久保木修己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久保木 修己(くぼき おさみ、1931年2月3日 - 1998年12月13日)は、日本の宗教家世界基督教統一神霊協会(統一教会)の日本の初代会長。国際勝共連合の日本の初代会長でもある。国際文化財団理事長、アジアサファリクラブ会長、国際友好釣連盟会長、北米極真空手会長、世界日報社会長、世界平和連合会長等を歴任。中華民国中華学術院名誉哲学博士。「久保木亮光(りょうこう)」と名乗っていたこともある[1]

来歴[編集]

2月3日 中華民国(翌1932年から1945年までは満州国)安東県(現:中華人民共和国遼寧省丹東市)で父仙蔵と母よしの長男として誕生。銀行員であった父の転勤とともに満州各地や北京で幼少時代、少年時代を過ごす。
第二次世界大戦終戦にともない引き揚げ。慶應義塾中等部では野球部に所属、甲子園にも出場。
  •  ??年
慶應義塾大学に在学中、立正佼成会に入会、庭野日敬会長(当時)の秘書を務める[2]
立正佼成会を去り、「世界基督教統一神霊協会」(統一教会)に入教(立正佼成会の庭野日敬会長(当時)の指示で統一教会の教えを学んでいた青年部50名ほどが統一教会(統一協会)に転じた)[3]
統一教会の初代会長就任。
2月22日 統一教会の合同結婚式(430組 ソウル市民会館)に日本人として初めて参加。既に結婚していた哲子夫人と既成祝福を受ける[4]
国際勝共連合」の初代会長に就任。
9月2日 韓国朴正煕大統領と大統領官邸青瓦台)で会見。反共活動に対する協力を仰ぐ。
9月20日 日本武道館でWACL(世界反共連盟)世界大会を開催し、大会執行委員長、議長を務める。
5月14日 中華民国(台湾)の総統蒋介石と会談。ローマ教皇パウロ6世と会談。
全国124カ所で「救国の予言」と題して講演。
11月23日 統一教会の教祖、文鮮明、韓鶴子夫妻と教団幹部( 李相軒、金栄輝)らと共に統一教会本部で元首相、岸信介と会談。
5月 脳梗塞で倒れる[1]
12月13日 午前1時59分に死去。

著書[編集]

  • 『久保木修己講演・論文集』(救国連盟事務総局 1976年12月)
  • 『愛こそすべて』( 光言社 1986年5月)光言社) ISBN 978-4-87656-016-5
  • 『愛天 愛国 愛人 - 母性国家日本のゆくえ 久保木修己回顧録』(世界日報社 1996年2月)ISBN 978-4882010609
  • 『美しい国 日本の使命 - 久保木修己遺稿集』(久保木修己遺稿集刊行委員会 (編) 、世界日報社 2004年12月) ISBN 978-4882010814

(以下は監修した著書)

  • 『文鮮明師とダンベリーの真実―裁判問題の背景をさぐる』(光言社 1989年) ISBN 978-4876560059
  • 『文鮮明師と新ソ連革命』(光言社 1990年1月)ISBN 978-4876560196

エピソード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 夫の昇華7周年を迎えて 久保木哲子(430家庭)(統一教会機関紙『ファミリー』 2005年12月号)
  2. ^ 新宗教研究会 『図解 新宗教ガイド』(九天社 2006年1月31日) ISBN 978-4861670817
  3. ^ 村上重良 『世界宗教事典』(講談社 2000年7月10日) ISBN 978-4061594364
  4. ^ ここでいう”祝福"とは統一教会の教義において、メシアとして原罪を清算する権能を持つとされる文鮮明により、神の前に認められた夫婦とされるということ。”既成祝福”は入信前に既に結婚していた夫婦を祝福するもの
  5. ^ 『美しい国日本の使命』を読む『世界日報』公式ウェブサイト
  6. ^ 「統一教会」と「国際勝共連合」 なぜ、かくも日本保守基盤に浸透したか?せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

関連項目[編集]