池田太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 太郎(いけだ たろう、1940年 - )は、日本の脚本家日本シナリオ作家協会員。

人物[編集]

  • 1940年生まれ。東京学芸大学教育心理科卒業[1]。東京都の公立小学校教員(知的障害、情緒障害学級)として31年間勤務。勤務の傍らシナリオコンクールに応募[1]1978年、「冬の独立」で第17回日本シナリオ作家協会シナリオコンクール入選[2]1983年、『夢の町の殺人者−死は我が友-』で第9回城戸賞準入選[3]。後に、脚本家として専念する。

脚本を担当した映画・テレビドラマ[編集]

  • 映画
  • テレビドラマ
    • 鬼平犯科帳シリーズ」(1982年)
    • 「リトルステップ-命の限り踊りたい-」(1990年)
    • 「死刑台のロープウェイ」(2001年)
    • 「南洲翁異聞」(2008年)
  • テレビドキュメンタリー
    • 「親の目 子の目」(テレビ朝日)

戯曲[編集]

  • 「世紀末同窓会」(劇団櫂、1991年2月8日から2月11日、渋谷ジァン・ジァン[4]
  • 「辻立ち路通・芭蕉異聞」(父・池田生二が独演)
  • 斎藤耕一シリーズ「拝啓ヒッチコック様」(劇団櫂) 
  • 斎藤耕一シリーズ「川越コットンクラブ」(劇団櫂) 
  • 「光る島・長谷川平蔵と人足寄場物語」(シアターX、2003年)

著書[編集]

  • 『こんとん君立ちなさい—タロウ先生の特殊教育漂流』(有斐閣、1983年)
  • 『ディスコミュニケーションを生きる』(子どもの未来社、2005年)
  • 『小説 岸信介 常在戦場』(社会評論社、2014年)
  • 映画評論『報知新聞 邦画評』(1年間)

出典[編集]