阿部眞之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1952年

阿部 真之助(あべ しんのすけ、旧字体:眞之助、1884年明治17年)3月29日 - 1964年昭和39年)7月9日)は、明治から昭和にかけて活躍したジャーナリスト、政治評論家、随筆家東京日々新聞主筆、日本エッセイスト・クラブ初代理事長、第9代NHK会長。恐妻家としても知られ、自ら日本恐妻連盟を組織し総裁に就任。「恐妻とは愛妻のいわれなり」との名言を残した。日本における「小さな親切」運動の草分けの一人でもある。

人物[編集]

「恐妻とは愛妻のいわれなり」が刻まれた「恐妻碑」。信越本線磯部駅

1884年、埼玉県で生まれ、少年時代は群馬県富岡市で過ごす。富岡中学二高を経て、東京帝国大学文学部社会学科を卒業。

大学卒業後、東京日日新聞に入社。のちに東京日日新聞主筆に就任する。

1960年10月17日、NHK会長に就任。1963年原安三郎日本化薬社長・茅誠司東京大学総長・上田常隆毎日新聞社長・上代たの日本女子大学学長・栗田確也栗田書店社長・評論家の坂西志保渋沢敬三日銀総裁とともに「小さな親切」運動を提唱する。

1964年7月9日、NHK会長在職中に急死した。1972年、富岡市の名誉市民に選出された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]