宝島社文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宝島社文庫(たからじましゃぶんこ)は、株式会社宝島社が発行している文庫本レーベル。本項では、姉妹レーベルである宝島SUGOI文庫などについても解説する。

沿革と概要[編集]

1998年7月24日創刊 [1]。 毎月5日頃に数点ずつ発売されている。 ミステリーライトノベル時代小説官能小説、恋愛小説、ノンフィクションなど、様々なジャンルを扱っており、それぞれにレーベルやシリーズが設けられている。

宝島SUGOI文庫の創刊と、宝島社文庫の10周年を記念して誕生した『ぶんこちょ』というPRキャラクターが設けられている。 鳥をモチーフとしたキャラクターで、機嫌が良い時には人の手に乗って遊ぶことがあるとされ、羽の部分が文庫本のようになっている[2]

このライトノベルがすごい!文庫[編集]

宝島社が発行するライトノベル系の文庫レーベル。

『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ[編集]

宝島社が発行するミステリー系の文庫シリーズ。 『このミステリーがすごい!』大賞の大賞や優秀賞を受賞した作家の単行本が文庫化される際に、『このミステリーがすごい!』大賞シリーズとして宝島社文庫に収められる[3]

  • ゼロの迎撃(安生正)
  • ジャックナイフ・ガール 桐崎マヤの疾走(深町秋生)
  • JC科学捜査官 雛菊こまりと“ひとりかくれんぼ”殺人事件(上甲宣之)
  • 鷹野鍼灸院の事件簿(乾緑郎)
  • 花工房ノンノの秘密 死をささやく青い花(深津十一)
  • 人喰いの家(塔山郁)

「この時代小説がすごい!」シリーズ[編集]

宝島社が発行する時代小説系の文庫シリーズ。

  • 奔る吉原用心棒 小蝶丸騒動伝(中谷航太郎)
  • はぐれ文吾人情事件帖(小杉健治)
  • 一本うどん 八丁堀浪人江戸百景(倉阪鬼一郎)

「この官能小説がすごい!」シリーズ[編集]

宝島社が発行する官能小説系の文庫シリーズ。

日本ラブストーリー大賞シリーズ[編集]

日本ラブストーリー大賞の大賞やエンタテインメント特別賞、ニフティ/ココログ賞を受賞した作家の単行本が文庫化される際に、日本ラブストーリー大賞シリーズとして宝島社文庫に収められる。日ラブ大賞シリーズと略称される[4]

宝島SUGOI文庫[編集]

宝島社が発行するノンフィクション系の文庫レーベル。 2008年5月創刊。 宝島社から発行された単行本や「別冊宝島」シリーズを再編成したものなどを収録している [1][5]

創刊に際しては、「宝島社が発行する文庫の知名度を上げていきたい。これまでに、宝島社文庫では文芸や教養といったジャンルを主に扱ってきたが、月ごとの発行点数は、10点の月があったり2点の月があったりと、大きなばらつきがあった。宝島SUGOI文庫では、通巻1500号を超えるムック「別冊宝島」で扱ったノンフィクションを中心に収録し、大量の刊行を目標として、文庫の存在感を高めていきたい」といった声明が発せられた [6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 宝島社文庫 | 文庫本大好き-岩波文庫コレクション
  2. ^ ぶんこちょ (bunkocho)さんはTwitterを使っています
  3. ^ 検索結果│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル
  4. ^ Amazon.co.jp: ビター・スウィート・ビター
  5. ^ 宝島社 沿革
  6. ^ 文庫、出版点数増えたが市場は横ばい: 文芸同志会通信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]