東京都庁小包爆弾事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オウム真理教 > オウム真理教事件 > 東京都庁小包爆弾事件

東京都庁小包爆弾事件(とうきょうとちょうこづつみばくだんじけん)とは、1995年5月16日に発生したテロ事件。オウム真理教東京都知事青島幸男宛に小包爆弾を送り、東京都新宿区東京都庁舎内で爆発させ都職員に重傷を負わせた殺人未遂事件[1]である。

犯行[編集]

1995年5月16日午後7時頃、都庁の知事秘書室で、当時44歳の東京都職員の男性が青島幸男知事宛の小包の梱包を開封し、中に入っていた単行本を開いたところ、突然本が爆発した。都職員の男性は左手の指全てと、右手の親指が吹き飛ぶ重傷を負った[2]

小包の中には、中心部分をくりぬいた単行本(タイトルは『日本復興』)が入っており、その中にRDXという爆薬を詰め、開封と同時に爆発する仕組みになっていた[3]

犯人・動機[編集]

麻原彰晃から「石油コンビナートを破壊するなどのテロを起こして捜査を攪乱しろ」と指示を受けた井上嘉浩らが計画したが、麻原の都庁への爆弾送付について指示や同意が確認できなかったため、裁判では井上が首謀者とされた。犯行に関与したのは井上のほか八王子アジトに潜伏していた中川智正富永昌宏豊田亨高橋克也であった(加えて菊地直子も指名手配されていた)。警察の捜査の撹乱、麻原彰晃の逮捕を防ぐために実行されたものだが最終的に麻原は同日に逮捕された。

爆薬は中川と豊田が、起爆装置は高橋が製造し、富永が5月11日に新宿区内から投函した。宛先は東京都知事公館であったが、青島知事が入居前であったため、郵便物はすべて都庁に転送されていた[3]

青島知事を狙ったのは、オウム真理教の宗教法人の所轄庁が東京都で(1989年8月25日認可)、宗教法人法による解散請求問題が浮上していたからである。また、世界都市博覧会の中止(事件時点では中止は未確定)に対する嫌がらせと勘違いして捜査が混乱するように、差出人を都市博中止反対派の都議会議員の名前としていた[3]

この事件を最後に日本国内においてオウム真理教による凶悪なテロ事件は発生していない(ただし、シガチョフ事件などロシア信者によるテロ計画準備が存在している)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クローズアップ2012:オウム平田容疑者逮捕 ちらつく支援者の影”. 毎日新聞 (2012年1月3日). 2012年6月4日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 読売新聞 2012年6月5日 朝刊35面より
  3. ^ a b c 降幡賢一『オウム法廷2 上』 p.64-67