久保木修己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くぼき おさみ
久保木 修己
生誕久保木脩夫
(1931-02-03) 1931年2月3日
満洲国の旗 満洲国・安東県
(現:中華人民共和国遼寧省丹東市
死没 (1998-12-13) 1998年12月13日(67歳没)
国籍日本の旗 日本
別名久保木亮光
出身校慶應義塾大学法学部中退
職業宗教家
父・久保木仙蔵(満州興業銀行西安支店支配人代理)

久保木 修己(くぼき おさみ、1931年2月3日[注 1] - 1998年12月13日)は、日本宗教家世界基督教統一神霊協会(統一教会)の日本の初代会長、国際勝共連合の日本の初代会長。そのほか、世界日報社会長、世界平和連合会長、国際文化財団理事長、アジアサファリクラブ会長、国際友好釣連盟会長、北米極真空手会長などを歴任。中華民国中華学術院名誉哲学博士。「久保木亮光(りょうこう)」と名乗っていたこともある[1]。本名は久保木脩夫[2]

来歴[編集]

1931年2月3日、中華民国安東県(現:中華人民共和国遼寧省丹東市)で父・仙蔵と母・よしの長男として誕生。仙蔵(1902年7月 - 没年不明)は千葉県香取郡津宮村出身で、京城商業善隣学校(現:善隣インターネット高等学校)を卒業後、朝鮮銀行を経て、西安商工公会参事・満州興業銀行西安支店支配人代理を歴任[3]。戦後は立正佼成会の唐津支部長をつとめ、のち佼成会の外部企業である立花産業の取締役になった[4]。母も立正佼成会の支部長[4]

1945年、終戦にともない引き揚げ。慶應義塾中等部では野球部に所属、甲子園にも出場。慶應義塾大学に在学中、立正佼成会に入会、庭野日敬会長(当時)の秘書を務める[5]。宗教活動に専念するため、大学は4年生で中退した[6]

1962年、立正佼成会を去り、世界基督教統一神霊協会(現・世界平和統一家庭連合)に入教。このとき、立正佼成会の庭野日敬会長(当時)の指示で統一教会の教えを学んでいた青年部50名ほどが統一教会に転じた[7]

1964年7月15日、日本統一教会の初代会長に就任[8]

1968年2月22日、統一教会の合同結婚式(430組 ソウル市民会館)に日本人として初めて参加。既に結婚していた哲子夫人と既成祝福を受ける[注 2]。同年4月1日、国際勝共連合が設立[9]。初代会長に就任。

1970年9月2日、久保木は、岸信介の自筆の推薦文をしたため、韓国朴正煕大統領青瓦台の大統領官邸で会見。同月に開催される「世界反共連盟(現・世界自由民主連盟)世界大会」への韓国の代表団派遣を依頼した[10]

同年9月20日、世界反共連盟世界大会が日本武道館で開催。岸が大会推進委員長を務め、久保木は議長を務めた。また、大会責任者を国際勝共連合の事務総長の阿部正寿が務めた[11][12][13]。韓国からは李応俊、李根、崔徳新らが参加した[10]

1971年5月14日、中華民国(台湾)の総統蔣介石と会談。ローマ教皇パウロ6世と会談。

1973年、全国124カ所で「救国の予言」と題して講演。同年4月8日、渋谷区の統一教会本部で久保木は元首相の岸信介を信者に紹介。岸は講演を行った[14]。同年11月23日、文鮮明韓鶴子夫妻、教団幹部の李相軒、金栄輝らは渋谷区の統一教会本部を訪問。文と岸信介は長時間にわたり会談した[15]。久保木も同席した。

1989年7月4日、文鮮明は韓国で行った説教で「国会内で教会をつくる」「自民党の安倍派などを中心にして、久保木を中心に、超党派的に原理教育をした議員たちを結成し、その数を徐々に増やしていかないといけない」と述べた[16][17][18][19]

1998年5月、脳梗塞で倒れる[1]。同年12月13日、死去。67歳没。

2004年12月、7回忌にあたって遺稿集『美しい国 日本の使命』が出版される。

著書[編集]

  • 『久保木修己講演・論文集』(救国連盟事務総局 1976年12月)
  • 『愛こそすべて』(光言社 1986年5月) ISBN 978-4876560165
  • 『愛天 愛国 愛人―母性国家日本のゆくえ 久保木修己回顧録』世界日報社、1996年2月。ISBN 978-4882010609 
  • 久保木修己遺稿集刊行委員会 編 『美しい国 日本の使命―久保木修己遺稿集』世界日報社、2004年12月。ISBN 978-4882010814 

(以下は監修した著書)

  • 『文鮮明師とダンベリーの真実―裁判問題の背景をさぐる』(光言社 1989年) ISBN 978-4876560059
  • 『文鮮明師と新ソ連革命』(光言社 1990年1月)ISBN 978-4876560196

エピソード[編集]

  • 統一教会の内部では旧約聖書に出てくるユダヤ選民を率いた指導者モーセになぞらえて「日本のモーセ」と呼ばれた[20]
  • 2006年7月21日、安倍晋三は、同年9月20日に予定されていた自由民主党総裁選挙への準備運動として、『美しい国へ』を文藝春秋から出版。そして9月1日に総裁選挙への出馬表明をした際[21]、「美しい国、日本」と題した政策集を発表した[22]。安倍は首相就任後も、自身の基本理念を指す用語として「美しい国」を使用した。約1年半前の2004年12月に出版された久保木の遺稿集『美しい国 日本の使命』との類似性が指摘されている[23][24]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『キリスト教年鑑』1987年版542ページには1931年10月14日生まれとある。
  2. ^ ここでいう”祝福"とは統一教会の教義において、メシアとして原罪を清算する権能を持つとされる文鮮明により、神の前に認められた夫婦とされるということ。”既成祝福”は入信前に既に結婚していた夫婦を祝福するもの。

出典[編集]

  1. ^ a b 夫の昇華7周年を迎えて 久保木哲子(430家庭)(統一教会機関紙『ファミリー』 2005年12月号)
  2. ^ 日隈威徳『勝共連合』108ページ
  3. ^ 満洲紳士録 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2022年7月16日閲覧。
  4. ^ a b 荒井荒雄 1976, p. 172.
  5. ^ 新宗教研究会 『図解 新宗教ガイド』(九天社 2006年1月31日) ISBN 978-4861670817
  6. ^ 久保木 1996, pp. 40–47.
  7. ^ 村上重良 『世界宗教事典』(講談社 2000年7月10日) ISBN 978-4061594364
  8. ^ 真の父母様と統一運動の歴史 1920-1969”. 光言社. 2022年10月12日閲覧。
  9. ^ 梶栗玄太郎 (2012年9月7日). “追悼の言”. 国際勝共連合. 2022年11月14日閲覧。
  10. ^ a b 久保木 1996, pp. 123–135.
  11. ^ 藤田庄市. “日本における統一教会の活動とその問題点―活字メディアで報道された批判を中心に―”. 国際宗教研究所 宗教情報リサーチセンター. 2022年11月22日閲覧。
  12. ^ 統一協会 危険な二つの顔 反社会的カルト集団 勝共連合 反共・反動の先兵”. しんぶん赤旗 (2022年8月28日). 2022年11月22日閲覧。
  13. ^ 一連の報道への当研究所の見解”. 世界戦略総合研究所 (2022年7月30日). 2022年11月22日閲覧。
  14. ^ 茶本繁正「『反共』陣営と連動する勝共連合」 『朝日ジャーナル』1978年8月11日・18日号、 31-35頁。
  15. ^ 【文鮮明総裁聖和節記念】日本を愛した文先生の足跡 15 南平台から松涛へ(最終回)”. 光言社 (2021年10月13日). 2022年11月8日閲覧。
  16. ^ 田中裕之、坂口裕彦、渋江千春 (2022年11月6日). “旧統一教会教祖の発言録が流出 「安倍派を中心に」浮かぶ政界工作”. 毎日新聞. 2022年11月7日閲覧。
  17. ^ 田中裕之、坂口裕彦、渋江千春 (2022年11月7日). “文鮮明氏「安倍派中心に」(その1) 89年発言録で判明 旧統一教会が政界工作”. 毎日新聞. 2022年11月8日閲覧。
  18. ^ 田中裕之、坂口裕彦、渋江千春 (2022年11月7日). “文鮮明氏「安倍派中心に」(その2止) 文氏が号令 「国会内、教会つくる」「秘書輩出」「地方にも」”. 毎日新聞. 2022年11月8日閲覧。
  19. ^ ANN News (2022年11月7日). “「安倍派中心に関係強化を」旧統一教会 創始者・文鮮明氏が信者に政界工作説く(2022年11月7日)”. YouTube. 2022年11月7日閲覧。
  20. ^ 『美しい国日本の使命』を読む『世界日報』公式ウェブサイト
  21. ^ 自民党総裁選 – 安倍晋三さんに期待すること”. 新藤義孝公式ウェブサイト (2006年9月11日). 2022年10月28日閲覧。
  22. ^ 第165回国会 参議院 本会議 第4号 平成18年10月3日”. 国会会議録検索システム. 2022年11月23日閲覧。
  23. ^ 旧統一教会側と自民党、改憲案が「一致」 緊急事態条項、家族条項…濃厚な関係が影響?”. 東京新聞 (2022年8月2日). 2022年10月28日閲覧。
  24. ^ 北丸雄二 (2022年8月3日). “安倍元首相銃撃事件が炙り出した選択的夫婦別姓、同性婚が「論外」とされる理由”. ハフポスト. 2022年10月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 荒井荒雄 『原理運動の謀略と自民党―岸信介原罪論』青村出版社〈日本の狂気3〉、1976年5月。 
  • 日本共産党中央委員会出版局 編 『韓国の謀略機関―国際勝共連合=統一協会』日本共産党中央委員会出版局、1978年6月。 
  • 久保木修己 『愛天 愛国 愛人―母性国家日本のゆくえ 久保木修己回顧録』世界日報社、1996年2月。ISBN 978-4882010609 
先代
--
世界基督教統一神霊協会会長
初代:1964年 - 1991年
次代
神山威