三沢あけみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三沢 あけみ
出生名 宮下 登志子
生誕 (1945-06-02) 1945年6月2日(72歳)
出身地 日本の旗 日本長野県伊那市
学歴 小野学園女子高等学校卒業[1]
ジャンル 演歌
歌謡曲
職業 歌手
女優
担当楽器
活動期間 1959年 -
事務所 三沢あけみオフィス
公式サイト 三沢あけみ

三沢 あけみ(みさわ あけみ、1945年昭和20年〉6月2日 - )は、日本演歌歌手女優。本名は宮下 登志子

来歴[編集]

長野県伊那市に生まれる。

第7期東映ニューフェイスに合格。同期には宮園純子三島ゆり子結城美栄子がいる。東映へ入社し、1959年NETテレビドラマ笛吹童子』で女優デビュー。1961年に映画デビューし、時代劇で活躍する。

1963年ビクターレコードより「ふられ上手にほれ上手」で歌手デビューするが、色気がありすぎるとして放送中止という憂き目にあってしまう。しかし、続けて発売した「島のブルース」が大ヒットし、同年12月の第5回日本レコード大賞で新人賞を受賞。さらに「第14回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たした。歌手を本業とするため東映を退社するが、以後も映画やドラマに出演することはある。

1970年代頃の一時期、歌手活動に行き詰まりを感じ、結婚と前後して活動を大幅に縮小した。離婚を機に歌手活動を本格的に再開し、1979年に「わかれ酒」をヒットさせて第一線へと返り咲く。その後も「恋しくて」「渡り鳥」などのヒットを飛ばし、現在まで安定した人気を保ち続けている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. ふられ上手にほれ上手(1963年)
  2. 島のブルース(1963年)
  3. 私も流れの渡り鳥(1963年)
  4. 明日はお立ちか(1964年)
  5. わかれ酒(1979年)
  6. 恋しくて(1980年)
  7. 渡り鳥(1987年)
  8. 北国恋歌(1988年4月21日)
  9. 港町(1990年5月21日)
  10. 恋銀河(1992年1月21日)
  11. 女のゆきどけ(1993年4月21日)
  12. 酔うほどに(1994年4月21日)
  13. 彩り川(1995年4月21日)
  14. 夫婦ごころ(1995年10月21日)
  15. 悲恋劇(1997年3月5日)
  16. おかけになった番号は…(1997年9月22日)
  17. ていんさぐの花(1998年6月24日)
  18. ふられの酒(1999年6月23日)
  19. 風まかせ(2000年2月2日)
  20. 茉莉花の涙(2001年1月24日)
  21. つむぎ恋唄(2002年4月24日)
  22. つむぎ恋唄(2003年7月23日)
  23. 天国と地獄(2004年7月21日)
  24. こころ花(2005年11月23日)
  25. 歌カラ・ヒット4(33)(2006年2月22日)
  26. 艶歌女房(2007年4月25日)
  27. 誘われて浜松(2008年3月26日)
  28. 海人恋唄(2009年8月5日)
  29. 女のしぐれ道(2010年7月14日) - つんく作曲
  30. 三味線ブギ(2011年8月24日) - 市丸「三味線ブギウギ」のカヴァー

アルバム[編集]

  1. 渡り鳥(1988年2月21日)
  2. BEST ONE 決定版 三沢あけみ 全曲集(1989年11月21日)
  3. 三沢あけみ 全曲集(1990年10月25日)
  4. 〜愛…永遠に〜エンドレスソング(1992年3月21日)
  5. 豪華版 三沢あけみ全曲集(1992年11月26日)
  6. 女のゆきどけ/艶歌集(1993年6月23日)
  7. 三沢あけみ/全曲集(1993年10月27日)
  8. 酔うほどに〜オリジナル・ヒット&カラオケ〜(1994年5月21日)
  9. BEST of BEST(1994年6月25日)
  10. 全曲集(1994年11月2日)
  11. ベスト(1995年12月1日)
  12. BEST ONE(1996年10月23日)
  13. ベスト〈BEST ONE〉(1997年10月22日)
  14. ベストアルバム(1998年10月21日)
  15. 全曲集(1999年10月21日)
  16. 三沢あけみ全曲集(2001年10月24日)
  17. 三沢あけみ 全曲集(2002年9月21日)
  18. 三沢あけみ全曲集(2003年11月26日)
  19. 三沢あけみベスト〜こころ花〜(2005年11月23日)

紅白歌合戦出場歴[編集]

主な出演作[編集]

テレビドラマ[編集]

歌番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.524

外部リンク[編集]