降幡賢一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

降幡 賢一(ふりはた けんいち、1945年昭和20年)- )は、日本の元新聞記者

来歴[編集]

長野県下諏訪町出身。諏訪清陵高校東洋大学社会学部を経て東京大学新聞研究所中退。1969年朝日新聞社に入社。2010年に退社後、日本エッセイスト・クラブ理事、東京経済大学講師を務めた[1]

1995年オウム真理教事件以来、オウム事件関連裁判を長期に渡って傍聴し続け、『オウム法廷』シリーズとして連載・発表した。

新実智光は降幡を意識した発言をしたことがある[2]

著作[編集]

  • 『あすは―データコラム 人と本365日』朝日新聞 1993年
  • 『オウム裁判と日本人』平凡社 2000年
  • 『ターコイスブルー』文芸社 2009年

『オウム法廷』シリーズ[編集]

朝日文庫より出版。

  • 『オウム法廷1 グルのしもべたち(上)』 1998年
  • 『オウム法廷1 グルのしもべたち(下)』 1998年
  • 『オウム法廷2 グルvs信徒(上)』 1998年
  • 『オウム法廷2 グルvs信徒(下)』 1998年
  • 『オウム法廷3 治療省大臣林郁夫』 1998年
  • 『オウム法廷4 松本智津夫の意見陳述』 1999年
  • 『オウム法廷5 ウソつきは誰か?』 2000年
  • 『オウム法廷6 被告人を死刑に処する』 2000年
  • 『オウム法廷7 「女帝」石井久子』 2001年
  • 『オウム法廷8 無差別テロの源流』 2002年
  • 『オウム法廷9 諜報省長官井上嘉浩』 2002年
  • 『オウム法廷10 地下鉄サリンの実行犯たち』 2002年
  • 『オウム法廷11 坂本弁護士襲撃犯』 2003年
  • 『オウム法廷12 サリンをつくった男たち』 2003年
  • 『オウム法廷13 極刑』 2004年

脚注[編集]

  1. ^ 学生寮 長善館 - 公益財団法人諏訪郷友会
  2. ^ 降幡『オウム法廷12』