第17回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NHK紅白歌合戦 > 第17回NHK紅白歌合戦
第17回NHK紅白歌合戦
会場の東京宝塚劇場(写真は太平洋戦争以前)
ジャンル 大型音楽番組
司会者 ペギー葉山(紅組)
宮田輝アナウンサー(白組)
石井鐘三郎アナウンサー(総合)
出演者 #出場歌手参照
審査員 #審査員参照
オープニング乾杯の歌
エンディング蛍の光
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
制作 NHK
放送
放送チャンネルNHK
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1966年12月31日
放送時間土曜21:00 - 23:45
放送分165分
回数NHK紅白歌合戦第17
NHK紅白歌合戦公式サイト
番組年表
前作第16回NHK紅白歌合戦
次作第18回NHK紅白歌合戦
テンプレートを表示
第17回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1966年12月31日
放送時間 1966年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第17回NHK紅白歌合戦』(だいじゅうななかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1966年昭和41年)12月31日東京宝塚劇場で行われた、通算17回目の『NHK紅白歌合戦』。21時05分 - 23時45分にNHK生放送された。

出演者[編集]

司会者[編集]

ペギーは前年まで歌手として12年連続出場していたが、この時代の紅白では司会と歌手の兼任が原則認められていなかったため、歌手としての出場は前回でストップした。他に候補としては樫山文枝(この年の連続テレビ小説おはなはん』のヒロイン)、倍賞千恵子(同作の主題歌を歌唱[注釈 1])、水の江瀧子南田洋子金井克子横山道代ミヤコ蝶々らが候補に挙がっていたという。白組司会は5年連続で宮田が担当。石井は総合司会としては史上最多の12度目の担当となったが、今回限りで降板する。司会者の発表はペギーからオファー承諾の返事を受けた翌日の10月21日で、例年より1ヶ月ほど早かった[1]

出場歌手[編集]

      初出場      返り咲き

紅組 白組
歌手 歌手
中尾ミエ 5 ア・テイスト・オブ・ハニー 西郷輝彦 3 星のフラメンコ
田代美代子 ここがいいのよ 島和彦 雨の夜あなたは帰る
九重佑三子 3 ディディンド・ディンドン アントニオ古賀 その名はフジヤマ
笹みどり 下町育ち 山田太郎 2 幸福はこだまする
日野てる子 2 ダークダックス 9 銀色の道
倍賞千恵子 4 おはなはん 坂本九 6 レッツ・キッス
畠山みどり 3 どさんこ一代 北島三郎 4 函館の女
岸洋子 3 想い出のソレンツァーラ 立川澄人 4 イエスタディ
青江三奈 恍惚のブルース 城卓矢 骨まで愛して
三沢あけみ 3 サガレン小唄 井沢八郎 2 さいはての男
金井克子 ラバーズ・コンチェルト ハナ肇とクレージーキャッツ[注釈 2] チョッと一言多すぎる
島倉千代子 10 ほんきかしら 春日八郎 12 波止場で待ちなよ
江利チエミ 14 私だけのあなた 橋幸夫 7 霧氷
園まり 4 夢は夜ひらく 舟木一夫 4 絶唱
吉永小百合 5 勇気あるもの 加山雄三 君といつまでも
ザ・ピーナッツ 8 ローマの雨 ジャッキー吉川とブルーコメッツ 青い瞳
越路吹雪 12 夢の中に君がいる アイ・ジョージ 7 夜のストレンジャー
都はるみ 2 さよなら列車 三田明 3 恋人ジュリー
伊東ゆかり 4 愛はかぎりなく デューク・エイセス 5 君の故郷は
水前寺清子 2 いっぽんどっこの唄 村田英雄 6 祝い節
朝丘雪路 9 ふりむいてもくれない バーブ佐竹 2 ネオン川
梓みちよ 4 ポカンポカン マイク眞木 バラが咲いた
こまどり姉妹 6 幸せになりたい 和田弘とマヒナ・スターズ 8 銀座ブルース
西田佐知子 6 信じていたい フランク永井 10 大阪ろまん
美空ひばり 11 悲しい酒 三波春夫 9 紀伊国屋文左エ門
  • 前回の出場歌手の中より今回不選出となった歌手は以下。
  • 森繁は「紅白はこれまで年忘れの座興と心得、小生はお付き合いして参りましたが、最近ではギャラ吊り上げの道具などという噂があります。そうしなければならない人に席を譲ってあげぬと、年寄りが憎まれることになりますので、折角の内示がございましたが、本年からは辞退することと致します」と皮肉を込めつつ出場を辞退。スケジュールや体調の問題ではなく、番組に対する考えのもとで出場を辞退した実質的な歌手第1号はこの時の森繁である[2]。森繁はこの後も出場歌手としては一切出演することはなかった(応援ゲストでの出演はある)。
  • 三橋はこの年、妻の自殺未遂や離婚のスキャンダルが発生し、辞退する[2]

演奏[編集]

審査員[編集]

主なゲスト[編集]

大会委員長[編集]

  • 浅沼博・NHK放送総局長

当日のステージ[編集]

  • いきなり冒頭の入場行進で、植木等が紅組へ行こうとするギャグが見られた。
  • 島倉千代子「ほんきかしら」はオリジナルでは男性コーラスがつくが、男女対抗のコンセプトに触れないために、朝丘雪路・倍賞千恵子・金井克子・田代美代子がバックコーラスを担当した。
  • 「おかあさんといっしょ」の体操のおにいさん・砂川啓介が前半終了とともに登場。出場歌手・観客と一緒に体操を行なったが、最後に「もう一度腕を大きく上げて」と指示したあと、「白組バンザイ!」と叫んで締めた。対する紅組側はSKDの踊り子によるレビューダンスを披露した。
  • マイク真木はジーンズを履いて出場したが、これに対して「作業着で歌う歌手を紅白に出すのか」と抗議が寄せられ、NHKの前田義徳会長の意向もあって以後マイク真木は紅白へ出場せず、大人気だったザ・タイガースが翌年紅白へ出場できなかった。
  • 紅組が優勝した(通算8勝9敗)。
  • 本放送はカラー放送であるが保存されておらず、白黒VTRのみが現存している。カラー写真はペギーのオープニングでの宣誓シーンなどが現存。
  • 今回使用したマイクロホンは、司会者・歌手用共にSONYとNHK放送技術研究所の共同開発コンデンサーマイクC-38Bの原型のSONY C-38(BTS呼称、CU-2A)。

後日譚[編集]

  • ペギーは翌年の第18回は産休中のため、紅組司会続投はならず(ペギーの紅組司会は今回1度限り)、最終的にペギー降板後に『ファミリーショー』のホステス役を引き継いでいた九重佑三子に紅組司会に交代。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 実際にこの回の紅白で披露している。
  2. ^ メンバーの植木等はソロを含めて5度目。
  3. ^ 歌手としては辞退し、司会に専念。
  4. ^ この年渡米し、活動休止中。
  5. ^ ハナ肇とクレージーキャッツとして出場。

出典[編集]

  1. ^ 合田, p. 92.
  2. ^ a b 合田, p. 91.

参考文献[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)
  • 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』全音楽譜出版社、2012年12月15日。ISBN 978-4-11-880178-0 


関連項目[編集]

外部リンク[編集]