佐々保雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々保雄
生誕 1907年3月22日
日本の旗 日本 北海道 札幌市
死没 (2003-05-16) 2003年5月16日(96歳没)

佐々 保雄(ささ やすお、1907年3月22日 - 2003年5月16日)は、日本の地質学者登山家北海道大学名誉教授日韓トンネル研究会名誉会長も務めた。北海道札幌市出身。父は函館高等水産学校校長を務めた佐々茂雄

化石燃料などの資源開発に関する調査・立案や、青函トンネル建設の際の調査に携わった。

経歴[編集]

  • 1907年3月22日、北海道札幌市に生まれる。
  • 1930年3月、東京帝国大学理学部地質学科を卒業、5月、北海道帝国大学理学部助手になる。
  • 1934年11月、助教授になる。
  • 1944年1月、北海道帝国大学から理学博士の学位を授与される。「北日本新生代層の層位学的研究」。
  • 1945年7月、教授になり、理学部地質学鉱物学科石油地質学講座を担当した。
  • 1953年4月、同大学大学院理学研究科を担当する。
  • 1970年3月、定年により退職、5月、北海道大学名誉教授となる。
  • 1978年4月、勲三等旭日中綬章を受章する。
  • 1982年、日本山岳会会長に就任する。
  • 1983年、日韓トンネル研究会会長に就任する。
  • 1999年9月17日、北海道功労賞を受賞する。
  • 2000年、日韓トンネル研究会会長を退任し、名誉会長となる。
  • 2003年5月16日午後7時22分、病院で敗血症のため死去、96歳没。

外部リンク[編集]