ヴォジミエシュ・ルバンスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴォジミエシュ・ルバンスキ Football pictogram.svg
Włodzimierz Lubański.jpg
名前
本名 ヴォジミエシュ・レオナルド・ルバンスキ
Włodzimierz Leonard Lubański
ラテン文字 Włodzimierz Lubański
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1947-02-28) 1947年2月28日(72歳)
出身地 ソスニカ
身長 178cm
体重 76g
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1962-1975 ポーランドの旗 グールニク・ザブジェ 234 (155)
1975-1982 ベルギーの旗 KSCロケレン 196 (82)
1982-1983 フランスの旗 ヴァランシエンヌFC 31 (27)
1983-1985 フランスの旗 スタッド・カンペール 58 (14)
1984-1985 ベルギーの旗 ラシン・メケレン 1 (0)
代表歴
1963-1980 ポーランドの旗 ポーランド 75 (48)
監督歴
1984-1985 フランスの旗 カンペール・ケルファントゥンFC
1985-1986 ベルギーの旗KRCメヘレン
1987-1988 ベルギーの旗 KSCロケレン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴォジミエシュ・ルバンスキポーランド語: Włodzimierz Leonard Lubański, 本名:ヴォジミエシュ・レオナルド・ルバンスキ、Włodzimierz Leonard Lubański, 1947年2月28日 - )は、ポーランド出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

ポーランド史上最高のサッカー選手。得点能力だけでなくゲームメイク能力も持ち合わせる万能型選手だった。1963年9月のノルウェー戦で16歳6ヶ月の若さでポーランド代表に史上最年少デビューを果たすと、1980年に代表から退くまで44得点(5つのハットトリックを含む)を記録するなど、この記録は現在も代表最多記録となっている。

1972年のミュンヘンオリンピックで金メダルを獲得すると世界中に注目されるが、1973年6月6日にホームのホジューフで行われたワールドカップ西ドイツ大会欧州予選、イングランド[1]で相手DFロイ・マクファーランドの悪質なタックルを受け骨折した影響で本大会を棒に振ることになった。

怪我の治療とリハビリの為に2年間を費やし、1978年のアルゼンチン大会には間に合う事が出来たが不調により大会期間中にレギュラーの座を失った。また1975年からは故国を離れベルギーやフランスの海外クラブでプレーを続けたが、全盛期のプレーを取り戻すことはなかった。

代表歴[編集]

  • 1963年-1980年 ポーランド代表 75試合47得点
    • FIFAワールドカップ出場 1回(1978年アルゼンチン大会ベスト8)
    • オリンピック出場 1回(1972ミュンヘン大会優勝)

獲得タイトル[編集]

  • オリンピック 1回(1972ミュンヘン大会)

クラブ[編集]

  • ポーランドリーグ 7回(1963,1964,1965,1966,1967,1971,1972)
  • ポーランドカップ 6回(1965,1968,1969,1970,1971,1972)

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]