曜版2代目サブ司会者(1982年6月-1984年9月)

声優(吹き替え)[ソースを編集]

  • 知りすぎた男(ドリス・デイ)- 「声がドリス・デイに似ている」ということで起用された。

CM[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

  • 梓みちよ 美の秘訣(2014年10月4日 - 、TBSラジオ)

NHK紅白歌合戦出場歴[ソースを編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1963年(昭和38年)/第14回 こんにちは赤ちゃん 20/25 坂本九 初出場
1964年(昭和39年)/第15回 2 リンデンバウムの歌 09/25 ボニー・ジャックス
1965年(昭和40年)/第16回 3 忘れたはずなのに 06/25 ダーク・ダックス
1966年(昭和41年)/第17回 4 ポカンポカン 22/25 マイク眞木
1967年(昭和42年)/第18回 5 渚のセニョリーナ 06/23 三田明
1968年(昭和43年)/第19回 6 月夜と舟と恋 18/23 デューク・エイセス
1969年(昭和44年)/第20回 7 こんにちは赤ちゃん(2回目) 16/23 水原弘
1974年(昭和49年)/第25回 8 二人でお酒を 07/25 殿さまキングス 5年ぶりに復帰出場
1975年(昭和50年)/第26回 9 リリー・マルレーン 19/24 沢田研二
1976年(昭和51年)/第27回 10 メランコリー 10/24 菅原洋一
1992年(平成4年)/第43回 11 こんにちは赤ちゃん(3回目) 08/28 デューク・エイセス 16年ぶりに復帰出場
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

脚注[ソースを編集]