城卓矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
城 卓矢
基本情報
出生名 菊地 正規
別名 菊地 正夫
出生 1935年11月28日
出身地 日本の旗 大日本帝国 樺太
(現在のロシアの旗 ロシア サハリン州
死没 1989年5月9日(満53歳没)
ジャンル カントリー&ウェスタン、民謡ロック、歌謡曲
職業 歌手作曲家俳優
活動期間 1958年 - 1971年
1978年 - 1989年
レーベル 1960年 テイチク・レコード
1963年 東芝レコード
共同作業者 川内康範
北原じゅん

ウイリー沖山
民謡

城 卓矢(じょう たくや, 1935年11月28日 - 1989年5月9日)は、日本の歌手作曲家である。本名・作曲家名は菊地 正規(きくち まさき)、1966年の改名前の芸名は菊地 正夫(きくち まさお)。ヨーデルを得意とし、独特のハスキーとこぶしが特徴で魅力的な声の持ち主であった。『骨まで愛して』のヒット後の一時期、映画俳優としても活動した[1][2]

人物・来歴[編集]

ウェスタン歌手として[編集]

1935年(昭和10年)11月28日、当時日本領であった樺太(現在のロシア共和国サハリン)に生まれる。兄の正巳はのちの作曲家北原じゅん(文れいじ)、作詞家・川内康範は叔父(叔母の元夫)にあたる。第二次世界大戦中に父が死去、引き揚げて室蘭市で育つ。

長じて上京し、横浜市中区曙町に住む[3]。ウィリー・ジェームズ(のちのウイリー沖山)とともにブルー・コースターズ(1956年結成)として活動していた瀬谷福太郎が、『NHKのど自慢』に出場してハンク・ウィリアムズの『ロング・ゴーン・ロンサム・ブルースLong Gone Lonesome Blues を歌い、満点を獲得した菊地を発見、同バンドに加入させる[3]。同時に、ウイリー沖山にヨーデルを師事、同時期の沖山の弟子には山下敬二郎がいた[3]。同バンドでのヴォーカリストとしての活動と平行し、横須賀で流しのシンガーとしても活動する[3]

ウイリー沖山の独立後、同バンドは解散し[3]、菊地はカントリー&ウェスタンの歌手となり、1958年(昭和33年)、東京・有楽町の日本劇場で行なわれた第1回「日劇ウエスタンカーニバル」にウエスタン・キャラバンメンバーとして出演する。

テイチクレコード(現在のテイチクエンタテインメント)と契約、1960年(昭和35年)に菊地正夫の名で、ザ・コースターズをバックに、シングル『ひとりぽっちで』でデビューする。B面の民謡ロック『スタコイ東京』が話題となり、『ダッキャダッキャ節』等の同様の楽曲を連打するが、さほど売れなかった。1962年(昭和37年)にリリースした、出生地樺太に思いを馳せる楽曲『ふるさとは宗谷の果てに』は、のちに西郷輝彦がカヴァーしてヒットした。1963年(昭和38年)、東芝レコード(のちの東芝EMI, 現在のEMIミュージック・ジャパン)に移籍、『アホカイ節』等、民謡ロックを歌う。

再デビュー[編集]

1966年(昭和41年)1月、城卓矢と改名、心機一転して『骨まで愛して』をリリース、140万枚[4]を売り上げる大ヒットを飛ばして有名歌手の仲間入りを果たす。同曲を原作に川内が脚本を書き、日活渡哲也を主演に映画『骨まで愛して』を製作、城も本人役で出演し、同年7月9日に公開された[1][2][5]。引き続き同年リリースした『あなたの命』でも、同様に作詞の川内の脚本で映画化され、城も出演している[2]。同年12月31日に東京宝塚劇場で行われた第17回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。1967年(昭和42年)5月にはカントリー&ウェスタン調の『トンバで行こう』をリリース、同年から翌1968年(昭和43年)にかけて東映東京撮影所製作の梅宮辰夫主演ものの映画に出演、いずれも助演した[1][2]。楽曲には他にも森進一おふくろさん』とは同名異曲の『おふくろさん』や、『夜のブルース』などがある。

再デビューから5年後、1971年(昭和46年)3月に発売したシングル『男ごころの唄』を最後に引退した。東京都港区赤坂の溜池町にクラブを経営する[3]

カムバック[編集]

1978年(昭和53年)には、本名の菊地正規名で自ら作曲した『ひとりにさせて』を日本フォノグラム(現在のユニバーサルミュージック)からリリースし、城卓矢としてカムバックしている。同作のB面曲『故郷は遠く…』、および翌1979年(昭和54年)5月にリリースした『ムンチョッチョのズンチャッチャ』(B面『木浦の夜』)とともに4曲を作曲した[6]

1989年(平成元年)5月9日横浜市立大学附属病院で、肝硬変および食道静脈瘤破裂により死去した。満53歳没。

没後[編集]

没後1か月を迎える1989年6月7日には、テイチク時代のデビュー曲『スタコイ東京』をも盛り込んだベスト盤CD『城卓矢 全曲集』が東芝EMIから発売された。

城卓矢名での代表曲『骨まで愛して』は、1960年代を代表する楽曲として、テレビ東京の『昭和歌謡大全集』に取り上げられ、またNHKのフィラー番組映像散歩』内の『MUSIC BOX』では「60年代邦楽編」を構成する楽曲として反復して放送されている。NHK衛星第2テレビジョンNHKワールド・プレミアムの不定期番組『そう言えば あの時このうた』でも同様である。

2005年(平成17年)10月3日に放送を開始した文化放送のラジオ番組『竹内靖夫の電リク・ハローパーティー』では、毎シーズンのフィナーレ楽曲に菊地正夫時代の楽曲『トンバで行こう』を採用し、2009年(平成21年)7月17日の放映終了まで、放送に使用された。

おもなディスコグラフィ[編集]

発売元、リリース年のわかるものの一覧である。

シングル[編集]

菊地正夫
  • 『ひとりぽっちで』/『スタコイ東京』 : 演奏ザ・コースターズ、テイチクレコード、1960年発売 NS-281 - デビュー曲
  • 『思い出の小道』/『あの娘にゃよわい俺だった』 : テイチクレコード、1960年発売 NS-305
  • ふるさとは宗谷の果てに』 : テイチクレコード、1960年発売 NS-315
  • 『東京スタコイだより』/『くず野郎』 : テイチクレコード、1961年発売 NS-338
  • 『思い出すんだお父っつあん』/『恋はこんなに』 : テイチクレコード、1961年発売 NS-362
  • 『花笠ロカンボ』/『ハイサ節ロック』 : テイチクレコード、1961年6月発売 NS-381
  • 『ドドンパ鹿児島おはら節』/『安来節ドドンパ』 : テイチクレコード、1962年発売 NS-387
  • 『かっぱマドロス』 : 演奏チャーリィ脇野とゲイポップス、テイチクレコード、1963年発売 NS-469
  • 『スタコイ三度笠』/『のんびり小唄』 : テイチクレコード、1964年発売 NS-613
  • アホカイ節』 : 東芝レコード、1964年発売
  • 『ダッキャダッキャ節』/『スタコイ東京』 : 東芝レコード、1964年発売 TP-1003
  • 『ねんころギター』 : 東芝レコード、1964年発売 TP-1031
  • 『純情演歌』 : 東芝レコード、1965年発売 TP-1152
城卓矢
  • 骨まで愛して』/『ひとりじゃ淋しいんだ』 : 東芝レコード、1966年1月発売 TP-1197 - 再デビュー曲
  • あなたの命』/『夜のブルース』 : 東芝レコード、1966年発売 TP-1265 - 「愛して」シリーズ第2弾
  • 『命のきざみ』/『俺にもおぼえのあることだ』 : 東芝レコード、1966年12月発売
  • 『なぐりとばして別れようか』/『忘れるものか』 : 東芝レコード、1967年発売 TP-1305
  • 『さすらい東京』/『おふくろさん』 : 東芝レコード、1967年発売 TP-1333 - 「ダイナミック」シリーズ第1弾
  • 『忘却』/『泣け泣けもっと泣け』 : 東芝レコード、1967年発売 TP-1382
  • 『シャンシャン温度』/『白狐無頼』 : 東芝レコード、1967年発売 TP-1425
  • トンバで行こう』/『愛する人はただひとり』 : 東芝レコード、1967年5月発売 TP-1465
  • 『もう愛せない』/『涙売ります』 : 東芝レコード、1968年2月発売 TP-1586
    • オリコンに唯一ランクインした。最高位73位。
  • 『東京のミルクマン』/『果てしなき放浪』 : 東芝レコード、1968年6月発売 TP-1629
  • 『チョト・マテ・クダサイ』/『夜に終リがないほど』 : 東芝レコード、1968年8月発売
  • 『おんな』/『涙がほしい』 : 東芝レコード、1969年1月発売
  • 『抱きしめて』/『愛したのかしら』 : 東芝レコード、1969年6月発売
  • 『軍隊セレナーデ かあちゃんつらかったよ』/『逢えてよかった』 : 東芝レコード、1970年10月発売
  • 『男ごころの唄』/『泣きたきゃ泣きなよ』 : 東芝レコード、1971年3月発売
  • 『はぐれ鳥』/『愛の日々』 : JFレコード、1975年発売 JF-1
  • ひとりにさせて』/『故郷は遠く…』: 日本フォノグラム、1978年発売 - 歌唱・作曲
  • 『ムンチョッチョのズンチャッチャ』/『木浦の夜』 : A面ムンチョッチョ / B面城卓矢、日本フォノグラム、1979年5月発売 - 歌唱・作曲

アルバム[編集]

カヴァー[編集]

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外すべて出演作、いずれも「城卓矢」時代である[1][2]

おもなテレビ番組[編集]

一部を除き多くが楽曲使用である。

関連書籍[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d 城卓矢、日本映画データベース, 2010年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e 城卓矢、キネマ旬報映画データベース, 2010年8月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f カントリー四方山話瀬谷福太郎、2010年10月3日閲覧。
  4. ^ 音楽業界38年の足どり 第4回(1965年)、監修:日刊レコード特信出版社、2008年5月29日閲覧(2010年8月14日現在、リンク切れ)。
  5. ^ 骨まで愛して、日本映画データベース、2010年8月13日閲覧。
  6. ^ 作品データベース検索 検索結果、一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC、2010年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]