カール=ハインツ・ルンメニゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール=ハインツ・ルンメニゲ Football pictogram.svg
2015-02-06 Rummenigge 0370.JPG
バイエルン・ミュンヘンCEO時代(2015年2月)
名前
愛称 Kalle(カーレ)[1]、Mr.ヨーロッパ
ラテン文字 Karl-Heinz Rummenigge
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1955-09-25) 1955年9月25日(64歳)
出身地 リップシュタット
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1974-1984 西ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 310 (162)
1984-1987 イタリアの旗 インテル・ミラノ 64 (24)
1987-1989 スイスの旗 セルヴェット 50 (34)
代表歴
1976-1986 西ドイツの旗 西ドイツ 95 (45)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カール=ハインツ・ルンメニゲ[2]Karl-Heinz Rummenigge1955年9月25日 - )は、ドイツ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW。主に、ブンデスリーガFCバイエルン・ミュンヘン」の選手として知られる。1980年1981年と2度のバロンドールを受賞し[3]、その著しい活躍から『ミスターヨーロッパ』とも称えられた[4]。引退後は、バイエルン・ミュンヘンの重職を歴任している。

クラブ経歴[編集]

1955年: ノルトライン=ヴェストファーレン州リップシュタットに生まれる。1963年:、地元のボルシア・リップシュタットでサッカーを始める。

1974-75シーズン、デットマール・クラマーの勧誘によりバイエルン・ミュンヘンに入団。 9月7日、ポカールのVfBシュトゥットガルト戦で公式戦でのプロ初ゴールを決め[5]、リーグ第4節の1.FCケルン戦でブンデスリーガ初ゴールを決めた[5]。また同シーズンにはUEFAチャンピオンズカップで初優勝を果たした。1975-76シーズンからレギュラーポジションを掴み[1]、UEFAチャンピオンズカップ連覇。インターコンチネンタルカップでも優勝。10月6日ウェールズ戦でドイツ代表デビューを飾った[1]

1979-80シーズン、リーグ戦では第34節のアイントラハト・ブラウンシュヴァイク戦でのハットトリックを含む[5]、トータルで26ゴールを決め、初のブンデスリーガ得点王を獲得した。

1980-81シーズン、リーグ戦では第12節の1.FCニュルンベルク戦、第28節のMSVデュースブルク戦、第33節のボルシア・メンヒェングラートバッハ戦と3度のハットトリックを含む[5]、29ゴールを決め、2度目のブンデスリーガ得点王を獲得、また12月にはバロンドール受賞。

1981-82シーズン、バロンドール受賞。ブンデスリーガ、DFBポカールの二冠達成した。(ポカール決勝の1.FCニュルンベルク戦では1ゴール1アシストを決めて優勝に貢献した[5]。)

西ドイツ代表時代(1982年)

1983-84シーズン、リーグ戦では第7節のSVヴァルトホーフ・マンハイム戦でハットトリックを[5]、第21節のオッフェンバッハ戦では4ゴールを挙げ[5]、第22節のブレーメン戦では弟のミヒャエルと共にゴールを決めるなど[6]、トータルで26ゴールを決め、ブンデスリーガで3度目の得点王を獲得し、ブンデスリーガ、DFBポカール二冠を達成したが、このシーズンでバイエルンを退団、以降母国のクラブでプレーすることは無かった。ブンデスリーガでは通算310試合162ゴール、ポカールでは42試合25ゴールの成績を残した[7]

1984-85シーズン、8月に、600万ユーロでイタリアのインテル・ミラノへ移籍[1]。8月22日のコッパ・イタリアS.P.A.L.戦で移籍後初ゴールを挙げると[5]、セリエA第8節のユベントスとのイタリアダービーでセリエA初ゴールを含む2ゴールを挙げた[5]。2シーズン目にはリーグ戦では13ゴール、年間トータルでは19ゴールを挙げたが[5]、3シーズン目は怪我に悩まされ、年間トータルで僅か24試合6ゴールに終わった[5]

1987年、スイスのセルヴェットFCへ移籍し、2シーズン後の1989年に現役引退[1]

代表経歴[編集]

西ドイツ代表では、1976年10月6日ウェールズ戦でデビュー[8]。1977年10月8日のイタリア戦で代表初ゴールを挙げた[8]

1978年、ワールドカップアルゼンチン大会では1次リーグのメキシコ戦でワールドカップ初出場を果たし、2ゴールを決め[8]、2次リーグのオーストリア戦でも1ゴールを決めたが[8]、2次リーグで敗退し、準決勝には進出出来なかった。

1980年のUEFA欧州選手権では決勝のベルギー戦でホルスト・ルベッシュの決勝ゴールをアシストして優勝に貢献した[8]

ワールドカップスペイン大会では1次リーグのアルジェリア戦で1ゴール[8]チリ戦ではハットトリックを決め[8]、準決勝のフランス戦の延長戦でもゴールを決め[8]、決勝進出したが、決勝でイタリア戦ではゴールを決められず、チームも敗れて準優勝に終わった。

1986年、ワールドカップメキシコ大会決勝のアルゼンチン戦でもゴールを決めたが、2-3と破れた[8]。大会後代表を引退、同試合が代表最後の出場であった。

1982年、1986年大会とも怪我を抱えながらの出場ながら、3大会で計19試合に出場して9ゴールを挙げ[9]、2度決勝に進出したが、どちらの大会とも破れ準優勝に終わった。代表通算では95試合45ゴールの成績を残した[8]

引退後[編集]

1990年からドイツ公共放送連盟(ARD)の解説者を務めた。1991年: バイエルン・ミュンヘンに副会長として復帰[1]、2002年: フランツ・ベッケンバウアーの後任として同クラブの代表取締役会長に就任[1]

2004年: ペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人(FIFA100)に選出される。

エピソード[編集]

  • 自身が代表取締役をつとめるバイエルン・ミュンヘンは、2006年に浦和レッズとパートナーシップを締結、同年7月31日には埼玉スタジアムで行われた両チームの親善試合に、バイエルンOBチームの一員として試合に参加して2ゴールを挙げる活躍を見せた[10]
  • まだ無名だった頃、1975年1月にバイエルンミュンヘンの一員として来日、1月7日の日本代表との試合では開始1分でゴールを決めている。

代表歴[編集]

  • 1976-1986 西ドイツ代表 95試合45得点
    • FIFAワールドカップ出場 3回(1978アルゼンチン大会、1982スペイン大会、1986メキシコ大会)
    • UEFA欧州選手権出場 2回(1980イタリア大会、1984フランス大会)

主な獲得タイトル[編集]

個人タイトル[編集]

国際サッカー歴史統計連盟

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g カール=ハインツ・ルンメニゲ”. fcbayern.com. 2020年8月4日閲覧。
  2. ^ 日本のメディアではルムメニゲと表記する場合がある。
  3. ^ Ballon d’Or Winners-liveabout.com
  4. ^ “ミスター・ヨーロッパ”ことカール=ハインツ・ルンメニゲのセンスが凝縮されたリフティングゴール!”. web.ultra-soccer.jp. 2020年8月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k Karl Heinz Rummenigge All goals”. www.transfermarkt.com. 2020年8月4日閲覧。
  6. ^ a b 浦和でも活躍したルンメニゲのアクロバティックなアウトサイドボレー”. web.ultra-soccer.jp. 2020年8月4日閲覧。
  7. ^ Karl Heinz Rummenigge Karrier”. www.kicker.de. 2020年8月4日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j Karl Heinz Rummenigge National team”. www.transfermarkt.com. 2020年8月4日閲覧。
  9. ^ 歴代最強イレブン ドイツ 特集 カール=ハインツ・ルンメニゲ”. www.jiji.com. 2020年8月4日閲覧。
  10. ^ FCバイエルン・ミュンヘン パートナーシップ”. www.urawa-reds. 2020年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]