井沢八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井沢 八郎
出生名 工藤金一
生誕 1937年3月18日
日本の旗 日本 青森県弘前市
死没 2007年1月17日(満69歳没)
日本の旗 日本 東京都台東区
ジャンル 演歌、歌謡曲
活動期間 1963年 - 2007年
レーベル 東芝音楽工業

井沢 八郎(いざわ はちろう、本名:工藤金一(くどう きんいち)、1937年3月18日 - 2007年1月17日)は、日本演歌歌手

来歴・人物[編集]

青森県弘前市出身。女優の工藤夕貴、元俳優でクラブDJ工藤正貴は実子。二番目の妻は声優の青羽美代子

弘前のひとかどの名士宅に出生、同地では中学生の頃から歌唱力は評判であった。

中学卒業後、歌手を目指して上京。1963年に「男船」(作詞・松井由利夫、作曲・大沢浄二)で東芝音楽工業よりレコードデビューを果たす。デビュー第二弾の「あゝ上野駅」は井沢八郎の代表曲であると同時に、第二次世界大戦後の日本の世相を反映する代表曲となった。他に「男傘」「北海の満月」などのヒット曲がある。作曲家・大沢浄二が恩師である。

伸びやかでハイトーンを特徴とする歌声で、晩年もショーやテレビ番組などで活躍していた。私生活では料亭経営者の令嬢と結婚、長年連れ添い一男一女(夕貴・正貴)を授かった。

しかし、1983年交通違反の不出頭、1985年にデートクラブで16歳の女性を買春しての淫行[1]、といった不祥事を起こす。さらに隠し子の存在も明らかとなる。こうしたスキャンダルのため、一時、芸能活動ができなくなったうえ、夫人と不和となりこの婚姻関係は1989年に破綻。その後、縁があり交際を続けてきた青羽と1994年再婚し、死ぬまで連れ添った。

2005年秋頃、体調不良を訴え検査の結果食道がんが見つかり手術を受けるが、翌年5月にはがんがリンパ節に転移。同年秋に再入院し、治療に努めた。

2007年1月17日午後11時18分、食道癌のため自身の転機の地でもある上野永寿総合病院にて死去。69歳没。

井沢八郎が亡くなった1月17日は、奇しくも娘・工藤夕貴の誕生日であり、晩年和解を果たした夕貴は実父の死に人目を憚らず悲嘆した。

あゝ上野駅[編集]

東北地方からの集団就職者の愛唱歌としても知られるこの「あゝ上野駅」は1964年にリリースされ、爆発的なヒットとなった。戦後日本の歴史に残る名曲として位置付けられており、2003年には上野駅の駅前に「あゝ上野駅」の歌碑が完成した。また2013年7月28日には、上野駅の開業130周年を記念して、13番ホームの発車ベルに採用された。

集団就職経験者を始め、昭和30年代から昭和40年代にかけての高度経済成長時代を生きた、多くの団塊世代と呼ばれる人々の想いと共に、永くこの歌が刻まれることになった。

2007年の「第39回思い出のメロディー」(NHK)では、演歌歌手・氷川きよしが井沢の追悼として歌唱した。

また、井沢の死後の記者会見では、愛娘・工藤夕貴が「『あゝ上野駅』は、パパの残してくれた大事な宝物。私がきっと、歌い継いでみせます」と涙ながらに語っていた。

テレビドラマ出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1965年 第16回「北海の満月」
  • 1966年 第17回「さいはての男」

脚注[編集]

  1. ^ 愛知県青少年保護育成条例に触れる行為だったが、井沢が相手の女性の年齢を知らなかったため、逮捕や起訴はされなかった。