飯星景子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いいぼし けいこ
飯星 景子
生誕 (1963-02-23) 1963年2月23日(54歳)
大阪府高槻市
別名 飯干 恵子

飯星 景子(いいぼし けいこ、1963年2月23日 - )は、日本タレント作家。本名及び旧芸名、飯干 恵子(読み同じ)。大阪府高槻市出身。桐朋学園大学短期大学部(現桐朋学園芸術短期大学)芸術科演劇専攻卒業。父は、元読売新聞記者で『仁義なき戦い』の原作者でもある飯干晃一

人物[編集]

ANB「ウイークエンドシアター」の映画解説を担当し、3年間で150本以上の映画を紹介する。その後『モーニングショー』『紳助・ケントの世界がお呼びです!』『中畑&徳光のスポーツ熱中宣言』などの番組に出演。

追手門学院高校在学中に演劇部に所属。1980年、演劇コンクールでの演目「さざんがきゅう」では他の部員2名と合計3人で、9役を演じるという高校演劇では例を見ない作品に出演。飯干は4役を演じ分け、高校生とは思えない演技力を発揮し、個人演技賞を受賞。 なお、この作品は、役者の演技力とテンポのよい脚本・構成が高く評価され、演劇コンクールでは大阪のブロック大会、本大会、近畿大会と勝ち上がり、1981年の全国大会[2]で最優秀賞を受賞している[3]。  

1992年頃、悪質な霊感商法で社会問題化していた世界基督教統一神霊協会(以降「統一教会/統一協会」と表記する)への入信・脱会騒動で世間を騒がせた。父・飯干晃一はテレビに出演して激しく統一教会/統一協会を批判、娘を取り戻すと宣言して、その脱会に成功した。父には『われら父親は闘う 娘・景子を誘いこんだ統一協会の正体』(ネスコ、1993)という著書もある。

その後、短編小説集を発表。現在は執筆とテレビの情報番組ワイドショー番組でのコメンテーターとしての活動がメインである。

私生活では1998年コンピュータ技術者の男性と結婚するが、翌年離婚している。

ドニー・イェンの熱狂的なファンであり、グッズをすべて集め、香港映画のイベントではMCを務める際にはマネージャーを差し置いてドニーイェンのフィギュアでギャラの交渉を主催者と行った事でマネージャーを怒らせるほど。

プロ野球阪神タイガースの熱心なファン(阪神ファン)として知られる。

2012年2月23日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』にて、自称霊能力者と籠城し訴訟までに発展しているオセロ中島知子へ、統一教会/統一協会にマインドコントロールを受けその後救出され専門家のカウンセリングを受け更生した自身の経験から、人格を壊されても専門家の治療で必ず戻れると脱洗脳のアドバイスをした[4]

著書[編集]

テレビ番組[編集]

情報・バラエティー[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 全国高等学校演劇協議会規約”. 全国高等学校演劇協議会. 2016年4月14日閲覧。
  2. ^ 演劇コンクールの全国大会は各地方大会の翌年度に開催される[1]
  3. ^ 全国大会の歩み”. 全国高等学校演劇協議会. 2016年4月14日閲覧。
  4. ^ 飯星が中島に脱マインドコントロール助言 - 日刊スポーツ

外部リンク[編集]