日本の青空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の青空
監督 大澤豊
脚本 池田太郎
製作 小室皓充
出演者 高橋和也
藤谷美紀
田丸麻紀
配給 インディーズ
公開 日本の旗 2007年3月21日
上映時間 123分
製作国 日本
言語 日本語
製作費 2億円
テンプレートを表示

日本の青空(にほんのあおぞら)は、インディーズ2007年に製作した映画。この映画は、現代のある雑誌の憲法特集企画の取材の中で、第二次世界大戦の敗戦後、大日本帝国憲法に変わる新憲法(日本国憲法)を作るために、憲法学者鈴木安蔵を中心に民間人で結成された憲法研究会が作成した憲法草案要綱作成までの歩み、彼らの草案をもとにして作られたGHQ案と日本政府とのやりとりとが描かれており、日本国憲法誕生の真相を明らかにするものである。

なお、この映画は、劇場上映はされず、自主上映のみで公開されている。

あらすじ[編集]

月刊アトラス編集部の派遣社員沙也可は、この夏の憲法特集の企画で、先輩編集部員達がベアテ・シロタ・ゴードン白洲次郎など著名人の取材を任され、沙也可も企画を出すチャンスを与えられる。そんな時、母の助言により、沙也可は全く名も知らない在野の憲法学者・鈴木安蔵の取材を進めることとなる。安蔵の実娘・燁子と潤子の証言と安蔵本人の日記帳から、沙也可は戦時下での憲法学者としての安蔵の苦労、崇高さを知り、日本国憲法誕生を巡る真実のドラマの核心へと迫っていく・・・。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]