ジョージ・ウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ・ウェア Football pictogram.svg
名前
本名 George Manneh Oppong Ousman Weah
愛称 リベリアの怪人
カタカナ ジョージ・マネー・オポング・ウスマン・ウェア
ラテン文字 George WEAH
基本情報
国籍 リベリアの旗 リベリア
生年月日 (1966-10-01) 1966年10月1日(50歳)
出身地 モンロビア
身長 185cm
体重 82kg
選手情報
ポジション FW/MF/DF/GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1986 リベリアの旗 マイティ・バロール 10 (7)
1986-1987 リベリアの旗 インヴィンシブル・イレブン 23 (24)
1987 コートジボワールの旗 アフリカ・スポール 2 (1)
1987-1988 カメルーンの旗 トネール・ヤウンデ 18 (14)
1988-1992 モナコの旗 モナコ 103 (47)
1992-1995 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 96 (32)
1995-2000 イタリアの旗 ミラン 114 (46)
2000 イングランドの旗 チェルシー 11 (3)
2000 イングランドの旗 マンチェスター・シティ (loan) 7 (1)
2000-2001 フランスの旗 マルセイユ 19 (5)
2001-2003 アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ 8 (13)
代表歴2
1988-2002 リベリアの旗 リベリア 60 (22)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年12月2日現在。
2. 2014年12月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョージ・マネー・オポング・ウスマン・ウェアGeorge Manneh Oppong Ousman Weah1966年10月1日 - )は、リベリアモンロビア出身の元同国代表サッカー選手。同国の政治家。

バロンドールの規定が改定されて最初の年である1995年にFIFA最優秀選手賞欧州最優秀選手賞を受賞。ゴールキーパーを含めたほとんどのポジションをこなす。高い身体能力とゴール決定力を誇り、ACミラン時代のラツィオ戦では一人スルーパスからゴールを決めたことも有名。また、96~97シーズンの開幕戦で自陣ペナルティエリア付近から約80メートルを相手ゴール前まで単独でドリブル突破した上でゴールを決めた際、翌日の地元紙は「サン・シーロUFO出現」の見出しを掲げた。

来歴[編集]

モンロビア郊外のブッシュロード島のシャンティタウンにて14人兄弟の3番目として生まれる。幼い時に父親を失い、祖母に育てられた彼の最初の夢はモンロビアのテレフォンオペレーターになることだった。

15歳の時に当時3部リーグ所属の地元のサッカークラブ、ヤング・サバイバーズと契約するとゴールキーパーとしてサッカーキャリアをスタートする。すぐに得点をする事へ楽しさを覚え、フォワードへ転向、30試合に出場し31得点を記録。チームを2部リーグに昇格させる。

その後1部リーグのクラブを経て、1986年にはリベリアで最高のチームであったインビンシブル・イレブンへ移籍。このクラブではキャプテンを務め得点王にもなる活躍を見せ、カメルーンスカウトの目にとまり1987年に国外デビューを果たす。

1シーズンカメルーンで過ごしたウェアはその後フランスASモナコへ移籍しそのポテンシャルを開花させ、1991年にフランスカップをもたらすと、翌年にはチームを欧州カップ・ウィナーズカップの決勝に導いた。その後移籍したパリSGでもチームをリーグ優勝に導くと、1995年には再びフランスカップをチームにもたらす。

1995年アフリカ人として初のバロンドールを受賞し、同年にFIFA選出の世界年間最優秀選手賞も受賞[1]。最後に自身3度目(89年、94年、95年)となるアフリカ年間最優秀選手賞と、この年の個人タイトルを総なめにした。

マルコ・ファン・バステンの後釜として加入したACミランでは数多くのゴールをあげた。驚異的な身体能力を誇り、「リベリアの怪人」と呼ばれた。その後は膝の怪我等も有り、99/00シーズン途中にチェルシーFCに移籍。以降マンチェスター・シティFCマルセイユアル・ジャジーラと渡り歩き2002/2003シーズンをもって現役引退した。

内戦で傷ついた祖国リベリアの為にジョージ・ウェア基金を設立するなどしてリベリアのユニセフ親善大使も務めている(立候補の際、規定により一時的に大使を辞めている[2])。

サッカー選手引退後、アメリカフロリダ州ニューヨークで妻子と共に暮らしていたが、2005年のリベリア大統領選挙に民主変革会議(CDC)候補として立候補。その際の遊説は、自身がエリート層出身者では無いと貧困層に訴えるポピュリズムそのものだった[1]。第1回目の選挙で最多得票を勝ち取ったものの過半数に満たなかったために、ウェアに次ぐ票を得たエレン・ジョンソン・サーリーフとの決選投票となり、他候補者との連合に成功したサーリーフが最終投票で勝利した[1]

2008年1月、日本福島県社会人リーグ3部西のバリエンテ郡山の総監督に就任したが、来日は就任会見時の1度のみで、シーズン開幕後に訪日することはなかった。同クラブは不祥事のため2008年シーズンをもって運営会社が解散。ウェアも事実上退任した。

2009年にアメリカからリベリアに帰国した、彼は民主変革会議(CDC)のモンセラード郡の上院議員候補になるため、政治のキャンペーン活動を始めた。2011年の大統領選挙で現職のエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領と再び挑む意向を発表した。実際にはCDCのウィンストン・タブマン候補がサーリーフ大統領と挑む事なり、タブマン候補は彼を副大統領候補に選んだ。サーリーフ大統領が再選するが、彼は政治家になること諦めずに、さらに決意を固めた。

2014年に彼はモンセラード郡のCDCの議会の為に上院に立候補した。12月20日に彼はエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領の息子であるロバート・サーリーフ候補に勝利した。当選した彼は上院議員の政治家となった。

家族[編集]

3人の息子がおり、長男のジョージ・ウェア・ジュニア(George Weah Junior 1987年8月27日 - )は1995年から父親の様にプロのサッカー選手になる為にスタートしている。2004年にACミランプリマヴェーラと契約し、2008年スイスCSロモントイズと契約した。また以前U-20アメリカ代表であったが、最終的には父同様にリベリア代表としてプレーしている。

また末子のティモシー・ウェア2000年2月22日 - )もプロサッカー選手であり、アメリカで生まれたことから年代別代表では兄同様にアメリカ代表でプレーしている。2014年から父の古巣であるパリSGの下部組織に所属していたが、2016年5月13日にプロ契約を結んでいる[3]

所属クラブ[編集]

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
1988-89 モナコ ディヴィジョン・アン 23 14
1989-90 17 5
1990-91 29 10
1991-92 34 18
1992-93 パリ-SG 30 14
1993-94 32 11
1994-95 34 7
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1995-96 ミラン セリエA 26 11
1996-97 28 13
1997-98 24 10
1998-99 26 8
1999-00 10 4
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
1999-00 チェルシー プレミア 11 3
2000-01 マンチェスター・C 7 1
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
2000-01 マルセイユ ディヴィジョン・アン 19 5
UAE リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2001-02 アル・ジャジーラ
2002-03
通算 フランス ディヴィジョン・アン 218 84
イタリア セリエA 114 46
イングランド プレミア 18 4
UAE
総通算

脚注[編集]

  1. ^ a b c スティーヴ・ブルームフィールド 『サッカーと独裁者 アフリカ13か国の「紛争地帯」を行く』 白水社2011年、229-231頁。
  2. ^ George Weah has temporarily stepped aside from his role with UNICEF
  3. ^ リベリアの怪人ウェアの息子がPSGと2018年まで契約”. Goal.com (2016年5月14日). 2016年5月14日閲覧。