小林茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 茂樹
こばやし しげき
街頭.jpg
生年月日 (1964-10-09) 1964年10月9日(53歳)
出生地 日本の旗奈良県奈良市
出身校 慶應義塾大学法学部
前職 奈良県議会議員
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党二階派
公式サイト 小林しげき official site

選挙区 比例近畿ブロック奈良1区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 2014年11月21日
2017年10月22日 - 現職

選挙区 山辺郡・奈良市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月30日 - 2012年11月
テンプレートを表示

小林 茂樹(こばやし しげき、1964年(昭和39年)10月9日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。元奈良県議会議員(2期)。

経歴[編集]

奈良県奈良市学園前に生まれ押熊町に育つ。奈良市立平城小学校、奈良市立登美ヶ丘中学校、清風高等学校を経て、1988年(昭和63年)、慶應義塾大学法学部卒業し、大和銀行入行。1994年(平成6年)、三和住宅入社[1]2004年(平成16年)、同社代表取締役社長に就任[1][2]

2007年(平成19年)4月8日、奈良県議会議員選挙初当選[1]2012年(平成24年)11月、2期目の途中で県議を辞職[3]

同年12月16日の第46回衆議院議員総選挙奈良1区に出馬。前職で民主党馬淵澄夫に敗れたが、比例近畿ブロックで復活し初当選し、志帥会(二階派)に所属した。

2014年(平成26年)12月14日の第47回衆議院議員総選挙では、奈良1区で再び馬淵に敗れ、比例復活もならずに落選した。

2017年(平成29年)10月22日の第48回衆議院議員総選挙では、奈良1区から出馬し馬淵に2,476票差で勝利し、返り咲きを果たした。一方馬淵は所属政党の希望の党が近畿2府4県にて票を伸ばせなかったこともあり比例復活もできず落選した。同選挙区における自由民主党の議席獲得は2000年第42回衆議院議員総選挙森岡正宏以来17年ぶり、奈良県選出国会議員は全て自民党籍となる。

政策[編集]

選択的夫婦別姓制度の導入にどちらかといえば反対[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c プロフィール
  2. ^ 会社概要・沿革|三和住宅の紹介|奈良 新築 三和住宅
  3. ^ 奈良県議会議員の辞職について[リンク切れ]
  4. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。

外部リンク[編集]