ゲルト・ミュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲルト・ミュラー Football pictogram.svg
BOMBERGERDMUELLER.JPG
名前
本名 ゲルハルト・ミュラー
愛称 Der Bomber (爆撃機)
ラテン文字 Gerd Müller
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1945-11-03) 1945年11月3日(71歳)
出身地 ネルトリンゲン
身長 175cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1966-1974 ドイツの旗 ドイツ 62 (68)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゲルト・ミュラーGerd Müller1945年11月3日 - )は、西ドイツネルトリンゲン出身の元サッカー選手。ポジションはFW

1970年代の西ドイツを代表するストライカー。抜群の得点感覚とポジショニングで泥臭いゴールを得意とし、どんな体勢からでもゴールを奪った。驚異的な数の得点を量産し、『デア・ボンバー爆撃機)』と呼ばれた。

略歴[編集]

クラブ[編集]

1963年、地元のクラブ・TSVネルトリンゲンでデビュー。ここでの活躍がスカウトの目に留まり、翌シーズンにはバイエルン・ミュンヘンと契約。在籍15年間で4回のリーグ優勝(1969 / 72 / 73 / 74年)、7回の西ドイツ・ブンデスリーガ得点王(1967 / 69 / 70 / 72 / 73 / 74 / 78年)、チャンピオンズカップ優勝3回(1974 / 75 / 76年)、カップウィナーズカップ優勝1回(1967年)、西ドイツカップ優勝4回(1966 / 67 / 69 / 71年)と輝かしい成績を残した。

1979年、西ドイツを後にしてアメリカへ渡り、フォートローダーデール、スミス・ブラザーズに所属した後、1982年に現役を引退した。

引退後は一時期アルコール依存症に苦しんだ時期があったが、旧知の仲であるバイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネスGMやフランツ・ベッケンバウアー会長、ゼップ・マイヤーGKコーチの助けもあり、アルコール依存症を克服[1]。同クラブの育成部門でアシスタントコーチなども務めた。

1992年からは、バイエルン・ミュンヘンサテライトチームのアシスタントコーチを務めている。

代表[編集]

1974年7月16日、対オランダ戦にて

1966年10月12日 vsトルコ戦で代表デビュー、無得点に終わるが2戦目のアルバニア戦では4ゴールを挙げた。

1970年メキシコワールドカップでは10得点、1974年西ドイツワールドカップでは、オランダとの決勝戦で決勝ゴールを決めるなど、4得点を挙げた。ワールドカップ通算14ゴールは、ブラジル代表のロナウド2006年ドイツワールドカップで塗り替えるまでは、32年間歴代最多記録であった(2014年現在歴代3位。2010年南アフリカ大会でドイツ代表の後輩となるミロスラフ・クローゼに並ばれた。クローゼは2014年ブラジル大会で通算16得点とし、最多記録保持者となっている)。

1972年の欧州選手権で4得点を記録し、得点王に輝くとともにチームを優勝へ導いた。なお、1974年決勝オランダ戦を最後に28歳で代表を引退した。

歴代最多得点記録[編集]

所属クラブ[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

代表[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1995年12月5日). “No.128 ゲルト・ミュラー クラブがあった幸運”. 2012年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]