天宙平和連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天宙平和連合
Universal Peace Federation
略称 UPF
設立 2005年9月12日[1]
設立者 文鮮明韓鶴子[1]
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国タリータウン (ニューヨーク州)英語版[2]
会長 Thomas G. Walsh[3]
ウェブサイト https://www.upf.org/
テンプレートを表示

天宙平和連合(てんちゅうへいわれんごう、英語: Universal Peace Federation; UPF)は、世界平和統一家庭連合(家庭連合)系のNGO(非政府組織)。

2005年9月12日に創設。提唱者および総裁は統一教会の教祖、文鮮明とその妻の韓鶴子。日本支部「UPFジャパン」の会長は梶栗正義[4]。梶栗は教団の関連団体である「国際勝共連合」と「世界平和連合」と「平和大使協議会」と「国際ハイウェイ財団」の会長も兼任している[5][6][7][8]

建物は統一教会と同一であり、内部の人間も同一であることから、統一教会のダミー組織と指摘されている。尚、本団体は国際連合経済社会理事会において総合協議資格を有する国連NGOでもある[9][10]

概要[編集]

統一教会の教祖、文鮮明は1990年代後半、国連を二院制とする改革案を提唱。人間に例えて、心の立場にある世界の宗教者指導者らが体の立場にある各国の政治家を精神的に指導をすべきだとした。 1999年2月6日、「上院」となる「超宗教議会」設置のために、韓国 ソウルで「世界平和超宗教超国家連合」(IIFWP)を創設。2005年9月12日、国連の下院作りのため、「グローバルガバナンスのモデル機構」、「アベル[注 1]国連(UN)」として、「天宙平和連合」を創設した。機関紙として月刊ニューズレター「平和大使」を発行している。2018年7月24日には、国際連合経済社会理事会における総合協議資格を付与された[11]

世界平和統一家庭連合との関係[編集]

天宙平和連合は統一教会の新たなダミー団体[12]という批判があり、2006年、次期総理が確実視されていた当時の安倍晋三を初めとする国会議員が「合同結婚式」が行われた統一教会のダミー団体に祝電を送ったとして物議をかもした[13]

統一教会の広報は「天宙平和連合は同連合固有の目的を有して社会活動をしているのであって、当法人と別個の組織・団体であり、ダミー団体などではありません」としており、当該大会において統一教会が「合同結婚式」を主催したという記事は誤報であると説明した[14]

日本支部では同一の建物で同一人物によって運営されている[15]

安倍晋三との関係[編集]

2006年5月、「天宙平和連合祖国郷土還元日本大会」が日本国内20か所で開催された。『世界日報』によれば、男女計2,500組の合同結婚式も併催され、そのうち5月13日にマリンメッセ福岡で開かれた大会に安倍晋三は内閣官房長官の肩書きを付して祝電を送った。そのほか保岡興治ら6人の国会議員が祝電を送った[16][17][18]。6月19日、全国霊感商法対策弁護士連絡会は記者会見を開き、「統一教会の活動にお墨付けを与える行動だ」として、安倍に公開質問状を出したことを明らかにした[19]

2021年夏頃、日本支部「UPFジャパン」会長の梶栗正義は、同年9月に開催されるUPF主催の「希望前進大会」の日本側の登壇者として、元首相3人にオファーをするがいずれも断られた。そこへ、教団の尹鍈鎬(ユン・ヨンホ)世界宣教本部長から、ドナルド・トランプ米国大統領の出演が決まったことを告げられる。ユン・ヨンホは梶栗に、トランプ元大統領の登壇を手土産に、安倍に接触するよう指示。梶栗は再度安倍の説得に動き、8月24日、安倍はこれを承諾。9月7日、安倍は大会用のビデオメッセージを撮影した[20][21]

同年9月12日、韓国・清平の清心ワールドセンターでUPF主催の「希望前進大会」が開催。教団のオンラインプラットフォームであるPeacelinkから全世界に配信された[22]。安倍は同大会にビデオメッセージを送り、「今日に至るまでUPFとともに世界各地の紛争の解決、とりわけ朝鮮半島の平和的統一に向けて努力されてきた韓鶴子総裁をはじめ、皆さまに敬意を表します」「UPFの平和ビジョンにおいても、家庭の価値を強調する点を高く評価いたします」と述べた[23][24][25]

前述のトランプ元大統領以外にも潘基文国連事務総長カンボジアフン・セン首相ニジェールのモハメド・バズム大統領コンゴ共和国ドニ・サスヌゲソ大統領フィリピングロリア・アロヨ大統領ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ欧州委員会委員長といった錚々たる面子が演説者として紹介された[26]

統一教会とその関連団体は、世界の政治的指導者、有名人、他の宗教団体の著名な聖職者らを講演者として招く際、常に最高額の報酬を支払ってきたという。彼らが身にまとった有名性を利用することで教団の信頼性を高めることが、何より統一教会側にとって大事なことであった、と指摘されている[27]。2021年9月の大会の際も安倍に対し報酬が支払われている[27][28]

2022年7月8日、奈良市で行われた参院選自民党候補の街頭演説会で、安倍が銃で撃たれ殺害されるという事件が発生した[29]。実行犯の男は、安倍がビデオメッセージを送った大会の動画をインターネットで見て、安倍の殺害を決意したと供述している[30]

ピースロード[編集]

2013年、UPFは、文鮮明が1981年に掲げた「国際平和高速道路」構想の実現のため[31]、「2台の自転車が人と人を繋ぎながら北海道を起点として日本列島を縦走し、韓国へと3800kmを連結」(ピースロード公サイトの文言より)する活動を実施。この活動は「ピースバイク」運動と名付けられた[32]

2015年、「ピースバイク」は「ピースロード」に改称される。以後、都道府県ごとにサイクリングイベント「ピースロード」が頻繁に開催されるようになった[32]。その都度立ち上げられる実行委員会の役員には元職も含め、国会議員、地方議会議員、首長など多数の政治家が就任している。以下はその一覧表である。

都道府県 委員長 委員・顧問
宮城県 土井亨[33]
富山県 村椿晃[34]
静岡県 佐地茂人[35]
京都府 二之湯智[36][37]
奈良県 小林茂樹[38]
香川県 平井卓也[39][40]
熊本県 主海偉佐雄 木原稔[41]西野太亮[41]馬場成志[41]小野泰輔[42]
鹿児島県 長田康秀[43] 小里泰弘[44]保岡宏武[44]金子万寿夫[44]、柴立鉄平[43]

沿革[編集]

9月12日 天宙平和連合を創設。
10月3日 - 14日 韓国ソウル市、東京など日本の主要都市やなどで記念大会を開催。
1月13日 ローマ教皇庁科学アカデミーのワークショップにG.ウォルシュが参加[45]
7月24日 国際連合経済社会理事会における総合協議資格を取得
7月3日 G.ウォルシュら代表団がフランシスコ教皇と面会[46]
1月31日 国連「世界諸宗教調和週間」を記念してウィーン国際センターにおいて、天宙平和連合、その関連団体である世界平和女性連合並びに世界平和青年学生連合、国連薬物犯罪事務所オーストリアのNGO「Growth4Peace」、ウィーン国連特派員協会の共催で会議を開催[47][48]
8月9日 韓国の清心平和ワールドセンターで「神統一世界安着のための100万希望前進大会」(以下、「希望前進大会」)なる集会を開催し、潘基文(前国連事務総長-当時)やフン・セン(カンボジア首相-当時)、マッキー・サルセネガル共和国大統領-当時)、スティーヴン・ハーパー(第28代カナダ首相)らが登壇する[49]
9月27日 同センターで第2回「希望前進大会」がオンライン形式で開催され、ムニブ・ユナン(ルター派世界連盟前議長-当時)、ケルヴィン・フェリックス(カトリック教会司祭枢機卿)、ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ(第117代ポルトガル首相、第11代欧州委員会委員長)、ディック・チェイニー(第46代アメリカ合衆国副大統領)らが登壇する[50]
11月22日 同センターで第3回「希望前進大会」がオンライン形式で開催され、ナサルディン・ウマル(現イスラティクル・モスク管長[注 2]-当時)、ジョージ・ウェア(第25代リベリア共和国大統領)、クリストファー・ヒル(元米国国務次官補(東アジア及び太平洋担当))、サーレワーク・ゼウデ(現エチオピア大統領-当時)、イヴ・ルテルム(第67代ベルギー首相)、マヒンダ・ラージャパクサ(第26代スリランカ大統領)、マリオ・ポンセ(前エルサルバドル立法議会議長-当時)らが登壇する[52][53][54]
12月6日 同センターで第4回「希望前進大会」がオンライン形式で開催され、ポーラ・ホワイト(元米国chair of the evangelical advisory board)、ケルヴィン・フェリックス(現カトリック教会司祭枢機卿-当時)、ノエル・ジョーンズ(現City of Refuge Church牧師)らが登壇する[55][56]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アベルとは旧約聖書に出てくるアダムとイブの次男でカインの弟。統一教会ではより神に近い側をアベル側、アベル的などと表現し、より悪魔に近い側をカイン側、カイン的と表現する。ここでは「天宙平和連合」を既存の国連より、より神側に近い国連と定義づけているということ。
  2. ^ Nasaruddin Umarのページによれば、彼は2016年よりイスラティクル・モスクの"Imam Besar"であるという。外務省のプレスリリース(平成29年11月20日付)では同氏の肩書を「イスティクラル・モスク管長」と表記しているので、これに倣った[51]

出典[編集]

  1. ^ a b About the Founders” (英語). 天宙平和連合. 2022年7月12日閲覧。
  2. ^ Contact” (英語). 天宙平和連合. 2022年7月12日閲覧。
  3. ^ Thomas G. Walsh, Chairman, Universal Peace Federation” (英語). 天宙平和連合. 2022年7月12日閲覧。
  4. ^ 組織概要”. 天宙平和連合. 2022年8月5日閲覧。
  5. ^ 政治資金収支報告書 国際勝共連合(令和2年分 定期公表) (PDF)”. 総務省 (2021年11月26日). 2022年8月5日閲覧。
  6. ^ 会長挨拶”. 世界平和連合. 2022年8月2日閲覧。
  7. ^ 梶栗会長が記念講演「日本は新太平洋平和文明の担い手に」”. 平和大使協議会 (2020年7月8日). 2020年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月1日閲覧。
  8. ^ 財団概要”. 日韓トンネルプロジェクトを推進する国際ハイウェイ財団. 2022年8月6日閲覧。
  9. ^ ムートゥ朋子 (2022年7月21日). “鳴りを潜めるスイスの旧統一教会”. SSWI. https://www.swissinfo.ch/jpn/business/%E9%B3%B4%E3%82%8A%E3%82%92%E6%BD%9C%E3%82%81%E3%82%8B%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%97%A7%E7%B5%B1%E4%B8%80%E6%95%99%E4%BC%9A/47767900 
  10. ^ UPFについて”. 天宙平和連合. 2022年7月16日閲覧。
  11. ^ Decision 2018/252 Applications for consultative status, requests for reclassification and requests for a change of name received from non-governmental organizations”. 国際連合(United Nations). 2022年7月16日閲覧。
  12. ^ 小坂憲次、中川秀直、上田清司、村井嘉浩への公開質問状
  13. ^ 統一協会の集団結婚・大会 安倍長官らが祝電しんぶん赤旗』2006年6月13日、共同通信 2006年6月19日付、時事通信 2006年6月19日付、『毎日新聞』2006年6月19日付、『読売新聞』2006年6月20日付、『朝日新聞』2006年6月20日付、『アサヒ芸能』2006年6月29日、『夕刊フジ』2006年6月20日付、『週刊朝日』2006年6月30日号、『週刊現代』2006年9月30日号、『FLASH』2006年7月4日号
  14. ^ 週刊誌「アサヒ芸能」2006年6月29日特大号に対する抗議及び謝罪・訂正要求 2006年7月3日「世界平和統一家庭連合」公式ウェブサイト
  15. ^ 成約ビル” (日本語). TOKYOカオスエリアコレクション(TCC2). 2022年7月11日閲覧。
  16. ^ 竹田昌弘 (2022年7月14日). “【参院選コラム】容疑者の家庭破綻を知っていた旧統一教会 安倍氏を守れなかった警護検証へ”. 河北新報. https://kahoku.news/articles/knp2022071201001003.html 2022年7月14日閲覧。 
  17. ^ “統一協会の集団結婚・大会 安倍長官らが祝電 韓国「世界日報」報道”. しんぶん赤旗. (2006年6月13日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html 2022年7月14日閲覧。 
  18. ^ 抗議書 内閣官房長官「安倍晋三」殿”. 全国霊感商法対策弁護士連絡会. 2021年10月20日閲覧。
  19. ^ 『中日新聞』2006年6月20日付夕刊、二社、14面、「統一教会集会に 安倍長官が祝電 霊感商法対策連絡会が質問状」。
  20. ^ 「3人の元首相からはそっぽ向かれた」旧統一教会の関連団体会長が語った安倍元総理ビデオ出演の”裏側”【報道特集】”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月30日). 2022年8月7日閲覧。
  21. ^ 鈴木エイト (2022年7月30日). “《スクープ映像入手》旧統一教会のフロント組織「勝共連合」会長が安倍元首相との“ビデオ出演”交渉の裏話を激白”. 文春オンライン. 2022年8月5日閲覧。
  22. ^ 速報!!安倍晋三前内閣総理大臣が統一教会系大規模イベントで演説、韓鶴子に敬意を表す”. やや日刊カルト新聞 (2021年9月12日). 2022年8月5日閲覧。
  23. ^ 【独自】安倍元首相を撃った容疑者が供述した、宗教団体「統一教会」の名前”. 現代ビジネス. 講談社 (2022年7月9日). 2022年7月9日閲覧。
  24. ^ 安倍氏が旧統一教会系イベントにメッセージ 過去には合同結婚式に祝電”. NEWSポストセブン. 小学館 (2021年9月29日). 2022年7月9日閲覧。
  25. ^ 【独自】実家や会社の土地も続々…○○の母親が統一教会に寄付していた「5000万円資産」の中身《会見で明かされなかったこと》”. 現代ビジネス. 講談社 (2022年7月12日). 2022年7月12日閲覧。
  26. ^ 【コラム】安倍晋三前首相が韓国発カルト「統一教会」巨大イベントで演説、トランプ前大統領まで登場した経緯と歴史 | Your News Online” (日本語). yournewsonline.net (2021年9月14日). 2022年7月22日閲覧。
  27. ^ a b Fisher, Marc (2022年7月12日). “How Abe and Japan became vital to Moon’s Unification Church”. The Washington Post. 2022年7月15日閲覧。
  28. ^ Michelle Ye Hee Lee and Julia Mio Inuma (2022年7月9日). “Abe’s ruling party secures big election win in the aftermath of his killing”. The Washington Post. 2022年7月11日閲覧。
  29. ^ 安倍元首相の暗殺 どのように起きたのか” (日本語). BBC (2022年7月9日). 2022年7月10日閲覧。
  30. ^ 「空の薬きょう入手し火薬詰めた」「銃は今春に完成」○○容疑者 安倍元総理銃撃”. 毎日放送 (2022年7月12日). 2022年7月14日閲覧。
  31. ^ ビジョン”. PEACE ROAD. 2022年8月8日閲覧。
  32. ^ a b 沿革”. PEACE ROAD. 2022年8月8日閲覧。
  33. ^ PEACE ROAD(ピースロード)参加の市長「統一教会との認識はなかった」”. やや日刊カルト新聞 (2021年8月19日). 2022年8月7日閲覧。
  34. ^ 令和4年8月魚津市定例記者会見”. 魚津市 (2022年8月1日). 2022年8月9日閲覧。
  35. ^ 旧統一教会系イベント、自民県議が実行委員長…「やり手いないならと引き受けた」”. 読売新聞 (2022年8月7日). 2022年8月9日閲覧。
  36. ^ 旧統一教会系イベントで実行委員長、あいさつも 二之湯智国家公安委員長が認める|社会|地域のニュース|京都新聞” (日本語). 京都新聞. 2022年7月26日閲覧。
  37. ^ 二之湯国家公安委員長、旧統一教会関連イベントで挨拶「名前貸した。それ以上の付き合いない」 - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年7月26日閲覧。
  38. ^ PEACE ROAD(ピースロード)参加の市長「統一教会との認識はなかった」”. やや日刊カルト新聞 (2021年8月19日). 2022年8月7日閲覧。
  39. ^ 四国実行委員会 四国霊場を巡礼しながら世界平和のために走る”. PEACE ROAD in Japan (2016年9月6日). 2022年7月21日閲覧。
  40. ^ “巨人の星”替え歌で激励、「総裁は皆様の母」礼賛……自民議員と“統一教会”の関係続々 元閣僚がイベント「実行委員長」も”. 日テレNEWS. 日本テレビ (2022年7月28日). 2022年7月28日閲覧。
  41. ^ a b c 後援取り消しのピースロード、自民党の国会議員らが実行委員務める”. 朝日新聞 (2022年8月3日). 2022年8月9日閲覧。
  42. ^ カルト被害拡大も 熊本県の旧統一協会系行事後援 共産党、取り消し求める”. しんぶん赤旗 (2022年7月31日). 2022年8月9日閲覧。
  43. ^ a b 旧統一教会関連イベントの実行委や講師に 鹿児島の県議自民3人、無所属1人 資金提供や選挙手伝いは「受けてない」”. 南日本新聞 (2022年8月9日). 2022年8月9日閲覧。
  44. ^ a b c 旧統一教会系イベント「ピースロード」顧問に自民党2国会議員「つながり知らなかった」 鹿児島”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年8月8日). 2022年8月9日閲覧。
  45. ^ UPF国際本部会長がローマ教皇庁科学アカデミーに招待”. Universal Peace Federation. 2022年7月18日閲覧。
  46. ^ UPF Delegation Meets with Pope Francis at Vatican”. Universal Peace Federation. 2022年7月18日閲覧。
  47. ^ 信仰をベースとした組織の役割を議論”. Universal Peace Federation. 2022年7月18日閲覧。
  48. ^ World Interfaith Harmony Week”. World Interfaith Harmony Week(The official UN Observance in the 1st Week of Feburary). 2022年7月18日閲覧。
  49. ^ 神統一世界安着のための100万希望前進大会が開催”. 世界平和統一家庭連合. 2022年7月18日閲覧。
  50. ^ 第2回神統一世界安着のための100万希望前進大会が開催”. 世界平和統一家庭連合. 2022年7月18日閲覧。
  51. ^ 本清次席のナサルディン・ウマル・イスティクラル・モスク管長への表敬訪問”. 外務省. 2022年7月24日閲覧。
  52. ^ 3rd Rally of Hope - World Leaders and Millions around the World Call for Peace”. Universal Peace Federation. 2022年7月24日閲覧。
  53. ^ 3rd Rally of Hope(動画)”. upftv. 2022年7月24日閲覧。
  54. ^ 第3回「神統一世界安着のための希望前進大会」開催”. 光言社. 2022年7月24日閲覧。
  55. ^ 「WCLC創立1周年記念 神統一世界安着のための世界キリスト教聖職者希望前進大会」開催”. 光言社. 2022年7月27日閲覧。
  56. ^ 4th Rally of Hope - Believers Unite for Peace”. Universal Peace Federation. 2022年7月27日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]