NHK番組発掘プロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

NHK番組発掘プロジェクト(エヌエイチケイ ばんぐみはっくつプロジェクト)とは、テレビ放送開始から1980年代始めにかけてのNHKに保存されていないテレビ・ラジオ・BSの番組を番組関係者や視聴者に呼び掛けて探し出してアーカイブスに保存していくプロジェクトである。2013年4月1日立ち上げ。

発掘された番組は再放送、イベント上映、番組ライブラリーで公開されている。

概説[編集]

テレビ黎明期から1981年3月頃までに使用されていた当時の放送用テープは当時1本100万円する輸入品の2インチテープで非常に高価なものだったため上書きして再利用せざるを得なかった。その結果、その当時の映像がほとんど残されていない[1]

番組の保存を体系的に始めたのは1981年度からと局側およびプロジェクト側は公表しているが、実際は81年以降の保存がないものもあり、総合テレビは1983年度まで、教育テレビは1990年頃までNHKクロニクルに残っていない番組が多い。そのため、実際は1984年4月1日以前の総合テレビ、1980年代末までの教育テレビ番組、1993年以前の衛星放送番組(BS1、BS2)、1990年代までのラジオ音源を探している[2]

発掘そのものは2003年頃から宮田輝友永詔三などから映像を借りて特番やアーカイブスサイトで紹介されていたが、積極的に募集するようになったのは、2014年に同プロジェクトサイトを立ち上げてからである。実際に発掘された番組が放送されたものはいくつかあり、例えば『ビッグショー』は1974年に放送された九代目松本幸四郎(現:二代目松本白鸚)出演回(2007年、BS)1975年9月7日放送の石原裕次郎回(2017年6月17日BSプレミアム)で再放送されている。

2017年12月1日、発掘プロジェクトのサイトをリニューアルし、発掘重点番組に保存率表示を追加した。

発掘重点番組[編集]

特に探している番組、主に1970年代の番組中心(2019年4月現在)

※リストにない未保存番組も全て対象

情報番組[編集]

番組名 放送時期 発掘による
保存率
保存なしの回 主な提供者・備考
こんにちは奥さん 1966年 - 1974年 1%
奥さんごいっしょに 1974年 - 1980年 2% (+1%)
おはよう広場 1980年 - 1984年 40% (+1%)
四つの目 1966年 - 1972年 1%
600 こちら情報部 1978年 - 1984年 28% (+1%)
みんなの科学 1963年 - 1980年 2% (+1%)
ウルトラアイ 1978年 - 1986年 98% (+27%)
  • 「寒さ」(1979年2月5日放送)

ドラマ[編集]

音楽[編集]

バラエティー[編集]

アニメ/人形劇[編集]

ドキュメンタリー/教養[編集]

趣味/教育[編集]

これまで発掘された番組[編集]

※2014年以降

主な発掘・再放送実績[編集]

プロジェクト設立以前[編集]

  • 1995年 東京放送劇団の役者として活動していた宮田輝の妻・惠美から第16回 - 第20回、第22回の『紅白歌合戦』を提供。当時珍しかったモノクロオープンリールデッキを宮田が1965年に購入し、本人が出演したNHKの番組を夫人が録画していた。この他にも『思い出のメロディー』約30回分、『今日は皆さん』『趣味の手帳』『三つの歌』なども提供されている[3]
  • 2009年4月 八王子市在住の視聴者から石川さゆり出演番組(1989年 - 1994年頃までのBS番組)10本を提供[4]
  • 2009年8月 「草燃える」を当時担当していた演出の大原誠、元ディレクターの伊豫田静弘などから提供。その後、北海道在住の視聴者から18回分が発掘されるも、一部欠落や大きなノイズ、乱れ、ドロップアウトなどテープの状態が良くないものが多く、引き続きノイズのない綺麗な状態の録画テープを募集を呼び掛けることに。その後、時期不明ではあるが全51話分が揃ったことになっており、番組公開ライブラリーで視聴可能になっている。NHKではラジオ番組の募集をFM放送40周年時に実施したことはあるが、テレビ番組映像の提供を呼びかけたのはこれが初めてである。
  • 2009年8月 元NHKラジオ第二放送番組委員の安部直広から録画・録音していたテープ約2万本を川口アーカイブスに提供。借倉庫が取り壊されるため、4チャンネル録音機を含む33台のオープンリールレコーダーと合わせて、合計約300個のダンボール箱を2トン車3回に分け、1日半かけて運送会社によって運び出された。約半年に及ぶテープ内容のリストアップの結果、合計18559本(ラジオ7439本、テレビ11120本)になり、約90000番組を録画していた計算になった。2010年8月9日には、この功績を称えて前橋放送局からコンテンツ目録および感謝状が贈呈された[5][6]
  • 2011年春 「樅ノ木は残った」が全52話のうち宮城県柴田町の郷土資料館から51回分がモノクロ映像で提供。第29話のみが欠落しているため、2018年2月時点でほぼ全話が残っている大河ドラマでは最古となっている。

プロジェクト設立後[編集]

  • 杉良太郎からは2015年11月に全く保存のなかった「繭子ひとり」(第125回 1971年8月27日放送/終盤8分弱)を断片的にカラーで発掘。また、「国盗り物語」全51話のうち、第37回(「将軍追放」1973年9月16日)と第38回(「小谷落城」9月23日)の2回分が発掘され、また1973年1月20日放送の「連想ゲーム」も合わせて発掘。
  • 2016年8月、『紅孔雀』『プリンプリン物語』のプロデューサーとして関わっていた中谷正尚の遺族から前者93回分、後者120回分のテープが提供。発掘ニュースで紹介後、アクセス数がアーカイブス(Facebook)などに60倍ものの反響が出た[7]

番組発掘としての問題・懸念[編集]

前述した通り、プロジェクトを立ち上げたのが遅かったため以下のような問題が起こっている。

  • 関東と甲信越のみにしか放送していない[8]ひるまえほっと』以外で映像募集する機会がほとんどない。他番組でのプロジェクト宣伝もほとんどされていないためプロジェクトの知名度自体が低い。
    • その上、物を大量に捨てるいわゆる断捨離ブームの影響で番組出演者や関係者に問い合わせても「もう再生する機会がないので捨てた」「引っ越しを機に処分した」といった声が多数返ってきているため、番組発掘作業は時間との戦いになっている[9]
    • さらに2019年度頃からは新たな発掘映像自体も減り、更新されない週が増えてきたため、発掘スタッフからは「家庭に残されているビデオテープを確認してほしい」と改めて注意を呼び掛けている。
  • 「発掘スタッフの努力は熱心で作業が一生懸命」と瑳川哲朗からの褒めがあったが、スタッフの人数に関しては実際は10人くらいしかいなく、電話(048-268-8130)の問い合わせもメインの担当者がいないと話が進まないくらいの人手不足である。[10]
  • 民放の映像募集とは違い、映像提供しても薄謝金や物品などによる謝礼はなし。関係者や一般視聴者が提供できてクロニクルに登録されたとしても放送されるのは一部の番組のみで、番組公開ライブラリーも出演者などの許可が得られないと公開できない。
  • 動画サイトにアップロードされているNHK未保存の番組に関しては、スタッフから直接連絡したり提供を促すことはできず、削除要請することしかできないのが現状である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ No.142 2017.02.24 これが番組発掘プロジェクトだ!『どーも、NHK』 川口NHKアーカイブス 岩坂昌彦館長の説明より
  2. ^ 発掘チャンネル 『とっておきサンデー』動画の9分35秒ごろ
  3. ^ NHK番組発掘プロジェクト通信(2014年12月の特集)
  4. ^ 連載コラム「お宝発見ニュース」 第2回 お宝はどこにある?
  5. ^ 第8回 さらなる「お宝」、ご提供をいただきました!!(2009年9月24日更新)
  6. ^ 第15回 感謝状です!(2010年8月24日更新)
  7. ^ NHK PR 懐かしの「プリンプリン物語」が帰ってきた!
  8. ^ 2020年3月以降はネット配信のNHKプラスで日本全国で視聴可能になっている。
  9. ^ No.234 『くらし☆解説』に発掘登場!「ラグビー名勝負」(2019年6月7日付記事。社会部記者出身のラガーマンである西川龍一解説委員(関東ラグビー協会公認のB級レフリー資格所持あり)を持つ)
  10. ^ No.138 近藤勇で紅白!?メロドラマでモテモテ 瑳川哲朗さん(2017年1月27日付記事)

外部リンク[編集]