サティアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
  1. かつてのサティアン建築群
  2. 現在の富士ヶ嶺公園
画像提供をお願いします。2018年7月

サティアンとは、オウム真理教の宗教施設の名称である。「真理」の意[1]

概要[編集]

オウム真理教の教団拠点があった「富士ケ嶺」(山梨県西八代郡上九一色村、現・南都留郡富士河口湖町)を中心として点在していた。旧上九一色村だけでなく、南都留郡鳴沢村静岡県富士宮市などにも存在した。1989年から建造が始まり、一部ではそこで共同生活をしている、パソコンを組み立てているという程度には認知されていたが、1995年に一連の教団が起こしたサリン事件で一気に注目を集める[2]

富士ケ嶺周辺は最盛期ではサティアンやその他倉庫群、プレハブ小屋などが30棟以上点在しており、事実上の拠点であった[3]。特に有名になったのは、第7サティアンでサリンを大量生産するための施設であり、強制捜査の暁には捜査員がものものしい毒ガス対策装備をした姿で施設に入ってゆく場面がマスメディアを通じて繰り返し報道された[2]

麻原彰晃の逮捕以降、1996年までにサリンプラントがあった第7サティアンを除く全てのサティアンが閉鎖され、取り壊された。また第7サティアンは化学兵器禁止機関の査察対象となったため、1998年12月まで残っていた[4]。「サティアン」の名前はのちに、オウム真理教の経営する店(サティアンショップ)に用いられた。逮捕されるまで、麻原本人は第6サティアンの隠し部屋で生活していた。

オウム撤退後[編集]

一連の捜査後には、オウム真理教に興味がある一部の人の観光名所として注目を集めるが、翌1996年にはサティアンの大半は、捜査のため必要であった第7サティアンを残しすべて取り壊される[2]。「跡地には富士ガリバー王国がオープンした」と一般には言われるが、実際はサティアン(第6サティアン)から約3km程離れている[3]

1997年にオープンしたテーマパークにより、教団撤退後の富士ケ嶺地区のイメージアップが期待されていたとされ、隣接地にはゴルフ場富士クラシック)やホテルも建設された[2]。しかし、1999年には運営会社のメインバンク、新潟中央銀行が経営破綻になりその煽りを受けたほか、不況や交通アクセスの悪さ、イメージ払拭が出来なかったことなどが重なり、来場者数は伸び悩み、2001年10月28日、閉館となる。

その後2002年にタカギリゾートにより土地が買収され、のちの2004年8月に愛犬家がと遊ぶための施設『ザ・ドッグラン』としてオープンしたものの、2005年には営業停止、翌2006年にはアーバンコーポレイションが買収、2007年に既存施設はすべて解体され更地となる。そのアーバンコーポレイションも2008年8月13日に経営破綻し、その後清算するなど、跡地は目まぐるしい運命をたどる[2]

なお、「第1上九」(第2・第3・第5サティアンがあった一帯を指す)には、自然公園(富士ヶ嶺公園)が整備されており、一角には、信者リンチ殺人の現場となった犠牲者のため、小さな慰霊碑が建っている[3][2]

サティアン建築の特徴[編集]

多くの建物は信者の手で作っていた[5]。通常、宗教団体の施設は既存建物の流用でない限り、それなりの(時として大げさな)装飾がなされていることが多い。しかし、サティアンはそういった装飾を排した、外見上工場としか思えない無機質かつ質素な建築様式であることが大きな特徴である。映画監督でミニチュア特撮作品も多く撮った山際永三は、信者になぜ倉庫のような建物ばかりなのかを質問したところ、「建物にお金をかけたくなかっただけです。なるべく実用的で、大勢が住めるところが欲しかった」と言われた[6]

また、教団は「毒ガス攻撃を受けている」と主張しており、外界の空気を遮断するためできるだけ窓を小さくしたり、コスモクリーナーに接続しているパイプを縦横に張り巡らすなど、殺風景な雰囲気をかもし出していた。オウム真理教の子供達は、保護された際、屋外で飛行機の音を聞くと毒ガス攻撃を受けているものとして屋内に逃げ込む者たちが大勢いた。

サティアン外部には脱走防止のためサーチライトまであった[7]。サティアン内部には居住施設があるものの、教団は子供達にはほぼノータッチで、サティアンで遊ぶ子供が大勢いたが、「毒ガス攻撃を受けている」と主張されてからは、子供たちは屋内で遊ぶことが多かった(その間、親は修行をする)。なお、この居住施設は、大人用と子供用に分けられることが多い。

居住施設は一般信者は共同の部屋で「蜂の巣ベッド」と呼ばれる設備にすし詰めにされ(PSI (オウム真理教)も参照)、幹部でも2畳程度の独房のような個室しか与えられず、別格の広さが用意された教祖・麻原の個室でさえ、一般的な部屋と比べると飾り気がないものだった[8]

サティアン一覧[編集]

特記が無い限り『オウム真理教大辞典』(東京キララ社編集部編、2003年) p.83-85に基づく。

富士宮市
  • 富士山総本部道場 - ゴキブリが多かった[9]
  • 第1サティアン - 富士山総本部道場の隣。サティアンビルとも。1995年1月頃に「電磁波攻撃を受けている」として鉄板で改造された[10]
  • 第4サティアン - 教団「郵政省」と「MAT(マンガ・アニメ・チーム)」が置かれ、教団のビデオやアニメを製作していた。
第一上九
  • 第2サティアン - 当初は麻原一家の住居で、後に教団「法皇官房」が置かれ、麻原の愛人(ダーキニー)が住むようになった。地下には電動油圧式の蓋がついた秘密地下室があり、土谷正実らが隠れていた[11]。またマイクロウェーブ焼却装置「勝利者」が設置され、死体を焼却し隠蔽する為に使用された。
    • 勝利者 - 第2サティアン地下に設置された、オウム真理教の開発したマイクロウェーブ焼却炉。現在慰霊碑がある辺りにあった[12]冷蔵庫ぐらいの大きさのマイクロ波発生装置(出力は電子レンジの5~10倍)とドラム缶を組み合わせたものである。人間死体を隠蔽するために使用され、3日ほど稼働すると遺体は粉になり、残った骨は硝酸で融解するなどしていた。警察が肉5kgで試したところ、数時間で粉となった[13][14]
  • 第3サティアン - 作業場や物置として使用していた。
  • 第5サティアン - 教団の印刷工場で、教団の印刷物を印刷していた。教団「法務省」も置かれていた。
第二上九
  • 第6サティアン - 一階部分が麻原一家の住居。逮捕当時、麻原彰晃が隠し部屋に隠れていた場所。
  • ヴィクトリー棟 - 第6サティアンに近接。警備担当のサマナが24時間詰めて監視していた。
  • コンテナ - 監禁用コンテナ。多い時は20~30人が収容され自治省の信者が8時間交代で常時監視していた[15]
第三上九
第四上九
第五上九
  • 第9サティアン - 自動小銃部品密造工場。
  • 第11サティアン - 自動小銃量産(予定)工場[19]
第六上九
  • 第10サティアン - 出家信者の子弟の生活の場。自治省系緊急連絡網の配信センターがあり、各拠点に対し「××地方の降水確率は100%です」などと気象予報を装って警察捜査の接近を警報していた(「降水確率」が高いほど捜査が来る可能性が大きい)[20]
  • ジーヴァカ棟(CMI棟) - 遠藤誠一の実験室。生物兵器違法薬物を製造。地下鉄サリン事件で使用されたサリンも製造した[21]。調査を行った捜査員に発疹がでたこともあった[22]
第七上九
  • 倉庫群
富沢町

全国の支部・道場[編集]

1995年4月時点[23]

  • 東京総本部 - 南青山総本部。1995年、村井秀夫刺殺事件が発生。
  • 新東京総本部 - 登記上の主たる事務所。1993年、亀戸異臭事件が発生。
  • 世田谷道場
  • 杉並道場
  • 深谷出張所
  • 札幌支部
  • 仙台支部
  • 水戸支部
  • 高崎支部
  • 船橋支部
  • 横浜支部
  • 藤枝支部
  • 松本支部 - 建設を巡るトラブルが松本サリン事件の一因となった。
  • 名古屋支部
  • 金沢支部
  • 福井支部
  • 京都支部
  • 大阪支部
  • 堺支部
  • 和歌山支部
  • 広島支部
  • 高知支部
  • 福岡支部
  • 那覇支部
  • ニューヨーク支部
  • スリランカ支部
  • ボン支部
  • モスクワ支部

サティアンショップ[編集]

1995年6月以降、各地の支部にサティアンショップが併設されるようになった。ここではオウムソングのカセット、「修行するぞ」Tシャツ、「サティアンクッキー」などのオウムグッズが販売されていた[24][25]

1995年12月時点[25]

  • サティアン札幌
  • サティアン仙台
  • サティアン高崎
  • サティアン船橋
  • サティアン横浜
  • サティアン名古屋
  • サティアン金沢
  • サティアン大阪
  • サティアン広島
  • サティアンHAKATA
  • サティアン那覇

独立施設

非公然拠点[編集]

関連書籍[編集]

  • 江川紹子『オウム真理教裁判傍聴記2』(文芸春秋 1997年)- 巻末に地図、サティアン内部図あり

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京キララ社編集部『オウム真理教大辞典』2003年 p.58
  2. ^ a b c d e f Timesteps サティアンのあった上九一色村はその後どうなったか 2009年09月06日
  3. ^ a b c 山梨日日新聞(2010年03月20日)
  4. ^ 化学・生物兵器の軍縮・不拡散に向けた取り組み 外務省
  5. ^ 早川紀代秀川村邦光『私にとってオウムとは何だったのか』 2005年 p.66
  6. ^ 論評/オウム事件の意味 オウム裁判対策協議会
  7. ^ 江川紹子『救世主の野望』 p.113
  8. ^ 2004年「虚像の神様 ~麻原法廷漫画~ 判決編」 ザ・ノンフィクション
  9. ^ 江川紹子『救世主の野望』 p.104
  10. ^ 降幡賢一『オウム法廷7』 p.50
  11. ^ 佐木隆三『「オウム法廷」連続傍聴記』 p.209
  12. ^ 流動床焼却炉 | 『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記
  13. ^ 朝日新聞 1995年6月10日付夕刊1面、1995年6月15日付夕刊1面
  14. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.73
  15. ^ a b 平成7年刑(わ)894号 平成14年7月29日 東京地方裁判所
  16. ^ オウム裁判対策協議会/サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/1996年2月7日 冒頭陳述(土谷正美)
  17. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.46
  18. ^ 降幡賢一『オウム法廷11』 p.155-158
  19. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録6』 p.221
  20. ^ 朝日新聞 1995年3月9日朝刊
  21. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.63
  22. ^ 「「細菌棟」の捜索中断」 朝日新聞 1995年5月3日
  23. ^ オウム出版『ヴァジラヤーナ・サッチャ no.9』巻末の広告より
  24. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.59
  25. ^ a b オウム『巨聖逝く マンジュシュリー・ミトラ正大師物語』 1995年 p.263
  26. ^ 杉並道場とは別場所
  27. ^ 松本智津夫被告 法廷詳報告 林郁夫被告公判カナリヤの会公式サイト
  28. ^ 『オウム法廷2 下』 p.317
  29. ^ 『オウム法廷2 上』 p.50
  30. ^ 『オウム法廷2 下』 p.134
  31. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.108
  32. ^ 『オウム法廷2 上』 p.56
  33. ^ 活発化する動き オウム真理教 反社会的な本質とその実態( InternetArchive) 警視庁
  34. ^ 【14】「1998年(平成10年)」 オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- ひかりの輪
  35. ^ 田村智『麻原おっさん地獄』 p.163
  36. ^ 福島原発は「サティアン」 自民・石原氏  :日本経済新聞

外部リンク[編集]