滝本太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たきもと たろう
滝本 太郎
生誕 (1957-01-17) 1957年1月17日(64歳)
日本の旗 日本神奈川県大和市
国籍日本の旗 日本
出身校神奈川県立希望ヶ丘高等学校
早稲田大学
職業弁護士
肩書き日本脱カルト協会理事
日本脱カルト協会事務局長

滝本 太郎(たきもと たろう、1957年1月17日 - )は、日本弁護士(登録番号:18596、神奈川県弁護士会所属)。

オウム真理教をはじめカルト問題を数多く手がけており、「日本脱カルト協会(JSCPR)」理事・事務局長、「カナリヤの会」窓口[1]を務める。カルト教団の活動を阻止するため違法な自力救済行為を行っており、脱カルトもカルトも似たより寄ったりという指摘もある。

来歴[編集]

神奈川県大和市生まれ。神奈川県立希望ヶ丘高等学校早稲田大学法学部卒業後、神奈川県職員を経て司法試験に合格、1983年弁護士登録[2]

オウム真理教被害者の会を組織した弁護士仲間の坂本堤から「あぐらみたいな格好で空中浮揚しちゃう宗教がある」と聞かされ、オウム真理教の存在を知る。この時は統一教会関係で宗教問題の面倒さを知っていたため一度は関与を断った[3]。しかし1989年11月坂本堤弁護士一家殺害事件で坂本が「失踪」したのを契機に「オウム真理教被害対策弁護団」に加わり、山梨県上九一色村の住民の代理人を務める等、オウム真理教をめぐる裁判に関わる。1993年からは信者の脱会カウンセリングにも携わるようになった。また、麻原彰晃オカルト雑誌に投稿した空中浮揚と称する写真を自ら再現し、麻原より高く飛んでみせた[1]

そのため、松本サリン事件の1ヶ月余り前の1994年5月9日にオウム側の弁護士青山吉伸らオウム信者により、甲府地方裁判所駐車場において、運転直前の自動車の空気吸入口付近にサリンを散布という手段でポア(殺害)を図られたものの、換気を車内循環にしていたため縮瞳現象だけで済んだ。同年9月にはVX溶剤を自動車のノブにかけられたが、これも手袋を着用していたため難を逃れる。さらには11月、出家信者の2歳直前の子どもを取り戻す交渉中にボツリヌス菌入りジュースを飲まされるが、幸い毒素が生成されておらず一命をとりとめるなど、1994年以来4回もオウム真理教の信者によって命を狙われた(詳細は滝本太郎弁護士サリン襲撃事件を参照)[4][2]

1995年、脱会した元オウム信者のケアの場を設けるため、オウムの脱会者やその支援者らで「カナリヤの会」を結成する[1]

2012年1月1日、17年に渡って逃亡し、前年12月31日に出頭逮捕されたオウム真理教の平田信の私選弁護人に選出されたが、同月11日辞任した。これは平田を犯人蔵匿した容疑で逮捕された女性の弁護人に選出されたため、利益対立を避けたものと説明された。また、同じく長期間逃亡していた菊地直子が逮捕された際、菊地の両親から弁護士に選任された。しかし、その後菊地本人によって、「親に迷惑をかけたくない。国選弁護人を希望する」として、弁護人を解任された[5]

2015年3月31日、横浜弁護士会より戒告処分を受けた。処分理由は、統一教会の信者の医師が開設しようとしていた診療所のカギを、勝手に付けかえ、診療所内に侵入してカルテを持ち出したことについて、これが弁護士法第56条第1項(弁護士としての品位を失う非行)に該当したというものである[6]。この鍵の付け替え、診療所への侵入、カルテの持ち出しについて、ブログには「私として、当時は、何よりも前産婦人科医のカルテが統一協会に流出することを心配しました」[7]と根拠のない妄想を非行の根拠として明らかにしている。この点、統一教会が違法行為をしていると非難してきた法律のプロである弁護士が、統一教会員に対して違法行為をしており、自らをカルト以下に貶める行為としか言えまいと批判されている[8]。この問題で、2015年3月、日本脱カルト協会の理事を辞任するも、2018年3月に再び、理事に就任し、現在に至る。

マスコミ関係者には、「ものすごく横柄で威張り腐った態度」で接すると言われている。しかし、記者は、先生のご機嫌を損ねたら得られる情報が入らなくなると考え、横柄な態度をされても知らん顔してやり過ごすしかない。

2003年頃、日本脱カルト研究会(当時)の会合の2次会で、滝本氏を含めた会員が飲食店に出かけ、そこで滝本氏はチークダンスを踊った女性会員の身体に執拗に触ったとして、その女性会員がセクハラ行為を訴えたことがある。脱カルト研究会は、調査委員会を設置し、女性会員が訴える事実はあるもののセクハラにはあたらないという調査結果を被害者女性に伝えている。しかし、なぜか調査結果を記したペーパーは回収され、メールリングリストも廃止された。その後、日本脱カルト研究会は、日本脱カルト協会に名称を変更し、活動を再開させた。

主張[編集]

死刑制度
元々死刑廃止に明確な態度を示していなかった[9]が、友人の弁護士だった坂本堤がオウム真理教信者に殺害された事件をきっかけに死刑制度を容認する立場に転じた。
ただしオウム真理教事件に関しては、麻原以外の死刑囚の死刑執行には反対していた。坂本弁護士事件の実行犯の一人である中川智正裁判に出廷した際には「何万カルパ経っても許さないが(中川を)死刑にしたいとは思わない」と語った[10]が、麻原については説法を引用し「死刑を望みます。人は死ぬ、必ず死ぬ、絶対死ぬ、死は避けられない。だからこそ刑罰の行使として死刑を望みます」と述べている[11]
奇跡の詩人問題
2002年放送のNHKスペシャル「奇跡の詩人」を批判、『 異議あり!「奇跡の詩人」 』という本も出版した。そのためNHKの出演禁止ブラックリストに載っているという[12]
日の丸9条の会
2015年9月、「日の丸9条の会」結成[13]。ほかの弁護士たちからは“日本の国旗日本国憲法第9条は相容れない”と批判されている[14][15]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 滝本太郎|カルト問題についての講師斡旋”. 2016年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月26日閲覧。
  2. ^ a b 理事メンバー|日本脱カルト協会”. 2016年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月26日閲覧。
  3. ^ 江川紹子 『全真相 坂本弁護士一家拉致・殺害事件』  文藝春秋、1997年4月、p.228。
  4. ^ 2012年11月1日放送『解禁!暴露ナイト
  5. ^ “滝本太郎弁護士を解任 「親に迷惑かけたくない」と国選希望”. 産経新聞. (2012年6月9日). オリジナルの2012年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/zP3F 
  6. ^ 滝本理事の辞任につきまして”. 日本脱カルト協会. 2016年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月26日閲覧。
  7. ^ 私の戒告処分について。 | 『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記” (日本語). 『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記. 2015年4月25日閲覧。
  8. ^ 秀のブログ 滝本太郎弁護士 「日本脱カルト協会」理事辞任は「非行」が理由?”. hydenoshikou.kakuren-bo.com. 2015年5月15日閲覧。
  9. ^ 死刑制度と滝本-ウィキの間違い”. 滝本太郎. 2018年10月26日閲覧。
  10. ^ 降幡賢一 『オウム法廷 5 (ウソつきは誰か?)』 朝日新聞社〈朝日文庫〉、2000年2月、p.121。
  11. ^ 降幡賢一 『オウム法廷 13 (極刑)』 朝日新聞社〈朝日文庫〉、2004年4月、p.326。
  12. ^ 「滝本太郎=NHKではブラックリスト」”. 滝本太郎. 2018年10月26日閲覧。
  13. ^ 「日の丸9条の会」よびかけ”. 滝本太郎. 2018年10月26日閲覧。
  14. ^ 「日の丸九条の会」の不快”. 澤藤統一郎. 2018年10月26日閲覧。
  15. ^ 「日の丸9条の会」って何だ?”. 金原徹雄. 2018年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]