オウム真理教被害者の会会長VX襲撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オウム真理教 > オウム真理教事件 > オウム真理教被害者の会会長VX襲撃事件

オウム真理教被害者の会会長VX襲撃事件(オウムしんりきょうひがいしゃのかいかいちょうVXしゅうげきじけん)とは、1995年1月4日東京都港区で発生したオウム真理教信者による殺人未遂事件

概要[編集]

この事件の被害者永岡弘行(当時56歳)は、長男がオウム真理教に出家して以来、出家信者の親によって結成された「オウム真理教被害者の会」の会長を務め、長男の脱会後も引き続き活動を継続していたため、教団にとっては、殺害された坂本堤弁護士に次ぐ敵対的人物であった。そこで麻原彰晃は、会長か長男のどちらかをVXガスで殺害するよう指示した。

1994年12月31日より、会長宅を見張り始めた。他のVX事件では実行の補助役は新実智光であったが、会長に顔が知られていたため[1]、1995年1月4日午前10時30分、会長が自宅から出て来ると、山形明高橋克也が後を追い、VXガスの溶液を会長の後頭部にかけた。会長は気づかずに自宅に戻ったところ、痙攣などを起こし容態が急変したため、ただちに慶應義塾大学病院に搬送された。幸いにも69日間の治療により一命はとりとめた。

滝本太郎によれば、警視庁は当初この事件を「スミチオンによる自殺未遂」と判断していた[2]。この事件の真相は、翌1995年にオウム真理教が強制捜査された後の実行犯らの供述により、駐車場経営者VX襲撃事件及び会社員VX殺害事件と共に判明した。

脚注[編集]

  1. ^ オウム高橋被告:VX襲撃に理解新実死刑囚が証言毎日新聞 2015年01月23日
  2. ^ 「オウム公判終結 あの時…(第2回)」、毎日新聞2011年11月23日朝刊。

参考文献[編集]

  • 『オウム法廷2 上』(朝日新聞社 1998年)

関連項目[編集]