米本和広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

米本 和広(よねもと かずひろ、1950年 - )は、日本ジャーナリスト島根県生まれ。横浜市立大学卒。繊研新聞記者を経てフリーのルポライターとなる。
本来は経済関係が専門だったが、幸福の科学の取材をきっかけに、新宗教カルトの問題をも多く扱うようになった。1997年、「巨大カルト集団ヤマギシ「超洗脳」ルポ」(VIEWS)にて編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞企画部門受賞。

『月刊現代』2004年11月号に発表した「書かれざる『宗教監禁』の恐怖と悲劇」を機に、統一教会の脱会活動を拉致監禁と主張する本を出版し、それまでのカルト批判の立場に加えて、反統一教会・反カルト陣営の活動も問題視するようになった。統一教会の公式サイトでも米本の活動が複数回取り上げられている[1]

記事の反響[編集]

米本の書いた書籍などに対して、カルトと指摘されたヤマギシ会ライフスペース、幸福の科学が裁判を起こしたが、いずれも棄却判決(筆者勝訴)となっている。

主な著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1][2][3][4]リンクはすべて統一教会サイトのもので、いずれも統一教会の賛同者として扱われている

関連項目[編集]

外部リンク[編集]