この記事は良質な記事に選ばれています

松竹歌劇団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1955年「東京踊り」フィナーレ

松竹歌劇団(しょうちくかげきだん)は、1928年から1996年まで日本に存在したレビューおよびミュージカル劇団。

出演者が女性で占められる「少女歌劇」の系譜に属する。松竹を母体として東京・浅草に本拠を置き、1930年代には東京一のレビュー劇団として、兵庫県宝塚市を本拠とする宝塚少女歌劇(宝塚歌劇団)と人気を競った。太平洋戦争を経て、戦後は本拠地・国際劇場の大舞台を活かした「グランド・レビュー」を売りに人気を保ったが、1960年代ごろより徐々に低迷、1990年代にはミュージカル劇団へ転向するも定着せず、1996年をもって解散した。「Shouchiku Kageki Dan」の頭文字をとったSKDの通称でも知られた。大阪府に現存するOSK日本歌劇団(旧・大阪松竹歌劇団)は姉妹劇団である。

歴史[編集]

前史[編集]

大谷竹次郎と白井松次郎。

1914年、阪急グループ創業者・小林一三により、兵庫県宝塚市の宝塚新温泉パラダイス劇場に宝塚少女歌劇団が結成され、日本における「少女歌劇」の歴史が始まった[1]。1918年には広島県広島市に羽田少女歌劇団、1919年には大阪府大阪市に琵琶少女歌劇団、1921年同じく大阪市に浪華少女歌劇団が結成され[2]、少女歌劇の波は徐々に拡大していった。

1921年、宝塚音楽歌劇学校の講師であった楳茂都陸平(うめもと・りくへい)が宝塚公会堂で舞踊『春から秋へ』を上演、ときの大阪松竹社長・白井松次郎がこれを観賞し、松竹版少女歌劇・「松竹楽劇部」設立への大きな影響を受ける[3]。1922年4月、白井は宝塚から楳茂都や作曲家の原田潤らを招き、天下茶屋の松竹合名会社分室内に「松竹楽劇部生徒養成所」を創設。夏までに30名ほどの生徒が集まり、12月に試演ともいうべき『時の踊り』を上演[3]。翌1923年より道頓堀松竹座を拠点に短期公演を中心とした興行をはじめた[3]。当初はお荷物扱いであったものの、1926年4月に上演した「春のおどり」が大好評を博したことにより、以後興行的な軌道に乗った[3]。『春のおどり』は花街風の演し物をレビューにアレンジしたものだったが、1927年、宝塚少女歌劇がフランス式の豪華なレビュー『モン・パリ』を上演すると、松竹楽劇部でも洋舞が大きく取り入れられるようになる[3]。1928年に上演された『松竹座ダンス』において、映画的なテンポ、エロティシズム、巧妙な場面転換といった、「松竹レビュー」の基礎となる要素が確立された[3]

東京松竹楽劇部の設立[編集]

1929年『松竹座フォーリィズ』における「南京情緒」の場面

松竹楽劇部公演は、映画上映に併設されたアトラクションという形で上演されていた[4]。1928年8月31日、浅草松竹座が開場した際にも、松竹楽劇部が大阪から上京して公演を行った。この公演『虹のおどり』は東京でも好評を博し、松竹楽劇部支配人・蒲生重右衛門が、白井と大谷竹次郎(東京松竹社長)に対し、東京を本拠とする新たな楽劇部設立を直訴する。これが容れられると蒲生は直ちに東京府下の新聞に新楽劇部の生徒募集広告を出し、これに応じて受験、合格した生徒14名を擁して「東京松竹楽劇部」が発足した[4]

12月には上京してきた大阪松竹の応援という形で、昭和天皇即位にあわせて上演された『奉祝行列』で初舞台を踏む。稽古開始からわずか2カ月であった東京松竹の出演は第一景とフィナーレのみで、いずれもその他大勢の扱いであった[4]。翌年もしばらく応援出演が続いたが、11月末より『松竹座フォーリィズ』で初の東京松竹単独公演を果たす[4]。さらに12月には『松竹座ダンス』を単独上演し、以後東京松竹は大阪松竹から自立していった[4]

レビュー全盛期[編集]

宝塚との「レビュー合戦」の幕を開けた『らぶ・ぱれいど』。ペアとなっているのは吉川秀子と水の江瀧子。

1930年、第1期生の水の江瀧子が少女歌劇の生徒としてはじめて男性風に断髪し、以後「男装の麗人」として人気が急上昇する[5]。レビュー人気が高まる一方、いたずらに扇情的であるとして警察から演出内容の指導通達も受けたが、翌1931年には歌舞伎座において、『ラーマーヤナ』を脚色した『奪われし我が愛しの妻よ』をもって、来日中のタイ国王・ラーマ7世の台覧に供され、社会的信用を高めた[5]。楽劇部長である蒲生重右衛門による積極的な運営もあり、東京松竹楽劇部は東京名物といわれる一大劇団となり、本拠の浅草松竹座のみならず、歌舞伎座東京劇場等でも優秀な興行成績を挙げた[6]

1932年10月、東京進出を図る宝塚少女歌劇が新橋演舞場で『ブーケ・ダムール』公演をはじめ、これに対抗した東京松竹も築地川をはさんだ対岸の東京劇場で大作『らぶ・ぱれいど』を上演[6]。築地川両岸で松竹と宝塚による集客競争・通称「レビュー合戦[7]」がはじまった。両者は「踊る松竹、歌う宝塚」と対比され[7]、この争いは宝塚が東京における新拠点・東京宝塚劇場へ移るまで続いた[7]。なお、『らぶ・ぱれいど』の頃に、東京松竹楽劇部は名称を「松竹少女歌劇部(SSK)」と改めた[6]

1937年当時の主な出演者・スタッフ[注 1]

1933年6月、楽団員による待遇改善要求に端を発し、水の江瀧子を組織委員長とする労働争議・通称「桃色争議」が起こる。翌月の妥結後に蒲生重右衛門は退陣、従来松竹座チェーンの傘下にあった松竹少女歌劇部は、松竹本社直属の松竹少女歌劇団となり、同時に附属の団員養成機関「松竹少女歌劇学校」が設立された[6]。争議首班の水の江は一時謹慎させられたが、10月末の『タンゴ・ローザ』から復帰。同作は松竹歌劇はじまって以来の大ヒットとなり、はじめて全団員を擁しての関西公演を行うなど、計160回公演という当時の少女歌劇における最高記録をつくった[6]。さらに人気を増幅させた松竹少女歌劇は、1934年9月より本拠地を浅草松竹座から新宿第一劇場に移した[6]

東京宝塚劇場の出現以来、松竹少女歌劇は積極攻勢を図り、『タンゴ・ローザ』以降は関西、中国、九州各地方へも巡業、先輩格の大阪松竹を本拠地に押し込める形になりつつも、全国的人気を獲得した[8]。このころの松竹少女歌劇は水の江瀧子とオリエ津阪を二枚看板としていたが、とくに「ターキー」の愛称で知られるようになった水の江は、「レビュー界空前の人気を独占し」、「ターキー時代を現出している」と評される[9]ほどの高い人気を誇った。またスタッフでは演出の青山杉作、振付の青山圭男、装置の三林亮太郎を三本柱として、「レビューの王様」とも呼ばれた名演出家・白井鐵造を擁する宝塚と互角の争いを演じた[10]

当時は各スターの私設後援会が林立し、会員2万人を擁した「水の江会」を筆頭に、各後援会が競い合ってスターに声援を送り、舞台へテープや花束を投げ、またスターもこれに呼応して、劇場内は異常な興奮状態を示していた[6]。しかし1937年、定員3600人を誇り「マンモス劇場」とも呼ばれた新本拠地・国際劇場が開場されると、その巨大さゆえに従来の松竹少女歌劇を支えた「スターとファンとの間の交歓」という魅力は失われていくことになる[11]

太平洋戦争終結まで[編集]

日独伊三国同盟を題材とした『フランス起てり』(1941年)。舞台後方にナチス鉤十字旗が並ぶ。

1938年3月、松竹本社の機構改革が行われて新たに「歌劇部」が発足し、東京・大阪の両少女歌劇が一元管理されることになった[11]。歌劇部長の大谷博は両劇団を積極的に交流させたが、時局の戦時色が強まったこともあり本格公演は少なくなっていき、少女歌劇人気は低落傾向を示していった[11]。作品も時局が反映されたものが作られはじめ、日支事変を題材とした『ますらを』(1937年)が上演されたのち、翌1938年の『東京踊り』には「さくらかちどき」という副題が付けられ、「祖国のために」というバレエも併演された[12]。1939年には『防共の誓い』を上演。そして同年9月の『ぶるう・むうん』をもって少女歌劇の単独公演はいったん休止されることになる[11]

以後はかつてのごとく映画上映に併演されるアトラクションを建前として公演を続けたが、1941年末に太平洋戦争が勃発すると、上演内容についての制限も強化されていった[11]。翌1942年にはフィリピン方面の将兵慰問興行を3カ月にわたり行った[11]。同年にはオリエ津阪、1943年には水の江瀧子と、全盛期を支えた男役スターが相次いで退団。1944年3月には決戦非常措置要項により国際劇場が閉鎖され、風船爆弾の製造工場として転用された。ここまでに退団者も相次いでいたことから、同31日をもって松竹少女歌劇団はいったん解散。慰問興行を目的とした「松竹芸能本部女子挺身隊」に改められ、内外で慰問興行を打った[11]。1945年には「松竹舞踊隊」として活動、8月に大船新生劇団と邦楽座で興行中に終戦を迎えた[11]

戦後の国際劇場レビュー[編集]

1951年「秋のおどり」アトミックガールズ
1952年「秋のおどり」"スリーパールズ"のメンバー。左から草笛光子・深草笙子・淡路恵子

終戦後の10月、松竹舞踊隊は30名の団員を擁して「松竹歌劇団」として再出発。同時に新団員の募集も行い、11月には戦後第1期生となる34名が新入団した[13]。翌1946年より、水の江などかつての関係者が所属する劇団との合同という形をとりながら公演を再開し、7月には戦後初の単独公演を行い、立ち直りへ向かった[13]。1947年秋には東京大空襲で損壊していた国際劇場が修築され、復興記念公演を行った[13]。1948年にはかつて毎年恒例となっていた『東京踊り』を復活させた[13]。1949年ごろからはその人気が再燃、ブロマイド販売の最大手として知られた浅草マルベル堂においては、川路龍子小月冴子曙ゆりといったスターの品が100万枚以上を売り上げた[14]

1950年代にはいると国際劇場の巨大さと舞台機構を活かした演出法が編み出されていき、戦前とは異なる人海戦術を駆使した大規模ショーとしての松竹レビューが定着[13]。国際劇場は観光バスが大挙して訪れる浅草の新名所となった[13]。1957年には、その歴史を通じて最多となる265万人の観客動員を記録した[15]

数々の「チーム」が設立されたのもこの頃の特徴である[13]。1951年には装置転換の際に起こる間延びを解決するため[16]、特にスタイルの良い40名を選抜したラインダンスチーム「アトミック・ガールズ」を創設[13]。1956年には女性のグラマラスさを前面に押し出したチーム「スリー・パールズ」を刷新し[17]、「エイト・ピーチェス」が創設された。エイト・ピーチェスはダンス技術に優れた者を選抜した8人のチームで、官能的なダンスを売り物とし、「所属することが栄誉」とされる名チームとなった[16]。アトミック・ガールズとエイト・ピーチェスは1956年に芸術祭奨励賞(大衆芸能部門)を受けている[17]。機構面では1959年の『夏のおどり』において、地下に水槽を設置し、舞台後方に6段落としの瀑布を創出したことが特筆される[17]。また、屋台崩しなども得意演出であった[18]

レビュー劇団としての終焉[編集]

1960年代半ば以降[19]、松竹歌劇は娯楽の多様化とミュージカルの人気に押されて低迷をはじめる[15]。座付作家の不在により過去の作品に何度も頼ってのマンネリ化もみられはじめた[20]。1960年代には宝塚歌劇も東京での観客数が伸び悩み、東京宝塚劇場の稼働を通年から7カ月に縮小していたが、1974年にミュージカル『ベルサイユのばら』でブームを起こし、勢いを盛り返すことに成功する[21]

松竹歌劇においても団員は自主的にミュージカルに取り組もうとしていた。1970年に団内で結成された「SKD・ドラマ・グループ」がそれである。演劇界にミュージカル・ブームが起こるなか、団員の間でもこれを上演したいという希望が高まり、会社が「演技力付与と向上」を目的に後援したものだった[22]。しかし公演回数は多くなく、第1回試演『恋伝授手習鑑』は同年の『秋のおどり』の休演日に行われ、これを含めた1977年までの公演は、『11人囃子』(1974年、試演1日)、『女だけのイヨネスコ』(1975年、公演3日)、『女だけのカモレッティ』(1977年、公演4日)の4作品9日間で、作品傾向も難解なものばかりだった[22]

1979年、松竹歌劇は脚本・演出に映画監督の山田洋次を迎え、ミュージカル作品『カルメン』を上演して新機軸を試み、さらに1980年には森喜朗を理事長とする「上演実行委員会」が結成され、文化庁後援のもとミュージカル『銀河鉄道999 in SKD』を上演したが[23]、1982年4月の『東京踊り』を最後に、まず国際劇場が閉鎖される。最後の本拠地公演は約4000人の観客を集めた[19]。また、同年にはソビエト連邦東ドイツで長期公演を行ったが[19]、従来旺盛に行っていた海外公演もこれが最後の例となった。

以後は東京都内や地方劇場で公演を行ったが赤字が続き[24]、1989年3月、全団員が召集された場で、親会社の松竹土地興行より「翌年3月以降、2年間の公演中止」と「ミュージカル劇団への転換」が通達された[25]。翌1990年2月25日、2500人で満員となった東京厚生年金会館において最後の『東京踊り』が上演され、これをもってレビュー劇団としての歴史に終止符を打った[24]。この公演には76人が参加したが、終演後に11人が退団した[25]

ミュージカル転向 - 解散[編集]

その後、ミュージカル劇団化への準備に入り、『コーラスライン』のツアー公演演出などを担当したバーヨーク・リーブロードウェイより招き、さらにバレエの牧阿佐美劇団四季からの指導も仰いだ[26]。しかし先行き不透明な状況もあり、さらなる退団者が続出し[27]、準備期間中に団員は38名まで減少した[28]

1992年3月10日、ミュージカル転向後の初公演『賢い女の愚かな選択』を池袋サンシャイン劇場で上演[28]。以後定期的に公演を行い、団員の実力については高評価を得た[20]。しかし男役を廃して作品ごとに外部から男性俳優を招くようになって劇団の体裁は崩れ、また同様に演出家も作品ごとに外部から招聘していたため制作方針も定まらず、1995年5月時点で団員は18名まで減少した[29]

1996年6月14日、松竹土地興行は在団中の16名に対し、6月以降の出演契約を結ばないことを通達。これをもって松竹歌劇団は解散することになった[30]。解散公演がなかったことから、甲斐京子、西紀佐江子、紅エミら16名の最終メンバーが銀座博品館劇場で自主公演『FROM SKD』を行った。

その後、元トップスターの千羽ちどりなどにより結成された「STAS」や、同じくOG発の「薔薇笑亭SKD」といった劇団が「レビューの継承」を謳い活動を続けている[15][31]

劇団の特徴[編集]

公演内容[編集]

1951年『秋の踊り』フィナーレ。

松竹歌劇の公演内容は、国際劇場以前にはオペレッタ形式のものが多かったが、国際劇場への定着後は「四大おどり」と称した『東京踊り』、『春のおどり』、『夏のおどり』、『秋の踊り』に代表される大規模なレビューが主なものとなり、「歌劇団」というよりは「ダンシングチーム」に寄ったものとなった[22]日劇ダンシングチームが松竹歌劇のライバルだったという見方もある[19]。1951年末の機関誌には、オペレッタの衰退を嘆いた松竹社員から「四大おどりを国際劇場で、オペレッタを適当な規模の劇場で」という提案も寄せられていたが[32]、逆に、1957年ごろから主な公演は「四大おどり」に集中されていった[17]。ただし青地晨によれば、映画の併演アトラクションとしてはじまった松竹歌劇は、最初期からダンシングチームの性質を有しており、オペレッタが重視されたのは「レビュー合戦」の時期に起きた「宝塚化」現象のひとつであった[10]

演し物では、各種洋舞を主体した大場面やチームダンスに定評を得、大きな特徴とした[33]。他方、国産レビューとしての意識から、歌舞伎の舞踊を基にした日舞や、民俗舞踊・芸能も積極的に採用した[33]

宝塚歌劇との比較では、松竹歌劇の方がよりスピード感と大人の男性の嗜好(色香)を優先した演出を行っていた[34]。これは片や下町の浅草、片や山の手日比谷(東京宝塚劇場)という、両者が拠点とした土地柄の違いによるものともされるが[34]前述のように、東京松竹が発足する以前から、松竹レビューの基本要素には「エロティシズム」が含まれていた。青地晨は次のように述べている。「昔はズカファンにとっては松竹は下品でみられなかったし、SKDファンには宝塚は気取って鼻もちならなかった。だが、二派に分れてシノギを削るほど、本質的な違いはなかったにせよ、宝塚と松竹と、それぞれのカラアと伝統があったことはいうまでもない」[35]。戦後の占領期には松竹・宝塚両方を取り上げる雑誌が複数刊行されており、ある程度観客層の重複もあったとみられるが[34]、戦前からのファンには、両方を愛好するファンを「節操がない」と批判する向きもあったという[35]

受賞歴
[注 2] 受賞者 事由 出典
1956年 芸術祭奨励賞 松竹歌劇団 「秋の踊り」のアトミック・ガールズ、エイト・ピーチェスの努力と成果 [36]
1957年 姫ゆり子/音羽悠子 松竹歌劇団「秋の踊り・小熊の魔術師」のかげの声 [36]
1959年 芸術祭賞 松竹歌劇団 秋のおどり「日本の太鼓」の成果に対し [36]
1962年 芸術祭奨励賞 姫ゆり子 松竹歌劇団第27回「秋の踊り」における歌唱・演技に対し [36]
1963年 川路龍子 松竹歌劇団「第28回秋の踊り」における演技に対し [36]
1972年 芸術選奨文部大臣賞 小月冴子 [37]
1978年 芸術祭優秀賞2部 松竹歌劇団 松竹歌劇団創立50周年記念「第43回秋の踊り」の成果に対し [38]
芸術選奨新人賞 春日宏美 [37]
1980年 芸術祭優秀賞2部 松竹歌劇団 「松竹歌劇秋の特別公演」における『第45回秋の踊り』の成果に対し [38]
1983年 藤川洋子 松竹歌劇団特別公演「幻華 / ダンス・コネクション」の演技に対し [38]

日本国外での公演[編集]

1950年代以降、松竹歌劇団は日本文化の紹介などを目的として国外での公演活動を旺盛に行い、「世界のSKD」を称した[39]。1954年11月にタイから新憲法発布記念として招聘され、東南アジア(タイ、シンガポール)で公演を行ったのを皮切りに、1980年代までにアジア、ヨーロッパ、南米、南アフリカまでを巡った。また、戦前には水の江瀧子が親善使節という名目で渡米した例がある[39]

海外公演記録
国・地域 備考 出典
1954年11月 タイ、シンガポール タイ王国新憲法発布記念 [39]
1957年12月
~1958年4月
フィリピン、シンガポール、マレーシア、タイ、香港
1958年11月 アメリカ領沖縄 [17]
1962年4月 ハワイ [39]
1962年9月 イギリスフランスエジプトパキスタンインド 日本航空・中東シルクロード線開設記念
1963年4月 ハワイ
1964年3月 ハワイ
1965年8月 インドネシア 川島正次郎の同国訪問に随行
1966年2月 台湾 日本航空・台湾線開設記念
1966年8月
~11月
ブラジルアルゼンチン
1966年11月 シンガポール、パキスタン、インド 国際文化振興会による派遣
1967年1月 シンガポール 日本航空・シンガポール線開設記念
1967年9月 台湾
1968年4月 ハワイ
1969年11月 台湾 日本航空・台湾線開設3周年記念
1971年4月 ポーランドソビエト連邦
1971年11月 タイ、インドネシア、シンガポール、マレーシア 国際文化振興会・アジア週間文化使節
1973年3月 香港
1973年10月
~1974年3月
南アフリカ共和国
1975年6月 マレーシア、シンガポール
1978年5月 マレーシア、シンガポール
1979年9月 中国 日本航空・上海線開設記念 [23]
1979年9月
~12月
ソビエト連邦
1979年12月 香港、タイ、シンガポール、インドネシア 日本航空主催
1981年3月 アメリカ合衆国 アンカレッジ観光局提供
1982年4月
~7月
ソビエト連邦、東ドイツ

団員[編集]

団員は、時代により「女生」、「女生徒」、「生徒」と呼ばれ、序列制度が確立してからは、上から「大幹部」、「大幹部待遇」、「幹部」、「準幹部」、「ベスト・テン」、「技芸員」に格付けられた[40]。はじめて幹部制が設けられたのは1931年に体制を2組制としたときで、松組筆頭は水の江瀧子、竹組筆頭は小倉みね子であった[5]。史誌による記録上では、大幹部が置かれたのは戦時中「松竹女子挺身隊」に改組されたときで、川路龍子と南里枝のふたりが任命された[41]。大幹部待遇以上は松竹本社と直接契約を結んだ[42]

原則として松竹音楽舞踊学校を卒業した者が団員となったが、そうした制度が厳密ではなかった初期の頃には、養成所を経ず直接入団(入部)する者もいた。高田舞踊団の解散に伴い移籍した吉川秀子[4]や、すでに歌手として有名な存在で鳴り物入りの入部だった小林千代子[43]などがこれにあたる。なお、吉川と共に入部した益田隆(後に日劇ダンシングチーム演出・振付家)は男性であるが、移籍当初は舞台に上がっていた[4]。舞台が完全に女性のみで占められるようになるのは、「東京松竹楽劇部」から「松竹少女歌劇部」へ変わってからのことである[10]

愛唱歌[編集]

東京・大阪の両松竹系歌劇団は『桜咲く国』(岸本水府作詞、松本四良作曲)を愛唱歌とした。1930年に大阪松竹が第5回『春のおどり』で初披露、東京松竹では同年の第1回『東京踊り』において初披露され、以後松竹系歌劇を象徴する曲として歌い続けられた[44][45]。団歌は別に存在する。なお、宝塚歌劇における同様の位置づけの曲が『すみれの花咲く頃』である[45]

年譜[編集]

  • 1928年10月12日 東京松竹楽劇部が発足。12月の一足早く発足した松竹楽劇部(のちのOSK)の東京公演の応援出演。
  • 1929年11月 浅草松竹座での公演から正式に活動を開始。
  • 1930年4月 恒例の「東京踊り」公演を浅草松竹座と帝国劇場で開始。名古屋松竹座へも出張公演を開始。
  • 1930年9月 水の江瀧子が髪型を刈り上げ、「男装の麗人」が登場。
  • 1930年10月 松組・竹組の二組制になる。
  • 1931年1月 梅組・桜組を新設し、四組制になる。
  • 1932年7月 松竹少女歌劇部(略称・SSK)に改称。
  • 1933年6月 待遇改善を巡り争議が起こる。(桃色争議
  • 1933年7月 松竹本社の直轄となり、松竹少女歌劇団となる。松竹少女歌劇学校を新設。
  • 1934年9月 本拠を新宿第一劇場に移す。
  • 1937年7月 本拠を浅草国際劇場に移す。
  • 1940年1月 国際劇場は単独興行を打ち切り、映画の封切りに歌劇の併演を行うアトラクションシステムを採用。
  • 1944年3月 戦時体制の強化に伴い、国際劇場が閉鎖されまた退団者も相次いだため、解散。
  • 1945年10月 松竹歌劇団(略称・SKD)に改称の上、復活。浅草・大勝館で公演を行う。
  • 1947年11月 国際劇場が復興。
  • 1950年11月 松竹少女歌劇学校が松竹音楽舞踊学校に改称。歌舞伎座別館を教室とした。
  • 1951年3月 「東京踊り」に「アトミック・ガールズ」が登場。
  • 1953年6月 「さよならターキー」公演を行う。
  • 1954年3月 松竹音楽舞踊学校、東京劇場4階に移転。
  • 1954年12月 初の海外公演をタイバンコクで行う。
  • 1956年3月 エイト・ピーチェス誕生。
  • 1957年6月 大阪松竹歌劇団(OSK)が松竹の手を離れる。(この時までSKDとOSKは姉妹関係で、合同公演などもあった。)
  • 1957年12月 東南アジア公演を行う。
  • 1958年11月 沖縄公演を行う。(当時の沖縄はアメリカの施政下にあったため、海外公演扱い。)
  • 1959年7月 「夏のおどり」で本物の水を使用した大瀑布のセットが登場。
  • 1960年7月 「夏のおどり」より郷土芸能を舞台に採り入れる。
  • 1962年9月 「秋のおどり」で屋台くずしが登場。
  • 1962年4月 ハワイ出張公演を行い、この年より海外公演が定期的に行われるようになる。
  • 1966年1月 「春のおどり」と三月公演の「東京踊り」を統合して、「東京踊り」を一月公演とする。
  • 1966年12月 名古屋・中日劇場での定期公演を開始。
  • 1970年8月 福岡スポーツセンターでの定期公演を開始。
  • 1971年4月 ソ連・東欧公演開始。
  • 1972年9月 小部隊の松竹ダンサーズを結成。
  • 1978年8月「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく」作品中に登場。
  • 1979年2月 SKDミュージカル誕生。第一作「カルメン」(脚本・演出 山田洋次
  • 1981年9月1日 松竹土地興行株式会社に移管される。
  • 1982年4月 国際劇場での公演が打ち切り。海外班がソ連・ドイツ公演に、国内班が船橋ららぽーと劇場公演と地方公演に、それぞれ活動の場を求めることになる。
  • 1982年8月 創立55周年特別公演「SKDのすべて」を歌舞伎座で行う。
  • 1982年12月 「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」の夢のシーンに登場。
  • 1983年1月 池袋サンシャイン劇場で定期公演を行う。この他、銀座・博品館劇場、渋谷・ジァンジァン、吉祥寺・前進座劇場、豊島園などで公演を行い、7月には歌舞伎座特別公演を行っていた。
  • 1985年6月20日・21日 つくば科学万博のエキスポプラザに出演。
  • 1985年8月 日本コロムビアより90周年記念のLPレコード「松竹歌劇全集」(全5枚組)が発売される。
  • 1988年3月 レビューをやめ、ミュージカル劇団として再編されることが発表される。
  • 1990年2月 新宿厚生年金会館大ホールでレビュー最終公演「東京踊り きのう・今日・明日」が上演される。以後2年間公演を休止してミュージカル劇団としての再編をおこなう。
  • 1992年6月 ミュージカル劇団再編後第一作として「賢い女の愚かな選択」を東京芸術劇場中ホールで上演。
  • 1996年6月 解団。8月に解散メンバーらによる最後の自主公演「FROM SKD」を銀座博品館で行う。

出身者[編集]

水の江瀧子
オリエ津阪
逢初夢子
水久保澄子
市村菊子
小林千代子
江戸川蘭子
小月冴子
並木路子
矢口陽子(若園照美)
桂木洋子
淡路恵子
草笛光子
雪代敬子
野添ひとみ

関連作品[編集]

『そよかぜ』の並木路子
そよかぜ
戦後、進駐軍占領下での国産映画第1弾。劇団の照明係の少女が、楽団員たちの協力でスター歌手になっていくという物語で[55]、現役の松竹歌劇団生徒で、主役に抜擢された並木路子が唄う挿入歌『リンゴの唄』が大ヒットを記録した[56]。もとは脚本の岩沢康徳が戦時中に書いていた戦意高揚もの「百万人の合唱」という台本を明るいレビュー映画に作り替えたものであった[55]
男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく
映画『男はつらいよ』シリーズ第21作目。松竹歌劇と国際劇場が全面的に取り上げられ[57]、マドンナ(ヒロイン)の木の実ナナが松竹歌劇のトップスターという役どころで出演[58]。また松竹歌劇からも大幹部の小月冴子、春日宏美、沖千里、藤川洋子などが出演した[59]。なお、シリーズ主人公・寅次郎(渥美清)の妹「さくら」役を一貫して演じ続けた倍賞千恵子は松竹歌劇出身であり、『東京踊り』で音楽舞踊学校の首席卒業者が務める「バトンガール」の初代担当者であった[60]
サクラ大戦
架空の歌劇団・秘密部隊である「帝国華撃団」を舞台とするゲーム、アニメ。原作者兼プロデューサーである広井王子の叔母が松竹歌劇団の第1期生であり、叔母の舞台を楽屋裏から眺めていた体験が創作の源となった[61]。本拠地「帝国劇場」も国際劇場をモデルとしている[62]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 後列左から青山杉作(演出)、山口松三郎(照明)、三宅元治(声楽)、富士峯子、青山圭男(振付)、某、佐藤清吉(楽長)、山崎俊夫(業務)。前列左から小倉みね子、小野小夜子、オリエ津阪、三林亮太郎(美術)、水の江瀧子、市村菊子(日舞)、青菜笙子。
  2. ^ 部門はいずれも「大衆芸能」。
  3. ^ 歌手の美空ひばりとは別人。

出典[編集]

  1. ^ 倉橋、辻(2005)p.7
  2. ^ 倉橋、辻(2005)pp.192-193
  3. ^ a b c d e f 『松竹百年史・本史』pp.462-464
  4. ^ a b c d e f g 『松竹百年史:本史』pp.465-466
  5. ^ a b c 『松竹百年史・本史』pp.470-472
  6. ^ a b c d e f g 『松竹百年史・本史』pp.473-476
  7. ^ a b c 遠藤・葦原(1986)p.70
  8. ^ 『松竹百年史・本史』p.479
  9. ^ 『評判花形大写真帳』p.84
  10. ^ a b c 青地(1934)pp.170-171
  11. ^ a b c d e f g h 『松竹百年史・本史』pp.481-485
  12. ^ 『レビューと共に半世紀』p.45
  13. ^ a b c d e f g h 『松竹百年史・本史』pp.485-489
  14. ^ 『戦後芸能史物語』pp.62-63
  15. ^ a b c 質問なるほドリ:松竹歌劇団って何?=回答・濱田元子”. 毎日.jp (2010年5月25日). 2015年1月18日閲覧。
  16. ^ a b 『レビューと共に半世紀』pp.140-141
  17. ^ a b c d e 『松竹百年史・本史』pp.491-495
  18. ^ 『松竹百年史・本史』p.502
  19. ^ a b c d 『朝日新聞縮刷版・1982年4月』p.212
  20. ^ a b 『朝日新聞縮刷版・1995年5月』p.296
  21. ^ 『読売年鑑・1998』p.288
  22. ^ a b c 『レビューと共に半世紀』p.136
  23. ^ a b 『松竹百年史・本史』pp.508-511
  24. ^ a b 『朝日新聞縮刷版・1990年2月』p.1226
  25. ^ a b 菅原(1996)p.191-193
  26. ^ 『朝日新聞縮刷版・1991年12月』p.1093
  27. ^ 1991年12月24日 朝日新聞夕刊「私たち、生まれ変わりました SKDがミュージカルで再出発」
  28. ^ a b 菅原(1996)pp.194-198
  29. ^ 1995年5月9日 朝日新聞「アートの視点 - SKD公演 レビュー新展開の契機 座付き作者養成」
  30. ^ 『朝日新聞縮刷版・1996年6月』p.708
  31. ^ 倉橋、辻(2005)p.65
  32. ^ 『松竹歌劇』第10号、p.65
  33. ^ a b 『レビューと共に半世紀』pp.6-10
  34. ^ a b c 川崎(2005)p.131
  35. ^ a b 青地(1954)p.163
  36. ^ a b c d e 昭和31年度(第11回)~昭和40年度(第20回)芸術祭賞一覧”. 文化庁. 2015年1月25日閲覧。
  37. ^ a b 芸術選奨歴代受賞者一覧(昭和二十五年度(第一回)より平成二十二年度(第六十一回)まで”. 文化庁. 2015年1月25日閲覧。
  38. ^ a b c 昭和51年度(第31回)~昭和60年度(第40回)芸術祭賞一覧”. 文化庁. 2015年1月25日閲覧。
  39. ^ a b c d 『レビューと共に半世紀』pp.142-143
  40. ^ 『レビューと共に半世紀』p.173
  41. ^ 『レビューと共に半世紀』p.161
  42. ^ 本日の卓話・私の履歴書 桜丘けい子”. 千葉南ロータリークラブ (2012年4月27日). 2015年1月18日閲覧。
  43. ^ 『評判花形大写真帳 映画・レビユー・少女歌劇』p.91
  44. ^ 菅原(1996)p.122
  45. ^ a b 菅原(1996)p.154
  46. ^ a b c 『レビューと共に半世紀』pp.145-147
  47. ^ a b c d e f 『レビューと共に半世紀』pp.150-152
  48. ^ キネ旬[1980], p.352-353.
  49. ^ a b c d e f 『レビューと共に半世紀』pp.154-156
  50. ^ a b c 『レビューと共に半世紀』p.159
  51. ^ a b c d e f 『レビューと共に半世紀』pp.162-164
  52. ^ a b c d e f g h 『レビューと共に半世紀』pp.166-169
  53. ^ 加藤みどり”. シグマセブン. 2015年1月25日閲覧。
  54. ^ 『レビューと共に半世紀』p.172
  55. ^ a b 『戦後芸能史物語』pp.5-6
  56. ^ 木内昇 (2013年11月24日). “並木路子 つらい経験、希望の歌に変えて”. 日本経済新聞. 2015年1月29日閲覧。
  57. ^ 第21作 男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく”. 松竹. 2015年1月27日閲覧。
  58. ^ 第21作 男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく”. 松竹. 2015年1月27日閲覧。
  59. ^ 『レビューと共に半世紀』p.134
  60. ^ 『レビューと共に半世紀』p.75
  61. ^ セガサターンマガジン』1998年4月10日号、p28
  62. ^ サクラ大戦 広井王子インタビュー”. TV版サクラ大戦 公式HP. 2015年1月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 青地晨『ライバル物語』(河出書房、1955年)
  • 『日本映画俳優全集・女優編』、『キネマ旬報』増刊第801号、キネマ旬報社、1980年12月31日発行
  • 松竹歌劇団『レビューと共に半世紀 - 松竹歌劇団50年のあゆみ』(国書刊行会、1978年)
  • 遠藤憲昭、葦原邦子『流行歌と映画でみる昭和時代(1)』(国書刊行会、1986年)ISBN 978-4336018632
  • 朝日新聞学芸部(編)『戦後芸能史物語』(朝日新聞社、1987年)ISBN 978-4022594440
  • 永山武臣(監修)『松竹百年史・本史』(松竹、1996年)
  • 菅原みどり『夢のレビュー史 - 宝塚・OSK・SKDのあゆみ』(東京新聞出版局、1996年)ISBN 978-4808305499
  • 川崎賢子『宝塚というユートピア』(岩波書店、2005年)ISBN 978-4004309406
  • 倉橋滋樹、辻則彦『少女歌劇の光芒 - ひとときの夢の跡』(青弓社、2005年)ISBN 978-4787272010
  • 『朝日新聞縮刷版』1982年4月、1990年2月、1991年12月、1995年5月、1996年6月(朝日新聞社)
  • 『評判花形大写真帳 - 映画・レビユー・少女歌劇』(講談社、1933年)
  • 『松竹歌劇』第10号(松竹歌劇団、1951年)

外部リンク[編集]