沢田美喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さわだ みき
沢田 美喜
Sawada Miki.JPG
生誕 1901年9月19日
日本の旗 日本東京府東京市本郷区(現・東京都文京区
死没 (1980-05-12) 1980年5月12日(78歳没)
スペインの旗 スペインマヨルカ島
死因 心臓発作
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京女子高等師範学校附属高等女学校中退
職業 社会事業家
配偶者 沢田廉三
子供 長男・信一
次男・久雄
三男・晃
長女・恵美子
岩崎久弥(父)
寧子(母)
親戚 保科正徳(高祖父)
岩崎弥次郎(曾祖父)
岩崎美和(曾祖母)
保科正丕(曾祖父)
岩崎弥太郎(祖父)
岩崎喜勢(祖母)
保科正益(祖父)
岩崎彦弥太(兄)
岩崎隆弥(兄)
岩崎弥之助(大叔父)
加藤高明(義伯父)
木内重四郎(義叔父)
幣原喜重郎(義叔父)
保科正昭(叔父)
岩崎寛弥(甥)

沢田 美喜(さわだ みき、1901年9月19日[1][2] - 1980年5月12日[3])は、日本の社会事業家。本名は澤田 美喜(読みは同じ)。

三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の孫娘として生まれ[4]、外交官の沢田廉三と結婚[4]。4人の子に恵まれる[5]。敗戦後、エリザベス・サンダースホームを創設し、2000人近くの混血孤児を育て上げた。

略歴[編集]

主な文献[編集]

著書[編集]

  • 『混血児の母、エリザベス・サンダース・ホーム』(毎日新聞社、1953年)
  • 『歴史のおとし子 エリザベス・サンダース・ホーム10年のあゆみ』(読売新聞社、1958年)、写真影山光洋ほか
  • 『黒い肌と白い心』(日本経済新聞社、1963年)
  • 『黒い十字架のアガサ』(毎日新聞社、1967年)
  • 『母と子の絆 エリザベス・サンダース・ホームの三十年』(PHP研究所、1980年)

伝記[編集]

  • 小坂井澄 『これはあなたの母 沢田美喜と混血孤児たち』(集英社、1982年)
  • 青木冨貴子 『GHQと戦った女 沢田美喜』(新潮社、2015年/新潮文庫、2018年)
  • 小手鞠るい『名もなき花たちと』(原書房 2019年)
  • 『The LEAST of THESE』(John Weatherchill、Elizabeth Anne Hemphill)

テレビ番組[編集]

  • 第9回NHK紅白歌合戦NHK1958年)審査員
  • 『子供たちは七つの海を越えた~サンダースホームの1600人』(日本テレビ系、1978年7月12日)
  • テレビ東京開局45周年記念6夜連続特番第4弾『トンネルの向こうはぼくらの楽園だった』
  • 2009年3月11日放送 『トンネルの向こうは僕らの楽園だった』(テレビ東京)自らもハーフである土屋アンナが、初老を迎えたエリザベス・サンダースホームの卒園生たちを訪ね歩き、彼らの今を見つめた。
  • 2006年8月15日放送 RAMA COMPLEX 『二千人の孤児の母 澤田美喜物語』(日本テレビ系、2006年8月15日 松坂慶子が演じた)
  • 1981年7月8日放送 『母たることは地獄のごとく 炎の女 澤田美喜』(日本テレビ 京マチ子が演じた)
  • ここ鐘は鳴る 沢田美喜(NHK1958年[15]

受賞・栄誉[編集]

  • エリザベスブラックウェル賞 受賞
  • 国際孤児団 世界の婦人賞 受賞
  • フランス大統領 国家功労勲章一等グラン・コルドン大章
  • 内閣総理大臣顕彰(1966年7月1日)
  • 勲二等瑞宝章(1972年4月29日)
  • 正四位(1980年5月12日)

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同書は1963年に日本経済新聞社より発行され[16]、1979年にエリザベス・サンダースホームの自費出版として新版が[17]、1991年に創樹社より改訂新版が[18]、2001年に日本図書センターより最新版がそれぞれ発行されているが、本記事では創樹社版を出典として使用した。

出典[編集]

  1. ^ a b 『黒い肌と白い心』、創樹社版、3頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『黒い肌と白い心』、創樹社版、327頁。
  3. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、342頁。
  4. ^ a b c d e 「特集 三菱最強伝説 家系解剖 三大創業家の華麗すぎる閨閥図」、『週刊ダイヤモンド』2016年1月30日号、52-53頁。
  5. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、99頁。
  6. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、35頁。
  7. ^ a b 『黒い肌と白い心』、創樹社版、333頁。
  8. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、38-39頁。
  9. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、40頁。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 『黒い肌と白い心』、創樹社版、328頁。
  11. ^ 立花譲『帝国海軍士官になった日系二世』(築地書館、1994)80頁
  12. ^ 立花譲『帝国海軍士官になった日系二世』(築地書館、1994)202頁。この職員は元帝国海軍中尉で、美喜の長男沢田信一と同部隊という縁があった。
  13. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、329頁。
  14. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、330頁。
  15. ^ - NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス
  16. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、巻頭掲載(1頁より前にある)「著者のことば」より。
  17. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、340頁。
  18. ^ 『黒い肌と白い心』、創樹社版、345頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]