デニス・ロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デニス・ロー Football pictogram.svg
Denis Law.jpg
名前
愛称 金髪の悪魔[1]、キング[1]
ラテン文字 Denis Law
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 (1940-02-24) 1940年2月24日(77歳)
出身地 アバディーン
身長 175cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW
利き足
代表歴
1958–1974 スコットランドの旗 スコットランド 55 (30)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

デニス・ロー(Denis Law, 1940年2月24日 - )は、スコットランド出身の元サッカー選手。ポジションはFW(CF)。

人物[編集]

スコットランドが世界に誇る名ストライカーボビー・チャールトンジョージ・ベスト等と共にマンチェスター・ユナイテッドの一時代を築き上げた。オールド・トラッフォードには、この二人と並んでローの像が建てられている。スコットランド代表での30ゴールはケニー・ダルグリッシュと並んで同国最多得点記録である。

奔放な行動や激しい闘争心、その得点力と容姿から相手チームからは『金髪の悪魔』と恐れられ、ファンからは『キング』と呼ばれた。 高い得点力を持ち、『ジャックナイフ』と称される鋭いヘディングシュートの他、ロングシュートやアクロバティックなシュートも得意でボビー・チャールトン以上の人気を誇り、彼にあやかりたいと子供に「デニス」と名付ける親が続出、デニス・ベルカンプもローの名から来ている。

経歴[編集]

1955年15歳でハダースフィールド・タウンと契約、翌年トップチームに出場。1958年10月18日にはウェールズ戦で代表デビューを果たす。1960年マンチェスター・シティへ移籍、ここでの活躍が認められ、1961年、当時イングランドの移籍金最高額でイタリアトリノへ移籍。しかし思うような結果が出せず1シーズンでイングランド・フットボールリーグへ復帰し、1962年マンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。

1973年まで在籍し、11シーズンの通算成績は309試合出場171得点、1964年にはスコットランド人初のバロンドールを受賞、1964-65、1966-67シーズンにはリーグ優勝に貢献。FAカップも2度獲得し、彼が決めた40ゴールはイアン・ラッシュが塗り替えるまで同大会での最多得点記録だった。1967-1968にマンチェスター・ユナイテッドはUEFAチャンピオンズリーグでも優勝したが、怪我により入院していたローは決勝のピッチに立つことが出来なかった。しかし後日、監督であるマット・バスビービッグイヤーを持ってローの病室を訪れたという。

1973年古巣マンチェスター・シティへ移籍、ここで1シーズンを過ごし、1974年34歳で現役を引退した。ローが決めた現役最後のゴールは、マンチェスター・ユナイテッドの2部リーグ降格を決めるものだった。

2002年には、イングランドサッカー殿堂に選ばれている。

所属クラブ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b デニス・ベルカンプ(3)EURO92で、先輩デニスばりに後方から走り上がり見事なゴールを演じた”. 賀川サッカーライブラリー (2009年6月16日). 2014年5月12日閲覧。