沢田美喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さわだ みき
沢田 美喜
Sawada Miki.JPG
生誕1901年9月19日
日本の旗 日本東京府東京市本郷区(現・東京都文京区
死没 (1980-05-12) 1980年5月12日(78歳没)
スペインの旗 スペインマヨルカ島
死因心臓発作
国籍日本の旗 日本
出身校東京女子高等師範学校附属高等女学校中退
職業社会事業家
配偶者沢田廉三
子供長男・信一
次男・久雄
三男・晃
長女・恵美子
岩崎久弥(父)
寧子(母)
親戚保科正徳(高祖父)
岩崎弥次郎(曾祖父)
岩崎美和(曾祖母)
保科正丕(曾祖父)
岩崎弥太郎(祖父)
岩崎喜勢(祖母)
保科正益(祖父)
岩崎彦弥太(兄)
岩崎隆弥(兄)
岩崎弥之助(大叔父)
加藤高明(義伯父)
木内重四郎(義叔父)
幣原喜重郎(義叔父)
保科正昭(叔父)
岩崎寛弥(甥)

沢田 美喜(さわだ みき、1901年9月19日[1][2] - 1980年5月12日[3])は、日本の社会事業家。本名は澤田 美喜(読みは同じ)。

概要[編集]

澤田美喜とエリザベス・サンダースホームの子供たち(1950年代)

三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の孫娘として生まれ[4]、外交官の沢田廉三と結婚[4]。4人の子に恵まれる[5]。第二次世界大戦敗戦後、主として在日米軍将兵を相手にした日本人街娼などが出産した混血児(GIベビー)たちの中で、両親に捨てられた東京周辺にいるGIベビー孤児約2000人を、神奈川県中郡大磯町に建設した児童養護施設エリザベス・サンダースホームに収容して保護・育成した。

略歴[編集]

澤田美喜記念館[編集]

隠れキリシタン資料の収集家でもあった澤田美喜は、日本各地から貴重なキリシタン資料874点を収集し、神奈川県中郡大磯町の聖ステパノ学園に保管した。沢田美喜記念館では、このうちの約3分の1の資料を展示している[15]

主な著作[編集]

著書[編集]

  • 『混血児の母、エリザベス・サンダース・ホーム』(毎日新聞社、1953年)
  • 『歴史のおとし子 エリザベス・サンダース・ホーム10年のあゆみ』(読売新聞社、1958年)、写真影山光洋ほか
  • 『黒い肌と白い心』(日本経済新聞社、1963年)
  • 『黒い十字架のアガサ』(毎日新聞社、1967年)
  • 『母と子の絆 エリザベス・サンダース・ホームの三十年』(PHP研究所、1980年)

伝記[編集]

テレビ番組[編集]

受賞・栄誉[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『黒い肌と白い心』、創樹社版、3頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『黒い肌と白い心』、創樹社版、327頁。
  3. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、342頁。
  4. ^ a b c d e 「特集 三菱最強伝説 家系解剖 三大創業家の華麗すぎる閨閥図」、『週刊ダイヤモンド』2016年1月30日号、52-53頁。
  5. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、99頁。
  6. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、35頁。
  7. ^ a b 『黒い肌と白い心』、創樹社版、333頁。
  8. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、38-39頁。
  9. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、40頁。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 『黒い肌と白い心』、創樹社版、328頁。
  11. ^ 立花譲『帝国海軍士官になった日系二世』(築地書館、1994)80頁
  12. ^ 立花譲『帝国海軍士官になった日系二世』(築地書館、1994)202頁。この職員は元帝国海軍中尉で、美喜の長男沢田信一と同部隊という縁があった。
  13. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、329頁。
  14. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、330頁。
  15. ^ 澤田美喜記念館公式ホームページ”. 2020年10月17日閲覧。
  16. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、巻頭掲載(1頁より前にある)「著者のことば」より。
  17. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、340頁。
  18. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、345頁。
  19. ^ 同書は1963年に日本経済新聞社より発行され[16]、1979年にエリザベス・サンダースホームの自費出版として新版が[17]、1991年に創樹社より改訂新版が[18]、2001年に日本図書センターより最新版がそれぞれ発行されているが、本記事では創樹社版を出典として使用した。
  20. ^ - NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]