ピアニスト監禁事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オウム真理教 > オウム真理教事件 > ピアニスト監禁事件

ピアニスト監禁事件(ピアニストかんきんじけん)とは、女性ピアニストが1994年12月10日から1995年3月22日までの約3ヶ月間、オウム真理教によって監禁された事件[1]

概要[編集]

被害者の女性ピアニスト(当時23歳)は、1992年6月に入信した教団横浜支部の在家信徒であったが、中学時代の友人に誘われて山梨県上九一色村の第6サティアンに来た。そこで出家を強要されたため、同月27日に施設から逃亡を図ったところ、教団治療省の医師看護師に捕まりサティアンの独房に監禁された[2]

1995年1月12日に再度脱走を図り暴れたため、チオペンタールナトリウムを投与されコンテナに監禁されることになった[3]

3月22日、オウム真理教に対する強制捜査の際に、移動先の第10サティアンで捜索に当たっていた警察官に保護を求め救出されることになった[4]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐木1996、14頁-16頁。
  2. ^ 佐木1996、14頁。
  3. ^ 佐木1996、15頁。
  4. ^ 佐木1996、16頁。