ヘルベルト・プロハスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヘルベルト・プロハスカ Football pictogram.svg
20180602 FIFA Friendly Match Austria vs. Germany Herbert Prohaska 850 0545.jpg
名前
愛称 Schneckerl
ラテン文字 Herbert Prohaska
基本情報
国籍  オーストリア
生年月日 (1955-08-08) 1955年8月8日(63歳)
出身地 ウィーン
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1974-1989 オーストリアの旗 オーストリア 83 (10)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヘルベルト・プロハスカHerbert Prohaska, 1955年8月8日 - )は、オーストリアウィーン出身の同国代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(MF)。

1980年代を通じてオーストリア・ブンデスリーガイタリアセリエAで活躍した。愛称の「Schneckerl」は縮れた髪の毛を意味するウィーンの方言で、若い頃の彼の髪型に由来している。

経歴[編集]

長年に渡りFKアウストリア・ウィーンの中心選手として活躍、4度のリーグ優勝と3度のカップ優勝を果たす。

1980年セリエAの名門インテルへ移籍。2シーズン目にはコッパ・イタリアで優勝。1982年には同リーグのASローマに移籍。初年度でリーグ優勝を果たし、スクデットを獲得した。当時外国人に対して比較的閉鎖的であったセリエAでプロハスカが各クラブの主力選手として活躍したことは、以降イタリアへの移籍を希望する多くのオーストリア出身選手に影響を与えた。

オーストリア代表選手としては1978年FIFAワールドカップ・アルゼンチン大会1982年FIFAワールドカップ・スペイン大会に出場、1978年大会、2次リーグ最終戦において前回優勝国の西ドイツを3-2で破り、コルドバの奇跡と賞賛された一員でもある。また1982年大会、1次リーグ第3戦の西ドイツ戦(ヒホンの無気力試合。一部で八百長が噂され、ワールドカップ史上最も恥ずべき試合とも呼ばれている)でもピッチに立っている。1989年に現役引退。

指導者としては1990年からFKアウストリア・ウィーンの監督に就任。1993年からオーストリア代表監督に就任し、FIFAワールドカップ・フランス大会予選を突破し本大会出場に導き、翌1998年の本大会でも指揮を執った。

2003年11月のUEFAジュビリーアウォーズの際には、オーストリアサッカー協会から同国の20世紀最優秀選手に選出され、2005年にはオーストリアの国家勲章を与えられたプロハスカは、代表監督を辞任してから早々に監督業を引退、現在はオーストリア国営放送(ORF)のコメンテーターとして活躍している。

選手経歴[編集]

指導者経歴[編集]

  • 1990年-1992年 オーストリアの旗 FKアウストリア・ウィーン 監督 
  • 1993年-1999年 オーストリアの旗 オーストリアA代表 監督
  • 1999年-2000年 オーストリアの旗 FKアウストリア・ウィーン 監督

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人タイトル[編集]

  • オーストリア年間最優秀選手賞 3回(1984, 1985, 1987)

外部リンク[編集]