ディノ・ゾフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディノ・ゾフ Football pictogram.svg
Dino Zoff (1974).jpg
名前
愛称 モニュメント,スーペル・ディノ
ラテン文字 Dino Zoff
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1942-02-28) 1942年2月28日(75歳)
出身地 マリアーノ・デル・フリウーリ
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
代表歴
1968-1983[1] イタリアの旗 イタリア 112 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディノ・ゾフ(Dino Zoff, 1942年2月28日 - )は、イタリア出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはゴールキーパー

人物[編集]

「氷のゴールキーパー」の異名を持つイタリアを代表する守護神。ユヴェントス在籍時の1973-74シーズンに1974年西ドイツワールドカップハイチ戦で得点を許すまで1143分間連続無失点記録を樹立している。

ユヴェントス在籍時にセリエAコッパ・イタリアUEFAカップウィナーズカップなどの栄冠を手にしている。代表では欧州選手権の1968年大会でベストイレブンに選ばれる活躍で、優勝に貢献した。1980年大会でもベストイレブンに選出された。また40歳にしてイタリアが優勝した1982年W杯で代表キャプテンを務め、チームをまとめた。「老いぼれ」と揶揄される中、パオロ・ロッシらと共に見事優勝し「ゴールキーパーはワインと同じ。年を重ねるほど味が出る」との名言を残す。全世界歴代ゴールキーパーで3本の指に入ると賞されている。セリエA通算出場570試合は2005年パオロ・マルディーニが塗り替えるまで最多だった。

引退後はイタリア五輪代表監督を務め、1989年から古巣ユヴェントスを率いてUEFAカップとコッパイタリアで優勝した。1990年からはラツィオで監督を務め、1994年からは同クラブの会長に就任。1998年にイタリア代表監督に就任すると、EURO2000フランスに敗れたものの準優勝に導いた。その後再びラツィオの監督に復帰したが、2001年9月に成績不振で解任された。2005年1月から6月まではフィオレンティーナの監督を務めた。

1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で47位に選出された。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

監督歴[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]