カジミエシュ・デイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カジミエシュ・デイナ Football pictogram.svg
Bundesarchiv Bild 183-N0706-0039, Fußball-WM, VR Polen - Brasilien 1-0 Deyna.jpg
名前
愛称 カカ
ラテン文字 Kazimierz Deyna
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 1947年10月23日
出身地 スタロガルド・グダンスキ
没年月日 (1989-09-01) 1989年9月1日(41歳没)
身長 178cm
体重 76g
選手情報
ポジション MFFW
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1966 ポーランドの旗 ŁKSウッチ 1 (0)
1966-1978 ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 390 (141)
1978-1981 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 38 (12)
1981-1987 アメリカ合衆国の旗 サンディエゴ・サッカーズ 256 (152)
1987-1989 アメリカ合衆国の旗 レジェンズ・サンディエゴ
代表歴
1968-1978 ポーランドの旗 ポーランド 97 (41)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カジミエシュ・デイナ(Kazimierz Deyna, 1947年10月23日 - 1989年9月1日)は、ポーランド出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはMFFW

経歴[編集]

地元のヴォクニアシュ・スタロガルド・グダンスキでサッカーを学び、1961年にŁKSウッチに入団して選手キャリアをスタートさせる。元々はFWの選手で、1968年にポーランド代表に選出されると、1972年のミュンヘンオリンピックでは9得点を上げ得点王に輝くと共に優勝に導いた[1]

1974年のワールドカップ西ドイツ大会ではエースのヴォジミエシュ・ルバンスキが欠場した事で中盤に下がりゲームメイクを担当する事になった。大会に入ると、デイナの放つ鋭いロングパスからFWのグジェゴシ・ラトーロベルト・ガドハが俊足を飛ばす高速カウンターサッカーが見事に機能。1次リーグ最終戦、イタリア戦では、優勝候補の一角と目された強豪を相手に44分に決勝点をあげ[2]2-1で破る活躍を見せるなど、この大会の3位入賞の原動力となった。

ポーランド代表としては1978年のワールドカップアルゼンチン大会でもプレー。この年に代表から退くまで国際Aマッチ97試合に出場41得点を記録した。

クラブレベルでは1978年にイングランドフットボールリーグ・ディビジョン1(当時の最上位リーグ)のマンチェスター・シティFCへ移籍。1981年からは北米サッカーリーグサンディエゴ・サッカーズへ移籍し、1984年に同リーグが消滅後もインドアサッカーの選手としてアメリカに留まってプレーを続けていた。1989年9月1日、カリフォルニア州サンディエゴで自動車事故により死去。41歳没。

獲得タイトル[編集]

代表[編集]

  • オリンピック:1回 (1972)

クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]