日韓トンネル研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日韓トンネル研究会(にっかんとんねるけんきゅうかい)は、日本特定非営利活動法人世界基督教統一神霊協会(統一教会・統一協会)系グループ事業の一環である。

概要[編集]

統一教会のサイトによれば、1981年11月、韓国ソウルで開催された統一教会系のイベントである第10回「科学の統一に関する国際会議」に出席し、
文鮮明師の希望を聞いた西堀栄三郎が、提唱されていた日韓トンネル構想を日本に持ち帰り[1]、1983年5月に松下正寿佐々木忠義、西堀、佐々保雄らによって設立された。

過去に公式サイトに「文鮮明師が提唱した日韓トンネルを推進するNPO法人」との記載があった[2]
また統一教会公式サイトの文鮮明のページでは「統一教会系グループ事業」として「日韓トンネル研究会」も挙げられている[3]


2003年、党外交調査会(会長:中山太郎)が日韓海底トンネル構想について調査。
ドーバー海峡トンネルに携わった宇賀克夫、日韓トンネル研究会の高橋彦治濱建介、の三氏にヒアリングを行う。三氏は日韓海底トンネルは「技術的には実現可能」との見解を示した。
自民党夢実現21世紀会議内の「国づくりの夢実現検討委員会(委員長:木村太郎)」が3月に国民から募集した「夢」を下に日韓トンネルについての政策提言を発表していた。
それにより同委員会と党外交調査会の連携で今後の検討を重ねることになった[4]。その後の経緯は不明。


森喜朗盧泰愚金大中盧武鉉ら日韓のそれぞれの首脳経験者も協力していた[5]


2008年、超党派の国会議員による「日韓海底トンネル推進議員連盟(代表:衛藤征士郎)」が発足した。[6]

会長(1992年当時)[編集]

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

副会長(1992年当時)[編集]

  • 金山政英(元駐大韓民国日本大使)
  • 瀧山養(元(社)海外鉄道技術協力協会理事長)

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

顧問(1992年当時)[編集]

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

参与(1992年当時)[編集]

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

理事長(1992年当時)[編集]

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

常任理事(1992年当時)[編集]

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

理事(1992年当時)[編集]

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

監事(1992年当時)[編集]

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

事務局長 次長(1992年当時)[編集]

  • 稲田昭俊  
  • 平野敦士
  • 前川和弥

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

九州支部(1992年当時)[編集]

  • 九州支部支部長

  高田源清(九州大学名誉教授)

  • 九州支部副支部長

  兼重修(熊本大学名誉教授)坂上務(九州大学名誉教授)中冨正義(久光製薬(株)会長)山崎達雄(九州大学名誉教授)

  • 九州支部顧問

  山崎拓(衆議院議員)太田誠一(衆議院議員)古河誠(衆議院議員)麻生太郎(衆議院議員)自見庄三郎(衆議院議員)三原朝彦(衆議院議員)古賀一成(衆議院議員)

  愛野興一郎(衆議院議員)坂井隆憲(衆議院議員)倉成正(衆議院議議員)久間章生(衆議院議員)金子原二郎(衆議院議員)虎島和夫(衆議院議員)光武顕(衆議院議員)

  髙木義明(衆議院議員)初村滝一郎(参議院議員)合馬敬(参議院議員)三原朝雄(元衆議院議員)松田九郎(前衆議院議員)小渕正義(前衆議院議員)北橋健次(前衆議院議員)
  遠藤政夫(前参議院議員)宮島滉(前参議院議員)

  • 九州支部参与

  織田喜内(祐徳薬品工業(株)代表取締役 )黒木一夫((株)寿工務店会長 )田口昭二(平戸商工会議所会頭 )田代信雄(元西日本技術開発(株)相談役)親宮松比古(福岡県議会議員 )

  浜中茂足(福岡県議会議員) 原田薫(長崎県議会議員(壱岐分会会長) )古藤恒彦(長崎県議会議員(対馬) )吉見信喜(長崎県議会議員(対馬) )松尾武彦(前長崎県議会議員 )
  前間重幸(前長崎県議会議員(対馬))早田俊之助(前長崎県議会議員(対馬) )真崎寅二郎( 元貝島炭鉱(株)管財人 )松尾千秋 (弁護士 )山口正次(元伊万里市市長 )

  下條昭五(壱岐・勝本町町長 )大皿川恵(壱岐・芦辺町町長 )山口銀矢(壱岐・石田町町長 )渋村寛( 壱岐・郷ノ浦町町長 )原田保吉(対馬・厳原町町長 )

  松村良幸(対馬・美津島町町長 )長郷哲夫(対馬・豊玉町町長 )古里正四(対馬・上対馬町町長 )安藤茂喜(対馬・峰町町町長 )竹森清(対馬・上県町町長 )

  • 九州支部理事 

  相原安津夫(九州大学教授)石堂稔(九州産業大学教授)伊東尚美(日本地研(株)社長 )大内和臣(西南学院大学教授)鎌田泰彦(長崎大学教授 )唐木田芳文(西南学院大学教授)

  近藤満雄(九州産業大学教授 )白水伊久雄( サニーホワイト(有)代表取締役 )高橋清( 長崎大学教授 )藤橋健次(国際ハイウェイ建設事業団唐津事務所所長)
  三山忠(元自由民主党長崎県連総務 )武藤正行(国士舘大学客員教授 )森多三郎(久留米市議会議員 )山内豊聡(九州大学名誉教授 )桧垣松夫(福岡教育大学名誉教授 )

  宮原昭二郎(長崎大学教授 )林田秀文(九州東海大学教授 )清崎義春((株)十八測量設計取締役 )樗木武(九州大学教授 )栗須正澄(長崎大学名誉教授 )

  国分節雄(福岡市議会議員 )水上信照((株)東亜コンサルタント技師長 )

  • 九州支部監事 

  大橋三郎(福岡県民教育協議会会長)谷本二郎(弁護士)

  • 九州支部事務局長 

  末永 真一

出典:「日韓トンネルプロジェクト—ネオ・シルクロードの起点から」国際ハイウェイ建設事業団著(1993年発行) ISBN 978-4882010517

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]