メンフィス・デパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メンフィス・デパイ Football pictogram.svg
Memphis Depay Barca 2021.jpg
FCバルセロナでのデパイ(2021年)
名前
ラテン文字 Memphis Depay[1]
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
ガーナの旗 ガーナ
生年月日 (1994-02-13) 1994年2月13日(28歳)
出身地 モールドレヒト
身長 176cm[2]
体重 86kg[2]
選手情報
在籍チーム スペインの旗 FCバルセロナ
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
ユース
2000-2003 オランダの旗 VVモードレヒト
2003-2006 オランダの旗 スパルタ・ロッテルダム
2006-2011 オランダの旗 PSVアイントホーフェン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2015 オランダの旗 PSVアイントホーフェン 90 (39)
2015-2017 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 33 (2)
2017-2021 フランスの旗 オリンピック・リヨン 139 (63)
2021- スペインの旗 FCバルセロナ 12 (6)
代表歴2
2008-2009  オランダ U-15 4 (2)
2009  オランダ U-16 6 (2)
2010-2011  オランダ U-17 17 (8)
2011-2013  オランダ U-19 7 (8)
2013  オランダ U-21 7 (0)
2013- オランダの旗 オランダ 75 (38)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年11月17日現在。
2. 2021年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

メンフィス・デパイ(Memphis Depay, 1994年2月13日 - )は、オランダモールドレヒト出身のサッカー選手ラッパーFCバルセロナ所属。オランダ代表。ポジションはフォワード

サッカー選手としてのキャリアはPSVアイントホーフェンで始まり、全公式戦で124試合に出場し、50ゴールを記録している。2014-15シーズンにはリーグタイトルを獲得し、自身も30試合で22ゴールを挙げ、得点王のタイトルを獲得した。2015年5月に2500万ポンドの移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍が決定した。その後はなかなか出場機会を得られず、オリンピック・リヨンに移籍した。

UEFA U-17欧州選手権2011に出場し、優勝を経験したデパイは2013年にA代表デビューを飾り、2014 FIFAワールドカップのメンバーに選出された。

ファーストネームの『メンフィス』と呼ばれることも多い[3]

クラブ経歴[編集]

PSV[編集]

PSVでプレイするデパイ (2011年)

モードレヒトで生まれ、9歳で地元を離れてスパルタ・ロッテルダムに加入し、その3年後にはPSVアイントホーフェンに移った[4]

2011年、PSVのリザーブチームに当たるヨングPSVでプレイをしながら、トップチームの練習にも参加していた。2011年9月21日に行われ、8-0で勝利したKNVBカップ2回戦のVVSB戦で公式戦デビューを飾ると[5]、2012年2月26日に行われたフェイエノールト戦のアディショナルタイムザカリア・ラビアドと交代で出場し、リーグ戦デビューを果たした。その試合ではチームもライバルクラブであるフェイエノールトに3-2で勝利を挙げた。3月18日に行われ、5-1で勝利したヘーレンフェーン戦ではドリース・メルテンスと交代で出場した6分後にゴールを挙げ、初ゴールを記録した。最終的に1年目のシーズンはすべて途中出場ながらリーグ戦8試合に出場し、3ゴールを挙げた。

2012年4月8日に行われたKNVBカップ決勝のヘラクレス戦にメルテンスと交代で残りの4分間に出場した翌日に監督であったフィリップ・コクーの下、正式にトップチームに昇格し[6]、6月29日に初めて2017年までのプロ契約を結んだ[7]

2012年8月5日に行われたヨハン・クライフ・スハールルシアーノ・ナルシンと84分に交代で出場し、前シーズンのリーグチャンピンオンであったアヤックスに4-2で勝利し、2013年3月2日に行われたVVVフェンロー戦では初めてスターティングメンバーとして出場した。その試合では同じ10代のユルゲン・ロカディアのアシストからゴールを記録し[8]、最終的にリーグ戦では2試合のスターティングメンバーとしての出場を含め20試合に出場し、2ゴールを記録した。2年連続でカップ戦の決勝にも進出したが、デパイは5分間の出場に留まり、チームもAZに1-2で敗れた。

2013年7月30日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦のズルテ・ワレヘム戦で左サイドからドリブルで持ち上がりゴールの上隅にシュートを決め、ヨーロッパの大会における初ゴールを記録し、チームも2試合合計5-0でプレイオフ進出を決めたが[9]ACミランに敗れ、本戦に進むことはできなかった[10]

2013年10月27日に行われたローダ戦ではティム・マタヴジュのゴールをアシストしたが、後半に2枚のイエローカードを提示され、プロキャリアで初めてとなる退場処分を受け、チームも1-2で敗れた[11]。チームは勝利を挙げられず苦しんでいたが、12月15日に行われたユトレヒト戦では2ゴールを記録し、5-2の勝利に貢献した[12]。この勝利によりチームに8試合振りの勝点3をもたらした。2014年2月5日から3月23日まで8連勝を記録したチームにおいては3月15日に行われたフィテッセ戦で眼窩にひびが入る怪我を負ったが[13]、23日に行われたローダ戦にマスクを着用してフル出場し、チームの勝利に貢献した。

2-0で勝利したシーズン最終節のNACブレダ戦ではチームの1ゴール目を記録し、この勝利によりPSVは最終的にリーグ戦では4位に着け、41年連続となるヨーロッパの大会への出場権を獲得した[14]

ワールドカップにおける活躍を受け、マンチェスター・ユナイテッド[15]トッテナム・ホットスパーなどのクラブが獲得に興味を示しているとの報道がなされ[16]、落ち着かない中でスタートしたシーズンではあったが、デパイはシーズンを通して活躍を見せた。

2014年8月5日に行われたヨーロッパリーグ予選3回戦のザンクト・ペルテン戦では途中出場ながら1ゴール、1アシストを記録し、1stレグを3-2で勝利したPSVは2試合の合計4-2でプレイオフ進出を決めた[17]。その試合から3日後に行われたエールディヴィジ開幕戦のヴィレムII戦では2ゴールを記録し、チームの3-1の勝利に貢献した[18]。第2節のNACブレダ戦では2本のフリーキックを決めると、ジョルジニオ・ワイナルドゥムのゴールをアシストし、チームも6-1で勝利を挙げた[19]。8月28日に行われたヨーロッパリーグのプレイオフのシャフティオール・ソリゴルスクとの2ndレグでは2ゴールを挙げ、2試合合計3-0でチームも本戦進出を決めた[20]。9月13日に行われたズヴォレ戦では鼠蹊部を負傷し、18分で交代となった[21]

2015年4月15日に行われ、4-1で勝利したヘーレンフェーンではデパイもフリーキックからチームの2ゴール目を記録し、PSVは2008年以来となる22度目のエールディヴィジ優勝を決定した[22]。シーズン途中にPSVはマンチェスター・ユナイテッドのオファーを受け入れたため[23]、5月10日に行われたヘラクレス・アルメロ戦がデパイにとって最後のホームゲームとなったが、デパイはゴールを決め、交代の際にはファンからのスタンディングオベーションに加え、チームメイトからも祝福を受けた[24]。最終的にリーグ戦では22ゴールを挙げ、チームメイトのルーク・デ・ヨングを上回り、得点王のタイトルを獲得した[25]

マンチェスター・ユナイテッド[編集]

マンチェスター・ユナイテッドでのデパイ(2015年)

2015年5月7日、メディカルチェックを通過することを前提にPSVアイントホーフェンマンチェスター・ユナイテッドはデパイの移籍について合意した[26][27]。ユナイテッドの監督であったルイ・ファン・ハールパリ・サンジェルマンも関心を示していたため、早くに契約しなければならなかったと話した[28]リヴァプールの監督であったブレンダン・ロジャーズはデパイについて興味を持っていなかったと主張したが、PSVのダイレクターであったマルセル・ブランズはデパイの移籍に関してリヴァプールと接触があったことを認めた[29]。6月12日に1年間の延長オプション付きの4年間の契約を結び[30]、2015年7月10日に行われた記者会見で正式に紹介された[31]

マンチェスター・ユナイテッドでのデビューは7月17日に行われたクラブ・アメリカとのプレシーズンマッチであり、後半から11人全員を入れ替えたため、出場は前半の45分間に終わった[32]。その試合の4日後に行われ、3-1で勝利したサンノゼ・アースクエイクス戦で初ゴールを記録した[33]

本人の希望により、デパイはジョージ・ベストブライアン・ロブソンエリック・カントナデイヴィッド・ベッカムクリスティアーノ・ロナウドといった選手が背負ったクラブの象徴的な背番号である7番を与えられた[34][35]。2015年8月8日に行われたシーズン開幕戦のトッテナム・ホットスパー戦にスターティングメンバーとして出場し、アンデル・エレーラと交代する68分までプレイをし、プレミアリーグデビューを果たした。試合後に監督のファン・ハールはデパイについて、とても熱心にプレイをしたと話した[36]。8月18日に行われたチャンピオンズリーグ・プレーオフクラブ・ブルッヘ戦では前半にマンチェスター・ユナイテッドにおける公式戦初ゴールを含め2ゴールを記録し、3-1の勝利に貢献した[37]

リヨン[編集]

マンチェスター・ユナイテッドでは公式戦53試合で7ゴールと活躍出来ず[38]、シーズン途中の2017年1月よりリヨンでプレー。2017-18シーズンのシーズン最終節ではハットトリックを決め勝利したことで、リヨンはチャンピオンズリーグ出場権を獲得した[39]。リヨンでは中心選手として2019年11月16日までに130試合で50ゴール42アシストを記録してる[38]

2020-21シーズン、開幕戦となったディジョン戦でハットトリックを決めた[40]。同シーズン、リーグ最多となる12アシストを決めリーグアンアシスト王となった[41]

バルセロナ[編集]

2021年6月19日、FCバルセロナに移籍することが発表された[42]。契約期間は2022-23シーズンまでの2年間。7月31日に行われたプレシーズンマッチ、VfBシュトゥットガルト戦では前半21分に自陣からのロングフィードに抜け出しボレーで先制点を決め、バルサでの初得点を記録し勝利に貢献した。移籍1年目の2021-22シーズン開幕戦から先発に定着。8月21日のアスレティック・ビルバオ戦では、0-1で迎えた後半30分に、移籍後初ゴールとなる同点ゴールを決めた[43]ロナルト・クーマンが監督を解任され、シーズン途中よりシャビ・エルナンデスが就任、冬の移籍市場でバルセロナがピエール=エメリク・オーバメヤンアダマ・トラオレフェラン・トーレスといったさらなるFW陣を補強、また12月にはハムストリングの怪我での離脱もあり先発出場を減らし、セリエAへの移籍を模索しているとも報じられた[44]。それでもシーズン終了までにリーグ戦ではチーム最多の12ゴールを奪ったが、来期アーセナルFCへの移籍も報じられた[45]

代表経歴[編集]

ユース[編集]

UEFA U-17欧州選手権2011を制したオランダ代表の一員であり、決勝のドイツ代表戦ではゴールを挙げ、5-2の勝利に貢献した[46]

A代表[編集]

2015年3月に招集された代表で練習するデパイ

2013年10月15日に行われたワールドカップ予選のトルコ代表戦の終盤にイェレマイン・レンスと交代で出場し、A代表デビューを果たした[47]

ルイ・ファン・ハール監督により2014 FIFAワールドカップのメンバーに臨む23人のメンバーに選ばれ[48]、6月5日に行われたアメリカ代表戦で初ゴールを記録したが、チームは3-4で敗れた[49]

本大会ではグループリーグ第2戦のオーストラリア代表戦に頭部を負傷したブルーノ・マルティンス・インディと交代で後半から出場すると、ロビン・ファン・ペルシの同点ゴールをアシストし、68分にはペナルティエリアの外から決勝点となるゴールを決めた[50]。20歳4ヶ月で記録したこの試合におけるゴールは、ワールドカップにおけるオランダ代表史上最年少ゴールとなった[51]。2-0で勝利した3戦目のチリ代表戦も交代で出場すると、アリエン・ロッベンのクロスからチームの2ゴール目を記録し、この勝利によりチームも1位でグループリーグ突破を決めた[52]

2014年7月11日にワールドカップにおける最優秀若手選手の最終候補にポール・ポグバラファエル・ヴァランとともに選ばれたが[53]、最終的にポグバが選ばれた[54]

2021年、EURO2020第2戦のオーストリア戦にペナルティーキックで1ゴールを挙げ、決勝トーナメント進出に貢献[55]、第3戦の北マケドニア戦でも1ゴールを挙げ、更にワイナルドゥムのゴールをアシストした[56]

プレースタイル[編集]

当初は気性が激しく、PSVは心理面をサポートするためのコーチを付けた[3]。2015年4月に発行された『デイリー・テレグラフ』はデパイについて、「右利きの選手だが、左ウイングのポジションからカットインをして右足でボールを扱う驚異的なストライカーであり、彼のスピードと技術力の高さから繰り出されるドリブルは対戦相手を困難に陥れる。」と記述した[3]。しかしながら、ゴールの多さと比較してアシストが少ないため、利己的な面があることも指摘している[3]

オランダ代表の選手であり、サウサンプトンで監督を務めていたロナルド・クーマンはデパイについて、素晴らしい選手であることは認めながらもプレミアリーグで成功するためには、成長を続け肉体的にも精神的にも向上させなければならないと述べた[4]

人物[編集]

  • デパイの父はガーナ人であり、母はオランダ人である[57]。両親はデパイが4歳の時に離婚し[3]、父親への反抗心から、PSVトップチーム在籍中のある時期以降ユニフォームに記載する名前はファーストネームの「メンフィス」を使用している[3][58]。体には多くのタトゥーを入れているが、その中の1つはデパイが15歳の時に亡くなった尊敬する祖父への敬意を示すものである[59]
  • 父のデニスはメンフィスの自分を捨てたという主張を否定し、関係を修復したいと英国のタブロイドザ・サン』に話した[60][61]
  • 自らのインスタグラムではオランダ代表で同僚のクインシー・プロメスとのラップを披露し、その後も複数の曲を発表するなどラッパーとしての一面を持つ[63][64]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2021年6月6日現在[65]
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
PSV 2011-12 エールディヴィジ 8 3 3 2 0 0 0 0 11 5
2012-13 20 2 4 1 5 0 1 0 30 3
2013-14 32 12 1 0 10 2 0 0 43 14
2014-15 30 22 1 0 9 6 0 0 40 28
通算 90 39 9 3 24 8 1 0 124 50
マンチェスター・ユナイテッド 2015-16 プレミアリーグ 29 2 3 0 11 5 2 0 45 7
2016-17 4 0 0 0 3 0 1 0 8 0
通算 33 2 3 0 14 5 3 0 53 7
リヨン 2016-17 リーグ・アン 17 5 1 0 - 0 0 18 5
2017-18 36 19 4 0 10 3 1 0 51 22
2018-19 36 10 2 1 8 1 1 0 47 12
2019-20 13 9 1 0 8 6 1 0 22 15
2020-21 37 20 3 2 - 0 0 40 22
通算 139 63 10 3 26 10 3 0 178 76
バルセロナ 2021-22 プリメーラ
通算
総通算 262 104 22 6 64 23 7 0 355 133

代表[編集]

国際Aマッチ 75試合 38得点(2013年 - )


オランダ代表国際Aマッチ
出場得点
2013 3 0
2014 10 2
2015 8 1
2016 6 2
2017 7 3
2018 10 5
2019 8 6
2020 7 2
2021 16 17
通算 75 38

代表でのゴール[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2014年6月18日 ブラジルの旗エスタジオ・ベイラ=リオ オーストラリアの旗 オーストラリア 3-2 3-2 2014 FIFAワールドカップ
2 2014年6月24日 ブラジルの旗アレーナ・デ・サンパウロ チリの旗 チリ 2-0 2-0 2014 FIFAワールドカップ
3 2015年6月5日 オランダの旗アムステルダム・アレナ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3-1 3-4 国際親善試合
4 2016年11月13日 ルクセンブルクの旗スタッド・ヨジー・バーテル ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク 2-1 3-1 2018 FIFAワールドカップ予選
5 3-1
6 2017年10月7日 ベラルーシの旗ボリソフ・アレナ ベラルーシの旗 ベラルーシ 3-1 3-1 2018 FIFAワールドカップ予選
7 2017年11月9日 スコットランドの旗ピットドリー・スタジアム スコットランドの旗 スコットランド 1-0 1-0 国際親善試合
8 2017年11月14日 ルーマニアの旗スタディオヌル・ナツィオナル ルーマニアの旗 ルーマニア 1-0 3-0 国際親善試合
9 2018年3月26日 スイスの旗スタッド・ドゥ・ジュネーヴ ポルトガルの旗 ポルトガル 1-0 3-0 国際親善試合
10 2018年9月7日 オランダの旗ヨハン・クライフ・アレナ ペルーの旗 ペルー 1-1 2-1 国際親善試合
11 2-1
12 2018年10月13日 オランダの旗ヨハン・クライフ・アレナ ドイツの旗 ドイツ 2-0 3-0 UEFAネーションズリーグ2018-19
13 2018年11月16日 オランダの旗デ・カイプ フランスの旗 フランス 2-0 2-0
14 2019年3月21日 オランダの旗デ・カイプ ベラルーシの旗 ベラルーシ 1-0 4-0 UEFA EURO 2020予選
15 3-0
16 2019年3月24日 オランダの旗ヨハン・クライフ・アレナ ドイツの旗 ドイツ 2-2 2-3
17 2019年9月9日 エストニアの旗ア・ル・コック・アレーナ  エストニア 3–0 4–0
18 2019年10月10日 オランダの旗デ・カイプ  北アイルランド 1–1 3–1
19 3–1
20 2020年11月15日 オランダの旗ヨハン・クライフ・アレナ  ボスニア・ヘルツェゴビナ 3–0 3–1 UEFAネーションズリーグ2020-21
21 2020年11月18日 ポーランドの旗シレジア競技場  ポーランド 1–1 2–1
22 2021年3月30日 ジブラルタルの旗ヴィクトリア・スタジアム  ジブラルタル 3–0 7–0 2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
23 7–0
24 2021年6月2日 ポルトガルの旗エスタディオ・アルガルヴェ  スコットランド 1–1 2–2 国際親善試合
25 2–2
26 2021年6月6日 ジョージア (国)の旗デ・フロルーシュ・フェステ  ジョージア 1–0 3–0
27 2021年6月17日 オランダの旗ヨハン・クライフ・アレナ  オーストリア 1–0 2–0 UEFA EURO 2020
28 2021年6月21日  北マケドニア 1–0 3–0
29 2021年9月5日 オランダの旗フィリップス・スタディオン  モンテネグロ 2–0 4–0 2022 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
30 2–0
31 2021年9月8日 オランダの旗ヨハン・クライフ・アレナ  トルコ 2–0 6–1
32 3–0
33 4–0
34 2021年10月12日 オランダの旗フェイエノールト・スタディオン  ジブラルタル 2–0 6–0
35 4-0
36 2021年11月14日 モンテネグロの旗スタディオン・ポド・ゴリツォム  モンテネグロ 0-1 2–2
37 0–2
38 2021年11月17日 オランダの旗フェイエノールト・スタディオン  ノルウェー 2–0 2–0

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

PSVアイントホーフェン[66]
マンチェスター・ユナイテッドFC

代表[編集]

オランダ代表[66]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014 FIFA World Cup Brazil: List of Players
  2. ^ a b Memphis Depay
  3. ^ a b c d e f Manchester United's new signing Memphis Depay - eight things you should know
  4. ^ a b Memphis Depay: Who is Man Utd's new £30m forward?
  5. ^ VVSB vs. PSV 0 - 8
  6. ^ Cocu maakt Depay lid van de PSV selectie
  7. ^ Contractverlenging voor Memphis Depay
  8. ^ Eredivisie Round 25 Results: PSV stay top while Ajax beat Twente
  9. ^ Depay stunner puts PSV on course to advance
  10. ^ Boateng double helps Milan power past PSV
  11. ^ Roda JC vs. PSV 2 - 1
  12. ^ Eredivisie: PSV beat Utrecht 5-1
  13. ^ Week 29 Eredivisie Report: PSV’s winning streak continues
  14. ^ PSV finish fourth after 2–0 win over NAC Archived 2014年5月5日, at the Wayback Machine.
  15. ^ Manchester United monitoring Dutch youngster Memphis Depay ahead of potential deal
  16. ^ Tottenham line up £15m bid for PSV winger Memphis Depay
  17. ^ PSV reach playoff round after 23 win over St.Polten
  18. ^ PSV got off to a flying start with a 13 win at Willem II
  19. ^ PSV hammer NAC Breda 6-1
  20. ^ Play-offs, Second leg - 28/08/2014 - 19:00CET (20:00 local time) - Borisov-Arena - Borisov
  21. ^ PSV and Netherlands deprived of Depay
  22. ^ PSV sealed their first Eredivisie title since 2008 with a comfortable victory over Heerenveen.
  23. ^ Memphis Depay: Man Utd ask after PSV Eindhoven title winner
  24. ^ Memphis Depay scored a stunning free-kick in his last home match for PSV before joining Manchester United.
  25. ^ a b Manchester United-bound Depay finishes as Eredivisie's top scorer
  26. ^ Memphis Depay's Manchester United move agreed with PSV Eindhoven
  27. ^ Memphis Depay: Manchester United sign Dutch forward
  28. ^ Memphis Depay: Man Utd 'forced' into signing by PSG interest
  29. ^ Liverpool held Memphis Depay talks with PSV Eindhoven - Marcel Brands
  30. ^ United complete signing of Memphis Depay
  31. ^ "Greatest talent" Memphis Depay is first piece in Louis van Gaal's transfer plan
  32. ^ Four new signings shine against Club America
  33. ^ Memphis Depay gets off the mark
  34. ^ Revealed: Manchester United squad numbers for 2015/16 Barclays Premier League
  35. ^ Memphis Depay wants No 7 shirt that Angel Di Maria is vacating at Manchester United
  36. ^ Manchester United held on to start their season with a lacklustre win against Tottenham thanks to Kyle Walker's early own goal.
  37. ^ “Man Utd 3-1 Club Brugge”. BBC Sport. (2015年8月18日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/33954080 2015年8月18日閲覧。 
  38. ^ a b 「マンチェスター・U時代は少し若すぎた」オランダ代表監督、躍動するデパイを賛”. Goal (2019年12月11日). 2018年5月21日閲覧。
  39. ^ Ligue 1: Memphis Depay's hat trick puts Lyon in Champions League; Troyes relegated”. ESPN (2019年12月11日). 2018年5月21日閲覧。
  40. ^ デパイがハットトリック リヨン逆転勝ちで白星発進”. www.nikkansports (2020年8月29日). 2020年9月6日閲覧。
  41. ^ リーグ・アンアシスト王は誰だ 20-21アシストランキング”. フットボールチャンネル (2021年5月25日). 2021年6月17日閲覧。
  42. ^ メンフィス・デパイ、FCバルセロナ4人目の新加入選手” (日本語). FCバルセロナ. 2021年6月19日閲覧。
  43. ^ アスレティック・クラブ - バルサ: 誇り高き勝ち点 (1-1)”. FCバルセロナ (2021年8月22日). 2021年8月22日閲覧。
  44. ^ デパイ、バルサでの序列下落を自覚…0円退団を希望かqoly 2022年2月21日
  45. ^ バルサFWデパイがアーセナル行きか”. 超ワールドサッカー (2022年5月22日). 2022年5月23日閲覧。
  46. ^ a b Netherlands see off all comers in Serbia
  47. ^ Dutch double ends Turkey hopes
  48. ^ Van Gaal names Netherlands World Cup squad
  49. ^ USA produced an incredible comeback from 3-1 down to defeat Guus Hiddink’s side at the Amsterdam Arena
  50. ^ Oranje edge five-goal thriller
  51. ^ Memphis the hero for Oranje
  52. ^ The Netherlands finished top of Group B after goals from Leroy Fer and Memphis Depay gave them a win over Chile in a tempestuous encounter in Sao Paulo.
  53. ^ World Cup 2014: Fifa announces Golden Ball shortlist
  54. ^ Pogba wins Hyundai Young Player Award
  55. ^ オランダが2連勝で首位突破決定!…デパイ&ダンフリース弾でオーストリア撃破”. サッカーキング (2021年6月18日). 2021年6月18日閲覧。
  56. ^ オランダ、3連勝で決勝Tへ弾み! 北マケドニアのパンデフは代表引退”. サッカーキング (2021年6月21日). 2021年6月21日閲覧。
  57. ^ Spotlight on Memphis Depay
  58. ^ 「デパイと呼ばないで」バルサ新加入の27歳はなぜ苗字を嫌うのか?そこには「決して許さない」過去があった”. サッカーダイジェスト (2021年6月20日). 2021年6月22日閲覧。
  59. ^ Memphis Depay on Louis van Gaal and winning the Premier League
  60. ^ Burrows, Ben (2015年9月6日). “Memphis Depay's father says "I miss him so much" and begs Man United star to heal 17-year rift”. Daily Mirror. http://www.mirror.co.uk/sport/football/news/memphis-depays-father-says-i-6391384 2015年9月16日閲覧。 
  61. ^ Phillippe, Charlie (2015年9月6日). “Manchester United star's father begs son to heal 17-year rift”. Daily Express. http://www.express.co.uk/sport/football/603342/Manchester-United-star-Memphis-Depay-father-17-year-rift 2015年9月16日閲覧。 
  62. ^ Depay was fan van Feyenoord
  63. ^ 衝撃の転身…? オランダ代表コンビがラッパーに。英紙は酷評「思った以上に酷い」” (日本語). フットボールチャンネル. 2021年6月19日閲覧。
  64. ^ デパイ、新曲が「27万再生」ライガーと飯を食うMVがこれ”. Qoly. 2021年6月19日閲覧。
  65. ^ M. DEPAY”. Soccerway. 2015年8月8日閲覧。
  66. ^ a b Memphis Depay”. European Football. 2015年8月6日閲覧。
  67. ^ Manchester United-bound Depay named Eredivisie's best young talent

外部リンク[編集]