牧太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

牧 太郎(まき たろう、1944年10月10日 - )は日本の新聞記者、ジャーナリストである。東京都日本橋区(現:中央区)出身で毎日新聞社編集委員。

人物[編集]

毎日新聞に入社、記者として活動。社会部、政治部を経てサンデー毎日編集長に就任後は宇野宗佑首相の女性スキャンダルや、オウム真理教の問題を取り上げるなど活躍するも脳卒中を患い、半身麻痺、失語症を経験。療養後、編集委員として復帰。以降、毎日新聞をはじめ雑誌など連載を多数抱える。

競馬への造詣が深く、日本中央競馬会の審議委員も務めている。また、個人でブログ・「二代目・日本魁新聞社」を2000年7月から運営している。

来歴[編集]

プロフィールページより抜粋

出演番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

連載[編集]

著書[編集]

  • 『社会部記者が見た芸能界裏の裏』毎日新聞社 1978
  • 『小説土光臨調 「行革維新」で闘う男たちの攻防』ビジネス社 1982 「小説土光臨調 中曽根政権への道」角川文庫
  • 『小説新自由クラブ』角川文庫 1986
  • 『永田町の上流家族 政界と財界を結ぶ"血の絆"とは』竜興社 1987
  • 『中曽根政権・一八〇六日』行研出版局 1988
  • 『中曽根とは何だったのか』(草思社 1988)
  • 『「サンデー毎日」編集長日記 東京・竹橋発午前1時の深夜便』三一新書 1992
  • 『新聞記者で死にたい 障害は「個性」だ』中公新書 1998 「新聞記者で死にたい オウム事件と闘病の日々」中公文庫
  • 『競馬遊侠伝』小学館文庫 2000
  • 『ここだけの話』(毎日新聞社 2000)
  • 『マスコミ・芸能(ぎょうかい)笑辞典』(学研M文庫 2001)

関連書籍[編集]

  • 『「サンデー毎日」の狂気 牧太郎の野望と崩壊』真理を守る被害者の会編著 オウム 1990

外部リンク[編集]