坂本朝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂本 朝一(さかもと ともかず、1917年3月28日 - 2003年12月31日)は、元日本放送協会(NHK)会長。東京府出身。父は開花楼主人・坂本彦平(猿冠者)[1]

来歴・人物[編集]

明治大学付属明治高等学校から早稲田大学文学部英文学専攻科に進学し、同校を卒業後、1939年に日本放送協会(NHK)に入局。主にドラマ演芸などの芸能番組を担当。1940年4月には日本初のテレビドラマである「夕餉前」を演出した。朝の連続テレビ小説の生みの親としても知られる。芸能局長、専務理事、副会長などを歴任した後、1976年9月、ロッキード事件で逮捕された田中角栄邸を見舞いに訪れた件で引責辞任に追い込まれた小野吉郎会長の後を受け、生え抜きでは初のNHK会長に就任。1982年まで2期6年務めた。他にも国家公安委員会委員、横綱審議委員会委員長などを務めた。勲一等瑞宝章受章。

2003年12月31日、肝機能不全のため死去、享年86。「お別れの会」での弔辞は大学の先輩である森繁久彌が読んだ。

著書[編集]

  • 『放送よもやま話』あずさ書房 1981 のち文春文庫
  • 『放送つれづれ草』東京新聞出版局 1991

[編集]

  1. ^ 戌井市郎『芝居の道 文学座とともに六十年』芸団協出版部