長谷川茂之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川 茂之
教団での役職 自治省
関係した事件 サリンプラント建設事件
判決 懲役1年6ヶ月

長谷川 茂之(はせがわ しげき)は、日本の宗教団体オウム真理教の元信者。サリン原材料購入のダミー会社の社長を務めた。省庁制導入後は自治省に所属[1]

経歴[編集]

神戸学院大学薬学部卒業後、化学会社を9か月で退職して[2]1993年春に出家[3]新実智光の指示で、薬品を購入するため「長谷川ケミカル」(1993年4月2日設立、新宿区)、「ベル・エポック」(1993年8月4日設立、静岡市)等、複数のダミー会社の社長となる[4][5]。教団のサリン製造は1993年夏に土谷正実から聞かされ知った[1]

ダミー会社はサリン原材料をトン単位で買っていたほか、他にも爆薬ニトログリセリンの原材料であるグリセリンを「カマボコ製造に使う」として相場より高い額で72トンほど大量購入していた[6][7]

1995年1月、オウムが何か大きな犯罪を起こしそうだと感じ、自殺用に青酸ナトリウムを持ち出し教団から逃亡[1]

1995年4月24日グリセリン保有による消防法違反で静岡県警に逮捕される。逮捕当初は黙秘していたが後に自供[8]グリセリン42020リットルとサリン原料貯蔵により殺人予備罪で起訴され懲役1年6ヶ月の判決を受けた[6][9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「長谷川被告 大きな犯罪察知し逃走」 産経新聞 1995年12月14日朝刊
  2. ^ NHKスペシャル「オウム真理教暴走の軌跡」1995年5月17日放送
  3. ^ 東京キララ社編集部『オウム真理教大辞典』 p.108
  4. ^ 「新実容疑者 サリン原材料調達責任者?」 読売新聞 1995年4月28日朝刊
  5. ^ 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち上』 p.111-116
  6. ^ a b 「オウム殺人予備罪初公判 原被告ら起訴事実認める」 読売新聞 1995年12月5日夕刊
  7. ^ 「日本有名企業の関与度 オウム真理教のサリン製造」AERA 1996年4月29日
  8. ^ 「逮捕のオウム幹部 長谷川容疑者 黙秘続ける」 静岡新聞 1995年4月25日朝刊
  9. ^ 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち下』 p.224

関連項目[編集]