和歌山放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社和歌山放送
Wakayama Broadcasting System Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 WBS、wbs
本社所在地 日本の旗 日本
640-8577
和歌山県和歌山市湊本町3丁目3番地
設立 1958年8月23日
業種 情報・通信業
法人番号 4170001003832
事業内容 放送法に基づく中波放送事業
資本金 1億円(2011年3月31日時点)
売上高 6億4103万円(2017年3月期)
営業利益 1196万円(2011年3月期)
純利益 5百万円(2017年3月期)
純資産 3億02百万円(2017年3月31日時点)
総資産 5億01百万円(2017年3月31日時点)
従業員数 23人(2011年4月1日時点)
決算期 3月
主要株主 南海電気鉄道(14.0%)
毎日新聞社(14.0%)
島精機製作所(10.0%)
主要子会社 和歌山放送事業センター
外部リンク http://wbs.co.jp/
テンプレートを表示
和歌山放送
Wakayama Broadcasting System Co., Ltd.
放送対象地域 和歌山県
系列 JRNNRN
略称 WBS、wbs
愛称 wbs和歌山放送
コールサイン JOVF
開局日 1959年4月1日
本社 〒640-8577
和歌山県和歌山市湊本町3丁目3番地
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 和歌山 1431kHz / 5kW
主な中継局 田辺白浜 1233kHz 100W
新宮 1557kHz 100W
串本 1431kHz 100W
橋本 1485kHz 100W
御坊 1557kHz 100W
高野山 1485kHz 100W
日置川すさみ 1233kHz 300W
公式サイト http://www.wbs.co.jp/
特記事項:開局当初の略称は『WBC』だった[1]。また、当初(1979年3月31日まで)はNRN単独加盟だった。
テンプレートを表示
和歌山放送本社

株式会社和歌山放送(わかやまほうそう、Wakayama Broadcasting System Co., Ltd.)は、和歌山県放送対象地域として中波放送(AM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。略称はWBSであるが、英字の小文字でwbsと表記される場合が多い。JRNNRNクロスネット局1959年4月1日に全国41番目に開局した(開局当初は、和歌山市寄合町15番地に本社があった[2])。

概要[編集]

毎日新聞社が筆頭株主のラジオ放送局で(南海電気鉄道も毎日新聞社と同比率で筆頭株主となっている[3])、毎日新聞の友好会社という位置付けである。そのため、毎日新聞の紙面には、当局の番組紹介が毎日掲載されており、またwbsでも毎日新聞のCMが放送されている。また、wbs本社内には毎日新聞の関係会社でもある毎日放送JNN・JRN・NRNの在阪準キー局)の記者詰所がある。

地域密着型の放送を展開するため、平日日中の『つながるワイド』枠では和歌山・田辺白浜・新宮の各放送支局ごとに異なる番組を放送している。このため、田辺と新宮の両支局に独自のスタジオが設けられている。

2007年に『ヤンピース』のネットを打ち切り、『つれもてナイト』を開始、2009年には『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ』のネットを打ち切るなど、アダルト志向のような編成が目立っていたが、2010年春の改編で『つれもてナイト』を打ち切り『オールナイトニッポンGOLD』(かつてのヤンピース枠)で3年ぶりにネット再開する。

沿革[編集]

資本構成[編集]

企業・団体は当時の名称。出典:[8][9][10][11]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
1億円 2億円 500円 200,000株 35
株主 株式数 比率
南海電気鉄道 28,000株 14.0%
毎日新聞社 28,000株 14.0%
島精機製作所 20,000株 10.0%

過去の資本構成[編集]

周波数[編集]

AM放送
親局 呼出符号 周波数 空中線電力 備考
和歌山 JOVF 1431kHz 5kW AMステレオ放送
放送支局 呼出符号 周波数 空中線電力 備考
田辺白浜 JOVL 1233kHz 100W 平日午後の時間帯は和歌山、田辺、新宮の各局ごとに
独自の放送を行う。
新宮 JOVN 1557kHz
中継局 呼出符号
(各局管内)
周波数 空中線電力 備考
串本 新宮局管内 1431kHz 100W
橋本 和歌山局管内 1485kHz
御坊 JOVM
(田辺白浜管内)
1557kHz
高野山 和歌山局管内 1485kHz 小電力局
日置川すさみ 田辺白浜局管内 1233kHz 300W
FM補完中継局
中継局 各局管内 周波数 空中線電力 備考
wbs FM94.2 和歌山局管内 94.2MHz 500W[6] 2015年12月22日予備免許交付[4]、2016年5月30日に本放送開始[6]
概ねのサービスエリアとして、和歌山市岩出市有田市海南市のほぼ全域
及び紀の川市南部、有田川町紀美野町大阪府南部の一部
(概ね阪南市泉南郡)が予定されており、今後はさらに拡大を予定している[12]
wbs FM Tanabe91.6 田辺白浜局管内 91.6MHz 100W 2016年2月19日予備免許交付[5]
順次試験電波の発射を経て親局(FM94.2)と同時に開局した[6]
wbs FM Gobo92.4 92.4MHz
wbs FM Shingu94.2 新宮局管内 94.2MHz 50W 2016年12月22日予備免許交付[7]、2017年4月1日に本放送開始。
wbs FM Kushimoto92.4 92.4MHz 20W
wbs FM Kudoyama91.6 和歌山局管内 91.6MHz 10W

放送時間[編集]

月曜5:00を起点とする24時間放送。但し、日曜深夜(月曜未明)0:00 - 5:00は、メンテナンスの為放送休止。また、12月25日[13]1月1日が月曜にあたる場合は放送休止をしない。

スタジオ[編集]

本社[編集]

4階
  • ブルースタジオ(一般的なラジオスタジオ)生放送対応
  • オレンジスタジオ(ワンマンDJスタイルにも対応するスタジオ)生放送対応
1階
  • 第1スタジオ(和歌山放送アナウンス教室や、国会議員座談会などに使われる)
  • 第2スタジオ
  • 第3スタジオ

その他[編集]

  • 田辺支局スタジオ(『やにこいラジオ昼いちばん!』・『佐山和夫のマンスリートーク』など)
  • 新宮支局スタジオ(『新宮発ラジオDE元気』など。オークワ新宮仲之町店[14]1階にある)

主な自社制作番組[編集]

2017年7月時点。●印はブルースタジオ、☆印はオレンジスタジオで制作

現在放送中の番組[編集]

月-金
  • グッディ!(6:30 - 8:30)☆
    • ゲンキ和歌山市(7:25 - 7:30)和歌山市広報番組
    • Honda Dream Navi(7:50 - 7:56)
  • ボックス(8:30 - 10:44)●
  • JAグループアワー(11:30 - 11:40)
  • ラジオ健康相談(12:10 - 12:20、再放送 翌週同曜日 5:10 - 5:20)
  • こちら119番(12:27 - 12:30)
  • わたくしの作文(12:40 - 12:50、再放送 翌週同曜日 5:20 - 5:30)wbs最長寿の番組
  • つながるワイド(13:00 - 16:25)
13:00 - 15:00は以下の各局独自放送:
  • (和歌山・橋本・高野山局)○○の全開!×曜日●(出演者については当該項参照)
  • (田辺白浜・御坊・日置川すさみ局)やにこいラジオ昼いちばん!
  • (串本・新宮局)新宮発ラジオDE元気
  • ラジオでお届け!県政最前線(火曜日 15:40 - 16:00)和歌山県広報番組
  • 連続ラジオ小説
    • 紀州のエジソンの女房〜島精機を支えた肝っ玉母さん 島和代物語(16:00 - 16:10)
    • 慶雲の星の下に生まれし者〜勝本僖一物語(16:25 - 16:35)
  • wbsニュース5(17:00 - 18:30)☆
  • ふるさと和歌山の防災(月曜日 18:30 - 18:45)
  • ボクたちのODO(月曜日 19:00 - 20:00、再放送 日曜日 23:00 - 24:00)
  • 賀川けい子のファッショナブルナイト(月曜日 20:00 - 20:30)
  • つれもてないと 藪下将人のハッピーマンデー(月曜日 20:30 - 22:00)
土曜日
  • 吉田宗人の痛いの痛いの飛んで行け(第1土曜日 8:45 - 9:00)
  • 定期便・教育の窓(第2・4土曜日 8:45 - 9:00)
  • すみたにのすみからすみまで(第3・5土曜日 8:45 - 9:00)
  • ウインズ平阪の紀州和歌山へ!(9:00 - 12:00)●
  • ラジオカフェサタデー(12:05 - 13:00)●
  • オークワはっぴいアフタヌーン(13:10 - 14:45)
  • WA!ERA(14:45 - 16:00)●
  • Saturday Music Express(16:00 - 17:00)●
  • サタデーニュース&スポーツ(17:00 - 18:00)☆
  • Rock'n Saturday(18:15 - 18:30)
  • 073のBIG WAVE(第2・4土曜日 19:15 - 19:30)
  • 濱口祐自のギターに感謝!音楽に感謝!(第1土曜日 19:30 - 20:00、新宮支局制作)
  • 人・歌ものがたり(第2土曜日・5週月の第4土曜日 19:30 - 20:00)
  • 新・紀州ことばの旅(第3土曜日 19:30 - 20:00)
  • スターフードレストラン(最終土曜日 19:30 - 20:00)
  • 安東由美子と西司の紀州上陸(22:30 - 23:00)
  • らしくあれ!(24:00 - 24:30)
  • de R(24:30 - 25:00)
日曜日
  • さわやかサンデー(7:30 - 8:00)
  • オピニオントーク(8:00 - 8:20)
  • 経済ジャーナル(8:20 - 9:00)
  • ビューティフルサンデー(9:25 - 10:00)
  • GARDENING LIFE(10:00 - 11:00)
  • 健康ゼミナール・こどもクリニック(第4日曜日 11:25 - 11:40)
  • ラジオカフェ(12:00 - 13:00)●
  • Fun×Fam学校放送部♪(15:10 - 15:30)
  • 大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪(15:30 - 16:00)
  • 大人のラジオ(16:00 - 16:40)
  • ふるさとのチカラ(16:40 - 16:55)
  • Let's有田リアン(第1・2日曜日 17:10 - 17:50)
    • Let's有田リアンプラス(第4日曜日 17:10 - 17:40)
  • 佐山和夫のマンスリートーク(第3日曜日 17:10 - 17:50、田辺支局制作)
  • 澤和樹のしっくりクラシック(第5日曜日 17:10 - 17:50)
  • 健やかな老後をおくろう(17:50 - 18:00)
  • 南美枝子と歌っチャオ(18:00 - 18:10)
  • 今日のお話(18:20 - 18:30)
  • なるほど!納得!暮らしは経済だ(18:30 - 18:45)
  • 週刊ガラRADIO(21:00 - 21:30)
  • 痛快! アニメジオ(21:30 - 22:00)
  • TONPEIの今夜もうたWAナイト(22:00 - 22:30)
特別番組
  • 全国高等学校野球選手権和歌山大会実況中継(毎年7月)
  • ラジオ・チャリティー・ミュージックソン(毎年12月24日12:00 - 12月25日12:00)
  • 県議会ダイジェスト(和歌山県議会開会期間中随時、21時台に放送)
  • 新春和歌山県出身国会議員座談会(毎年1月第1or第2土曜日 13:30 - 15:30)
  • 和歌山けいりん・和歌山グランプリ実況中継(毎年1月中旬、準決勝・決勝を中継)
  • 和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝実況中継(毎年2月中旬)
  • 春の交通安全キャンペーン〜いのち輝け〜(毎年4月上旬)
  • wbsラジオまつり(毎年11月23日)
  • ラジオのチカラ(年数回、防災特別番組)

過去の番組[編集]

  • 紀州路ネットワーク(月 - 金 15:00 - 18:30)☆
  • 北尾博伸のラジまるワイド(1999年1月? - 2004年4月16日)
  • 髭ちゃんのはっぴーもーにんぐ
  • 和歌山日本一物語
  • 小田川和彦のおーい青春リクエスト
  • ラジオDE元気(和歌山版)
  • ふれあい電リクふるさと縦断
日曜昼12時から最長16時55分まで放送していたことがあった伝説の番組。阪和自動車道和歌山インターチェンジ近くの『インターボウル』(ボウリング場)から公開生放送していたが、それまでは本社社屋に隣接する和歌山放送ハウジングプラザや長崎屋和歌山店2階に設置されていたサテライトスタジオより放送していた。
  • サンデーリゾートエクスプレス
1994年の世界リゾート博開催時に和歌山マリーナシティの特設スタジオから生中継を行っていた。

主なネット番組[編集]

2017年7月時点。☆の番組は同時ネット、★の番組は時差ネットで放送。※の番組は、radikoのエリアフリー聴取タイムフリー聴取で配信停止。

火曜日はJRNナイター、水 - 金はNRNナイターをネット。

TBSラジオ制作[編集]

現在放送中の番組
過去にネットしていた番組

その他

文化放送制作[編集]

現在放送中の番組
WBSでは、2013年4月ネット開始[18]
過去にネットしていた番組

その他

ニッポン放送制作[編集]

現在放送中の番組
WBSでは、1981年4月ネット開始。また、1995年9月までは月-金の2部[20]もネットしていた。
過去にネットしていた番組

その他

火曜会制作[編集]

その他番組制作会社制作[編集]

△の番組はスバルプランニング制作。

現在放送中の番組
  • Hot Spice(月曜日 18:45 - 19:00)
  • 岩波理恵のほんきートーク!(土曜日 5:00 - 5:30)
  • アグネスのサニーサイドUP!(土曜日 6:00 - 6:15)△
  • みやちゃん・アツシの南米便り(土曜日 7:00 - 7:15)
  • 岩本公水 星の語りべ(土曜日 7:30 - 8:00)
  • 田川寿美「一期一会」(土曜日 19:00 - 19:15)△[25]
  • 城之内早苗のハートフルダイアリー(土曜日 21:00 - 21:30)
  • 柏原芳恵のJumpin' Music(土曜日 21:30 - 22:00)△
  • マイハートフルSONG(日曜日 5:00 - 5:30)△
  • 歌謡ナビゲーション(日曜日 22:30 - 23:00)
過去にネットしていた番組

その他

宗教番組[編集]

現在放送中の番組
過去にネットしていた番組

パーソナリティ[編集]

アナウンサー[編集]

氏名 主な担当番組 出身 備考
平井理弘 『賀川けい子のファッショナブルナイト』 大阪府 報道制作局長兼任
高知放送から移籍
髭白卓道 『ぼくたちのODO』 和歌山県 ディレクター兼任
北尾博伸 『グッディ!(火 - 金)』『痛快! アニメジオ』 大阪府 ディレクター兼任
寺門秀介 『wbsニュース5(月 - 木)』 東京都 報道記者兼任
田辺支局から転任
赤井ゆかり 契約アナウンサー
『ボックス(月・金)』『ウインズ平阪の紀州和歌山へ!』
和歌山県
中川智美 『ボックス(火 - 木)』『つながるワイド(金)』 大阪府生まれの兵庫県育ち
覚道沙恵子 『wbsニュース5』『サタデーニュース&スポーツ』 兵庫県宝塚市 報道記者兼任

パーソナリティ[編集]

☆は元アナウンサー[26]

和歌山放送専属契約

(本社)

  • 小田川和彦(東京都出身)☆
  • 野々村邦夫☆
  • Cherry(大阪府阪南市出身、ディレクター兼任)
  • 鶴岡早苗
  • 南くるみ(和歌山県御坊市出身)
  • 峪仁美(さこひとみ)


(田辺支局)

  • 小林睦郎(兵庫県出身)☆[27]
  • 野久保栄美
  • 山下博美(きよちゃん[28]・和歌山県田辺市出身)


(新宮支局)

  • 柿白享子(三重県出身)
  • 尾崎さとみ(和歌山県出身)
  • 引本孝之(和歌山県新宮市出身・気象予報士


出演番組ごとの個別契約

特に出演頻度の高い出演者を中心に記載。

元アナウンサー[編集]

男性
女性

備考[編集]

  • 和歌山県は、テレビは在阪準キー局4社(MBSテレビABCテレビ関西テレビ読売テレビ)のサービスエリアであり中継局も多く設置されている。しかし、AMラジオは在阪民放3社(ABCラジオMBSラジオ、ラジオ大阪)のサービスエリアであるにもかかわらず、中継局が存在しない。また県域FM局(NHKとFM補完放送除く)もないため、県内の中部・南部地域では、紀伊水道を挟んだ四国放送のみ聴取可能という地域が多い。
    • また、大阪府南部(特に泉南地域)でも受信しやすいことから、かつては泉南地区(オークワスカイシティ泉南店)にもサテライトスタジオを設けていた時期があり、現在でも泉南地区の情報を伝えたり、泉南地区の企業のCMが流れることがある。反面、2011年からwbsの送信が開始されたradikoは、大阪府内での聴取ができない。(2014年からradikoプレミアムで聴取可)
  • 和歌山県内を中心にチェーン展開するスーパーオークワとは密接な関係を持っている。番組内でお買い得情報などを流したり、1990年代においては、大型店舗が開店すると店舗内にサテライトスタジオを設け、番組を流していた。
  • 24時間放送を導入する以前、放送終了アナウンスにおいて「受験生の皆さん。このあとも、健康に気をつけて、勉強に取り組みましょう」という、大学受験生に向けてのメッセージを盛り込んでいた時期があった。この当時(1980年代初頭まで)は、旺文社協賛・『大学受験ラジオ講座』が、毎日の最終番組として深夜0時30分から放送し、同1時30分に当日の全ての放送を終了していた(当時の放送終了アナウンスは、エコーがかかった女性の声。またアナウンス後には、ロバート・マクスウェル楽団の『引き潮』[29]がBGMとして流れた。
    • 以下のものは、1980年2月11日放送のアナウンスメント。
和歌山放送です。これで本日の放送は全部終了しました。このあと5時半までしばらくお休みいただきます。受験生の皆さん(ここは呼びかける口調で)、このあとも健康に気をつけて勉強に取り組みましょう。J・O・V・F、和歌山放送です。和歌山放送局、1431kHz、5kW。田辺白浜放送局、1062kHz、100W。新宮放送局、1557kHz、100W。串本放送局、1431kHz、100W。橋本放送局、1485kHz、100W、以上5局を結んでお送りいたしました。

脚注[編集]

  1. ^ 1979年秋の本社移転まで
  2. ^ a b 和歌山放送公式サイトでの説明より
  3. ^ 『日本民間放送年鑑2011』 - 日本民間放送連盟編(2011年) 444頁
  4. ^ a b 株式会社和歌山放送のFM補完中継局に予備免許《和歌山市内及び周辺部のラジオ受信環境を改善》 総務省近畿総合通信局
  5. ^ a b 株式会社和歌山放送のFM補完中継局に予備免許-御坊・田辺地域のラジオ受信環境を改善- 総務省近畿総合通信局
  6. ^ a b c d 和歌山放送FM「wbs FM94.2」
  7. ^ a b 株式会社和歌山放送のFM補完中継局に予備免許-新宮・九度山・串本地域のラジオ受信環境を改善-総務省近畿総合通信局
  8. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、381頁。
  9. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑'78』 洋文社、1978年12月、256頁。
  10. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、365頁。
  11. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、388頁。
  12. ^ 聴取エリアの図
  13. ^ ラジオ・チャリティー・ミュージックソン放送日
  14. ^ かつてのペアシティ新宮店
  15. ^ 朝からつれもての前身
  16. ^ 当時は月-金の16:25-16:40に放送していた
  17. ^ この期間は、和歌山本局・橋本局・高野山局エリアのみで放送
  18. ^ 開始当初は10:40 - 10:50に放送していた
  19. ^ タイムフリー聴取開始前の2016年10月10日までは、エリアフリー聴取でも配信を行っていた。
  20. ^ 現在の『オールナイトニッポン0(ZERO)』枠に相当(ただし、WBSでは『オールナイトニッポン0』本編をネットしていない)
  21. ^ WBSでは、土曜11:20-11:40に放送していた
  22. ^ 志村けんの美女対談』として放送
  23. ^ WBSでは、土曜7:00-7:10に放送していた(2014年3月の番組終了時点)
  24. ^ 2017年4月現在は、ネットセールスCMのみ平日11時台の番組間で放送。
  25. ^ 田川が和歌山市出身という事もあり、放送開始前にはwbs向けの番宣CMが放送された。
  26. ^ 小田川・野々村は、現在も放送上アナウンサーの肩書で出演する事がある。
  27. ^ 2016年11月21日より、2017年4月2日までは、本社制作番組のパーソナリティーを兼務。
  28. ^ 「きよちゃん」という名前の由来は、北尾が「吉本新喜劇のお笑い女優森内紀世と似ているから」呼び始めた事による。
  29. ^ 現在栃木放送が毎週日曜付けの終了時=24時に演奏されているものと同じだった。2016年でもWBSは同曲を使用しているが、演奏者は変更されている。

外部リンク[編集]