上田常隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上田 常隆
うえだ つねたか
生誕 1900年7月4日
日本の旗 大阪府大阪市
死没 (1980-10-14) 1980年10月14日(80歳没)
教育 京都帝国大学法学部卒業
職業 毎日新聞社社長

上田 常隆(うえだ つねたか、1900年7月4日 - 1980年10月14日)は、日本の新聞社経営者。

毎日新聞社社長(1961年1月 - 1968年1月)。

経歴[編集]

大阪府大阪市出身。祖父は盛岡藩士で、母は原敬の姪に当たる。天王寺中学校佐賀高等学校を経て、1926年に京都帝国大学法学部を卒業し、大阪毎日新聞社(後の毎日新聞大阪本社)に入社。営業畑を歩き、大阪本社営業局長、監査役取締役(経理担当)、常務などを経て、1961年社長に就任。在任中はアジア調査会の設立などに関わった。またこの間、日本新聞協会の会長もつとめた。1968年退任し、最高顧問。

日本社会人野球協会会長、アジア救ライ協会理事長、日本ユースホステル協会会長、青少年育成国民会議会長など、多くの公職もつとめた他、実家の郷里であった岩手県の振興・発展にも尽くし、岩手県総合開発審議会会長、在京岩手学生会会長、岩手県人連合会初代会長などを歴任した。

殊勲・顕彰[編集]

参考文献[編集]

  • 毎日新聞130年史刊行委員会 『「毎日」の3世紀 : 新聞が見つめた激流 130年』 毎日新聞社、2002年

外部リンク[編集]