藤間紫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふじま むらさき
藤間 紫
本名 喜熨斗 綾子(きのし あやこ)(河野→藤間)[1]
生年月日 (1923-05-24) 1923年5月24日
没年月日 (2009-03-27) 2009年3月27日(85歳没)
出生地 東京府東京市本郷区根津宮永町[2](現・東京都文京区根津
死没地 東京都[1]
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 日本舞踊家、女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
配偶者 藤間勘十郎(六代目)
(1944年 - 1985年)[1]
三代目市川猿之助
(2000年 - 2009年)
著名な家族 藤間勘祖(3世)
藤間文彦
テンプレートを表示

藤間 紫(ふじま むらさき、1923年(大正12年)5月24日 - 2009年(平成21年)3月27日)は、東京都文京区根津出身の日本舞踊家(藤間流紫派家元・初代藤間紫)、女優。本名は喜熨斗 綾子(旧姓:河野→藤間)

人物[編集]

夫は三代目市川猿之助(後の二代目市川猿翁・二代目藤間紫)。前夫の六代目藤間勘十郎との子に、三代目藤間勘祖である高子と俳優藤間文彦には六代目中村歌右衛門の芸養子である二代目中村藤太郎(前夫の養子となり3代目藤間大助を襲名後、歌右衛門の芸養子になり中村藤太郎を襲名[3])、六代目中村東蔵。孫に宗家藤間流家元の八代目藤間勘十郎(高子と梅若六郎 (56世)との婚外子)と元ジャニーズJr.[4]で日本舞踊家の藤間貴彦(文彦の息子)、紫派藤間流の次期家元(三代目)で女優の藤間爽子(文彦の娘)[5]

日本医科大学元学長で理事長、日本私立大学協会会長も務めた河野勝斎の長女(9人兄弟のうち、4人が芸能、2人が医師)。12歳の時、六世藤間勘十郎に入門し、天才少女と言われた。[誰?]もともとは弁護士を志していた。[要出典]

1944年、21歳の時、勘十郎から「紫」の名を貰い若くして名取となり、24歳年上の藤間勘十郎と結婚。一男一女を儲けたが、1960年代から16歳年下の市川猿之助と生活を共にするようになり、1985年に勘十郎と離婚。2000年に猿之助と正式に結婚した。

1948年の『淀君』をはじめとして、昭和30年代に帝国劇場での『椎葉の里』、明治座での『青銅のキリスト』等を発表、舞踊劇の創作に注力。舞踊家としても藤紫会公演を大劇場にて行なう。1985年の勘十郎との離婚訴訟をきっかけに、宗家藤間流のお家騒動が起こり、1987年に宗家藤間流を離れて紫派藤間流を創流[1]。毎年東京と大阪にて舞踊会を開催。1993年10月、国立大劇場にて自身のリサイタル「藤間紫の会」を開催する。

女優として映画や舞台、テレビドラマにも数多く出演。女優初出演は1949年、舞台が新国劇『野口英世』、映画が新東宝作品『グッドバイ』。1995年には猿之助演出の舞台『西太后』に主演し、圧倒的な存在感を見せつけた。

2009年3月27日肝不全のため死去。享年87(満85歳)[1]。戒名は優照院賢徳紫芳大姉

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

著作など[編集]

  • 『修羅のはざまで 女の自叙伝』婦人画報社 1992
  • 『紫―藤間紫写真集』春秋社、2011年、市川猿之助・選

受賞歴[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e “日本舞踊家家元の藤間紫さん肝不全で死去”. オリコン. オリジナルの2009年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090401192535/http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/64636/ 2009年3月28日閲覧。 
  2. ^ 藤間紫 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」コトバンク 2018年7月9日閲覧。
  3. ^ 藤間 大助(3代目)(読み)フジマ ダイスケ新撰 芸能人物事典 明治~平成
  4. ^ @fujima0122がInstagramで写真をシェアしました:「私はもう既に事務所を辞めている身ではありますが社長がお亡くなりなったと聞いて驚きそして悲しい気持ちになりました。…」• 2019年 7月月10日午後3時20分UTC” (日本語). Instagram. 2020年10月16日閲覧。
  5. ^ 紫派藤間流について” (日本語). 紫派藤間流公式ホームページ. 2020年10月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]