阿部眞之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1952年

阿部 真之助(あべ しんのすけ、旧字体:眞之助、1884年明治17年)3月29日 - 1964年昭和39年)7月9日)は、明治から昭和にかけて活躍したジャーナリスト、政治評論家、随筆家。筆名は野山草吉[1]

東京日々新聞主筆、日本エッセイスト・クラブ初代理事長、第9代NHK会長。

恐妻家を自称していることで知られ、自ら日本恐妻連盟を組織し総裁に就任。「恐妻とは愛妻のいわれなり」との名言を残した。日本における「小さな親切」運動の草分けの一人でもある。

人物[編集]

「恐妻とは愛妻のいわれなり」が刻まれた「恐妻碑」。信越本線磯部駅

1884年、埼玉県熊谷市で生まれ[2]、少年時代は群馬県富岡市で過ごす。

旧制第二高等学校卒業。1908年(明治41年)に[3]東京帝国大学文学部社会学科を卒業。

東京帝大卒業後、満州日日新聞社に入社[4]。1911年(明治44年)ストライキを首謀したとして馘首[5]。同1911年(明治44年)、東京日日新聞に入社[6]。1914年(大正3年)に大阪毎日に転じ、1929年(昭和4年)東京日日に戻る[7]。その間、京都支局長、政治部長、学芸部長、編集局主幹、取締役主筆、毎日新聞社顧問ほかを歴任[8]

1933年(昭和8年)学芸部長時代に、高田保大宅壮一木村毅を『東京日日新聞』学芸部のブレーンとして入社させる[9]

1934年(昭和9年)、やはり学芸部長時代に、囲碁及び将棋の「実力名人戦」を企画し、1935年(昭和10年)から将棋名人戦、1939年(昭和14年)から囲碁本因坊戦が開始(なお、本因坊戦開始にあたっては、阿部の部下であり後のパリーグ理事長の黒崎貞治郎が担当)[10]

1938年(昭和13年)、阿部が編集局主幹となった際、学芸部長には久米正雄が就任[11]

1944年定年退職[12]した後、政治評論家として活動する他、明治大教授、中教出版社長、NHK経営委員長など歴任[13]大宅壮一がその文章を「マクラの阿部真之助、オチの高田保」と評したのは有名[14]

1953年に日本エッセイストクラブを創立して会長になる[15]。1955年、「自由且つ気骨ある政治評論家として、民衆の政治意識を高めた近年の活動」により、第3回菊池寛賞を受賞。

1960年10月17日、NHK会長に就任。

1962年、世界で初めての”放送で学ぶ”全国規模の通信制高等学校「学校法人日本放送協会学園(NHK学園高等学校)」創設に尽力[16]

1963年原安三郎日本化薬社長・茅誠司東京大学総長・上田常隆毎日新聞社長・上代たの日本女子大学学長・栗田確也栗田書店社長・評論家の坂西志保渋沢敬三日銀総裁とともに「小さな親切」運動を提唱する。

多磨霊園にある阿部眞之助の墓

1964年7月9日、NHK会長在職中に急死した。死去後、さだ夫人がその遺志を継ぎ、生徒・学生の育英事業を行うことが発議され、1964年10月1日に「財団法人阿部育英基金」が誕生した[17]

1972年、富岡市の名誉市民に選出された[18]

受賞[19][編集]

編著書[編集]

  • 『犯罪問題』冬夏社 現代社会問題研究 1920
  • 『非常時十人男 彼等は何をしたか』編 創造社 1933
  • 『新人物論』日本評論社 1934
  • 『現代世相読本』東京日日新聞発行所[ほか] 1937
  • 『新世と新人』三省堂 1940
  • 『人間と社会』三省堂 1940
  • 『日本の自覺』東洋経済新報社出版部 1943
  • 『自由と責任』日東出版社 1948.
  • 『一問一答 第9輯 (暁に祈る)』吉村隊長共著 問答社 1949
  • 『老記者の想い出話』比良書房 1950
  • 『現代日本人物論 政界・官界・財界・労働界・文化界の人々』編 河出書房 1952
  • 『近代政治家評伝』文藝春秋新社 1953 
  • 『失礼御免』共著 要書房 1953
  • 『当世うらおもて』要書房 1953
  • 『現代政治家論』文藝春秋新社 1954
  • 『恐妻一代男』文藝春秋新社 1955
  • 『毒舌ざんげ わたしの時評』毎日新聞社 1955
  • 『現代女傑論 現代日本女性を代表する十二人』朋文社 1956
  • 『阿部真之助選集』大宅壮一木村毅浅沼博高原四郎編 毎日新聞社 1964

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ http://www.wakei.org/library/data/kouen/profile/3002.htm
  5. ^ 川村湊・守屋貴嗣編『文壇落葉集』(毎日新聞社)解説(守屋貴嗣)P.428
  6. ^ http://www.wakei.org/library/data/kouen/profile/3002.htm
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. ^ http://www.wakei.org/library/data/kouen/profile/3002.htm
  9. ^ 夏堀正元『風来の人 小説・高田保』(文春文庫)P.160
  10. ^ 『現代囲碁大系 別巻 現代囲碁史概説』(林裕)P.46
  11. ^ 夏堀正元『風来の人 小説・高田保』(文春文庫)P.182
  12. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)
  13. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  14. ^ 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
  15. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  16. ^ 阿部育英基金と創設者について
  17. ^ 阿部育英基金と創設者について
  18. ^ 名誉市町村民
  19. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]