平和自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平和自動車
各種表記
ハングル 평화자동차
漢字 平和自動車
発音 ピョンファチャドンチャ
日本語読み: へいわじどうしゃ
2000年式
MR式
英語
Pyeonghwa jadongcha
P'yŏnghwa chatongch'a
Pyonghwa Motors
(Peace Motors Corporation)
テンプレートを表示

平和自動車(ピョンファじどうしゃ)は、金剛山国際グループの系列の韓国自動車メーカー。北朝鮮に設立した合弁会社「平和自動車総会社」で生産を行っている。かつては「統一教会」(統一協会)系の企業でもあり、社長は「統一教会」(統一協会)の幹部、朴相権(パク・サングオン)であった。

概略[編集]

平壌市街地にある平和自動車の広告看板

平和自動車は、北朝鮮の「朝鮮連峰総会社」と70対30の資本比率で「平和自動車総会社(Pyonghwa General Motor Company)」という合弁会社を北朝鮮に設立し、2002年4月から南浦特別市の工業団地で、イタリアのフィアット社が製造する小型セダン「シエナ」を「フィパラム」(口笛の意)の名で組み立て、販売している。「フィパラム」のほかに「ポックギ」(カッコウの意)というミニバンSUVピックアップトラックなども生産している。

同社は以前ベトナム雙龍自動車、フィアット、イヴェコの合弁会社「メコン」で「コランドー」を組み立てて販売した経験があり動向が注目されていたが、2012年、統一グループは自動車事業から撤退し、食品などの流通業に転進を図る方針を打ち出している[1]。統一教会の撤退・合弁解消後は、中国の自動車メーカー(華晨汽車燭光汽車集団など)から部品を輸入してノックダウン生産を行っている[2]

尚、日本国政令である「輸出貿易管理令(根拠法:外国為替及び外国貿易法)」に基づいて作成される「外国ユーザーリスト(名称:Peace Motors Corporation、Pyonghwa General Motor Company、懸念項目:生物、化学、ミサイル、核、リスト番号:395)」に掲載されているため、同社への貨物や技術の輸出は許可申請が必要となる。

車種一覧[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]