星のフラメンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
星のフラメンコ
西郷輝彦シングル
B面 湖にゆこうよ
リリース
規格 7"シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル 日本クラウン
CW-505
作詞・作曲 浜口庫之助
西郷輝彦 シングル 年表
僕だけの君
(1966年)
星のフラメンコ
(1966年)
あの星と歩こう
(1966年)
テンプレートを表示

星のフラメンコ」(ほしのフラメンコ)は、西郷輝彦の代表曲。1966年シングルが発売された。作詞・作曲は浜口庫之助による。

解説[編集]

西郷は1966年2月にヨーロッパを旅行した際、スペインの首都マドリードで鑑賞したフラメンコに感動し、本人曰く「猛烈なリズムにシビレてしまった」。洋行から帰国した西郷が、挨拶で訪れたソングライターの浜口庫之助邸にて、本場のフラメンコを観た感動をそのまま話すと、浜口はちょうどそのころ西郷の新曲を制作する準備に入っていたことを明かし、両人とも新曲をフラメンコのリズムで制作することで意見が一致したという[1]

浜口の作詞・作曲により曲が完成し、同年7月1日にシングルレコードが発売されると、わずか2か月で50万枚を突破する大ヒットとなった。1963年に創立した日本クラウンにとっては空前のレコード売上枚数であり、日本クラウンは全国のレコード店に感謝状を贈ったという逸話がある[1]

本曲は西郷の代名詞ともいうべき曲となり、同年の『第17回NHK紅白歌合戦』では白組の一番手で歌い、歌手として最後に出演した1973年(第24回)にも歌った。

同じく1966年にはまた、日活が西郷を主演に本曲をモチーフにした映画『遙かなる慕情 星のフラメンコ』(監督・森永健次郎、脚本・倉本聰)を製作し、全国ロードショー公開している[2]

シングル収録曲[編集]

全作詞・作曲:浜口庫之助、編曲:小杉仁三

  1. 星のフラメンコ
  2. 湖にゆこうよ

カバー・パロディ[編集]

「星のフラメンコ」はまた、数多くの歌手によってカバーされている。以下はディスク収録されている例である。

  • にしきのあきら(錦野旦) - 1971年、アルバム『'71の太陽』
  • あがた森魚 - 1993年、アルバム『イミテーション・ゴールド』
  • 井上陽水 - 2001年、シングル「コーヒー・ルンバ
  • 氷川きよし - 2002年、アルバム『銀河〜星空の秋子〜』
  • ライート英語版 - 2008年、アルバム『Hoshi no Flamenco(ライート〜星のフラメンコ)』
  • 五木ひろし - 2009年、アルバム『ハマクラを歌う -浜口庫之助作品集-』
  • 山内惠介 - 2016年、アルバム『ライブカバーアルバム「惠音楽会」演歌・歌謡編』

また、タモリが「肉のフラメンコ」という「星のフラメンコ」のパロディ曲を歌っている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『別冊月刊明星』1966年10月号 「西郷輝彦をあなたに」106頁
  2. ^ 星のフラメンコ 日活
  3. ^ 「星のフラメンコ」42年ぶり復活 本場スペイン人がカバースポーツ報知、2008年6月15日6時0分。(インターネットアーカイブのキャッシュ)