エマヌエル・オリサデベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エマヌエル・オリサデベ Football pictogram.svg
Emanuel Olisadebe.jpg
名前
ラテン文字 Emmanuel Olisadebe
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1978-12-22) 1978年12月22日(38歳)
出身地 ナイジェリアの旗 ナイジェリア ワリ
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
2000-2004 ポーランドの旗 ポーランド 25 (11)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エマヌエル・オリサデベEmmanuel Olisadebe, 1978年12月22日 - )は、ナイジェリア出身の元ポーランド代表サッカー選手。ポジションはフォワード

経歴[編集]

1978年ナイジェリアワリで生まれ、1997年にポロニア・ワルシャワへの移籍を期にポーランドに移住[1]。その身体能力の高さと鋭い得点感覚でナイジェリアとポーランド双方から代表招集の声がかかり、最終的には当時のヴラディスラフ・エンゲル監督やアレクサンデル・クファシニェフスキ大統領の政治力によりポーランド国籍を取得して代表に入ることを選択した。

2000年に代表入りすると、日韓ワールドカップ・ヨーロッパ予選では8得点を記録し本大会出場に貢献[2]。1986年のメキシコ・ワールドカップ以来となる、16年ぶりのFIFAワールドカップ出場に導いた。

しかし同大会の予選を境に、それ以降は目立った活躍を見せることができなかった。2013年1月に現役を引退した。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本人曰く、当初「ヨハネ・パウロ2世の出身地というイメージしかなかった」とのこと。
  2. ^ ちなみにポーランドは、かつては東欧きっての強豪国として知られスペイン・ワールドカップではズビグニェフ・ボニエクを擁し3位入賞を果たしている。

外部リンク[編集]