滝本太郎弁護士サリン襲撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オウム真理教 > オウム真理教事件 > 滝本太郎弁護士サリン襲撃事件

滝本太郎弁護士サリン襲撃事件(たきもとたろうべんごしさりんしゅうげきじけん)とは、1994年5月9日に発生したオウム真理教信者による殺人未遂事件

概要[編集]

この事件の被害者である滝本太郎弁護士は、1989年11月に失踪(後にオウム真理教による殺害と判明)した坂本堤弁護士に代わり、オウム真理教被害者対策弁護団の中心人物として教団に対する訴訟を行う傍ら、信者に対するカウンセリングを行っていた。滝本は「空中浮揚なら自分でもできる」と、自ら空中浮揚した写真を信者に見せていた。写真は滝本が自宅の和室で蓮華座を組み、ジャンプしているのを妻が這いつくばって撮影した。彼が手がけた信者は、ほとんど全員が脱会した。

麻原彰晃は、これに危機感を抱き、滝本をサリンで殺害するよう指示した。遠藤誠一中川智正は、アンモニアを使って実験を行い、車のフロントガラスにかけるのが効果的であると報告した。

1994年5月9日、甲府地方裁判所で行われた上九一色村住人とオウム真理教の民事訴訟で住人側からは滝本が、オウム真理教からは青山吉伸が出廷した。法廷が開廷している間、裁判所駐車場駐車していた滝本の車のフロントガラスに、麻原の愛人のマハームドラー・ダーキニー(犯行当時17歳、1996年2月に逮捕され、東京家庭裁判所に送致。殺意が認定されず不処分)と富永昌宏がサリン約30ccを噴霧した。

滝本太郎は若干視力が弱まるなどの被害を受けたが命に別状はなかった。もともと視力はあまり良くなくメガネを着用していたため、一連のオウム真理教事件が発覚するまで、気が付かなかったという。

その後も1994年10月デパートで購入したポマードと混ぜたVXガスを車のドアノブに2回塗布されたが手袋をはめていたので吸収されず害はなかった。

4度目の殺害計画はオウムから脱会脱走した両親の施設に取り残されていた子供(2歳)の脱会交渉(林郁夫、オウム担当弁護士との)が行われた富士宮市の旅館でボツリヌス菌が塗られたコップでジュースを飲んだが、ボツリヌス菌が上手く培養出来ていなかったため健康被害はなかった。

奇跡的と言われているが、滝本は最初からオウム信者を信用しておらず、坂本弁護士の失踪にオウムが関わっていると勘付いており、オウム信者やその家族と接する際には常に使い捨ての手袋やマスクを着用したり、出された食べ物には手をつけなかったり、飲んでも一口程度であり、自己防衛を怠っていなかった。

なお、滝本弁護士の家族は全国各地に分かれて避難しており、被害を受けることは無かった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]