文亨進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文 亨進(ぶんひょんじん、朝鮮語: 문형진、ムン・ヒョンジン、英語: Moon Hyung-jin1979年9月26日 - )は韓国の宗教家。世界基督教統一神霊協会(統一教会)の教祖、文鮮明韓鶴子の7男。

統一教会の文鮮明と韓鶴子は14人の子供を持ったが、息子の中では末っ子である。事業など様々な面に携わる他の兄弟とは異なり、父親の後を引き継ぎ、唯一信徒を指導する牧会者として活動してきた[1]ハーバード大学で哲学と神学を学ぶ、とされていたが後に学歴詐称が発覚。在学していたと自称していた学生時代には仏教に傾倒し、髪を剃り僧服を着用していた[2][1]。超宗教的な活動にも積極的で、チベット仏教の最高指導者、ダライラマ、韓国最大の仏教宗派、曹渓宗(チョゲチョン)の前総務院長である法藏(ポブジャン)など面会している[1]。 18歳で結婚し、5人の子供がいる。

2008年4月、統一教会の公式発表により宗教分野の後継者とされた[3]

来歴[編集]

  • 1979年
9月26日 文鮮明と韓鶴子の7男としてアメリカ ニューヨーク州ウェストチェスターで誕生[4][5]
9月6日 父、文鮮明から祝福を受ける(結婚)[5]
7月 非営利教育諮問機関「ターニングポイント・ オブ・ライフ(Turning Point of Life)」を設立[4]
2006年まで、イタリアローマインドダラムサラ)、中国台湾日本フィリピンなどの宗教聖地を訪問[4]
8月~1月 米国、統一神学校(UTS)で5回にかけて「天和堂修錬」と題する修練回を指導[4]
6月 ハーバード神学大学院(比較宗教学専攻)卒業(※アイビーリーグのいわゆるハーバード大学とは異なる)。
9月11日~2007年1月12日 清心神学大学院大学で「天一国民修錬会」と題する修練回を指導[4]
1月19日 「天一教育院」を設立[4]
来日し、妻と共に統一教会の11地区(鹿児島、宮崎、熊本、大分、沖縄)を訪問。8月27日から31日までは7地区(兵庫、岡山、鳥取)を訪問[1]
8月5日 韓国ソウル麻浦(マポ)教会長に就任し、同年11月25日まで、礼拝を担当する[4]
12月1日 韓国ソウル本部教会長に就任し、礼拝を担当する[4][5]
2月26日 早稲田大学訪問
2月28日 新宿教会訪問
5月30日 杉並教会訪問
6月30日 狭山公園訪問
7月2日  浅草訪問
10月23日 下関港訪問
韓国の雑誌『ヘッドラインニュース(Headline News)』1月号で紹介され、表紙を飾る。
4月18日 「世界平和統一家庭連合」世界会長と韓国会長に就任。韓国・清平にある天正宮博物館で離・就任式が行われた[5]
韓国の月刊誌プレジデント』8月号にインタビューが掲載され、表紙を飾る。
4月 統一運動における宗教分野については7男の亨進が後継者になると公表された[3]
7月6日/10月12日 太平聖代神文明平和祝福結婚式で主礼を努める。
6月24日~26日 愛知訪問
10月7日 日本統一教会創立50周年記念で講話

著書[編集]

関連項目[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

lovintp twitter