ヤリ・リトマネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤリ・リトマネン Football pictogram.svg
Litmanen jari.jpg
フィンランド代表でのリトマネン(2009年)
名前
本名 Jari Olavi Litmanen
愛称 リティ
カタカナ ヤリ・オラビ・リトマネン
基本情報
国籍  フィンランド
生年月日 (1971-02-20) 1971年2月20日(46歳)
出身地 パイヤト=ハメ県ラハティ
身長 182cm
体重 81kg
選手情報
ポジション FW / MF
利き足 右足
ユース
1977-1987 フィンランドの旗 レイパス・ラハティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987–1990 フィンランドの旗 レイパス・ラハティ 86 (28)
1991 フィンランドの旗 HJKヘルシンキ 27 (16)
1992 フィンランドの旗 MyPa 18 (7)
1992–1999 オランダの旗 アヤックス 159 (91)
1999–2001 スペインの旗 バルセロナ 21 (3)
2001–2002 イングランドの旗 リヴァプール 26 (5)
2002–2004 オランダの旗 アヤックス 20 (5)
2004 フィンランドの旗 FCラハティ 11 (3)
2005 ドイツの旗 ハンザ・ロストック 13 (1)
2005–2007 スウェーデンの旗 マルメFF 10 (3)
2008 イングランドの旗 フラムFC 0 (0)
2008-2010 フィンランドの旗 FCラハティ 40 (10)
2011 フィンランドの旗 HJKヘルシンキ 18 (1)
通算 449 (173)
代表歴
1989-2010[1] フィンランドの旗 フィンランド 137 (32)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヤリ・リトマネンJari Litmanen, 1971年2月20日 - )は、フィンランド出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはMFフォワード

フィンランド代表の最多出場記録と最多得点記録を持つストライカー。

経歴[編集]

1987年、父も所属していた地元のクラブであるレイパス・ラハティでキャリアをスタート。1989年にはフィンランド代表に招集され、10月22日トリニダード・トバゴ戦でデビューを飾る。1990年にはフィンランド年間最優秀選手に選出された。

その後フィンランドのクラブチームを転々とし、1992年アヤックスへ移籍。素早い判断力と精度の高い右足で頭角を現し、1994-1995シーズンにはリーグ得点王とチャンピオンズリーグで優勝を果たすなど、数々のタイトルをクラブにもたらした。その活躍が認められ、1999年リーガ・エスパニョーラの強豪FCバルセロナへと移籍するが結果を残せず、1シーズンで去ることとなった。 バルセロナへは当時のルイ・ファン・ハール監督の肝入りで入団し、背番号10を与えられたものの、3トップの更に下のポジションを任されたため、自ら最前線へ飛び出してゴールに絡むプレーが特徴のリトマネンは全くフィットしなかった。 更に悪いことに、この頃のバルサはファン・ハールのオランダ人偏重志向への批判が強く、本人はオランダ人ではないものの、アヤックスからの移籍となったリトマネンは、その批判の矢面に立たされることとなり、マスコミやバルセロニスタからリーグ3連覇を逃した戦犯のような扱いを受けた。

そして、子供の頃からの憧れと公言していたFAプレミアリーグリヴァプールFCへ移籍。しかし、ここでも故障や選手層の厚さなどで出場機会に恵まれず、2002年にアヤックスへ復帰。その後、母国のFCラハティハンザ・ロストックを経て、スウェーデンのマルメFF2007年まで在籍した。

2008年1月からはフラムFCに加入したが、シーズン末に契約解除となった。8月にフィンランドリーグ・ヴェイッカウスリーガのFCラハティに短期契約で復帰することになった。

2009-2010シーズンにはリーグ戦21試合に出場し、5得点と存在感を発揮した。2010-2011シーズンからは古巣の強豪クラブHJKヘルシンキへ復帰した。シーズン終了後に引退した。

個人タイトル[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Jari Litmanen - Century of International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/litmanen-intlg.html 

関連項目[編集]