ルイ・ファン・ハール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイ・ファン・ハール Football pictogram.svg
Louis van Gaal 2014.jpg
名前
本名 アロイーシウス・パウルス・マリーア・ファン・ハール
愛称 LVG
ラテン文字 Louis Van Gaal
オランダ語 Aloysius Paulus Maria van Gaal
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1951年8月8日(64歳)
出身地 北ホラント州の旗北ホラント州アムステルダム
身長 185cm[1]
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
オランダの旗 RKSV de Meer
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1971-1973 オランダの旗 アヤックス 0 (0)
1973-1977 ベルギーの旗 ロイヤル・アントワープ 43 (7)
1977-1978 オランダの旗 テルスター 25 (1)
1978-1986 オランダの旗 スパルタ・ロッテルダム 248 (26)
1986-1987 オランダの旗 AZ 17 (0)
監督歴
1991-1997 オランダの旗 アヤックス
1997-2000 スペインの旗 バルセロナ
2000-2002 オランダの旗 オランダ代表
2002-2003 スペインの旗 バルセロナ
2005-2009 オランダの旗 AZ
2009-2011 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
2012-2014 オランダの旗 オランダ代表
2014- イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイ・ファン・ハールことアロイーシウス・パウルス・マリーア・ファン・ハール OONAloysius Paulus Maria "Louis" van Gaal, オランダ語発音: [luˈʋi vɑŋ ˈɣaːl] ( 聞く)[2], 1951年8月8日 - )は、オランダアムステルダム出身の元サッカー選手。サッカー指導者。プレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドFCの監督を務めている。現役時代のポジションはミッドフィールダー

なおルイアロイーシウスと同根の名である。オランダ語gaの発音(無声軟口蓋摩擦音)は日本語で正確に表記するのが不可能であり、名前の日本語表記「ハール」は便宜的なものである。また、Louisは外来語扱いのため、現地オランダでは「ルイス」ではなく「ルイ」と発音するのが慣例[3]

選手経歴[編集]

選手時代のファン・ハール(右端)とルート・フリット(中央)

ファン・ハールはアムステルダムで生まれ、地元のアマチュアクラブでサッカーを始めた。20歳でアヤックスのセカンドチームに加入したが、中盤のポジションはヨハン・クライフヨハン・ニースケンス等が務めており、トップチームでは出場機会を得られなかった。ファン・ハールはギー・ティスが監督を務めていたジュピラー・プロ・リーグロイヤル・アントワープに加入し、1973-74シーズンと1974-75シーズンに2シーズン連続で準優勝を経験した。ベルギーで4シーズンを過ごした後にオランダへ戻り、テルスターエールディヴィジデビューを果たした。その後はスパルタ・ロッテルダムでプレイした後にAZに加入し、現役引退後の1986年にアシスタントコーチに就任した。その後すぐにアヤックスに移り、レオ・ベーンハッカーの下でアシスタントコーチを務め、1991年にベーンハッカーがクラブを去ると監督に昇格した[4]

監督経歴[編集]

アヤックス[編集]

アヤックスでは多くの有望な若手オランダ人選手を率い、1992年にUEFAカップを優勝し監督として初めてのタイトルを獲得すると、1994年から1996年までエールディヴィジを3連覇した。なかでも1994-95シーズンには34試合27勝7分、得失点差78という成績で無敗優勝を達成した。さらにこの1994-95シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグでも無敗優勝している。多くのタイトルを獲得し、黄金時代を築き上げた。

バルセロナ[編集]

1997年FCバルセロナの監督に就任。初年度からリーガ・エスパニョーラコパ・デル・レイを優勝しダブルを達成。翌1998-99シーズンもリーグ優勝を果たした。しかし、1999-2000シーズンはデポルティーボ・ラ・コルーニャによってリーグ三連覇を阻まれ、またUEFAチャンピオンズリーグでの不振とバルサファンとの関係悪化等を理由に2000年に退任した。この最初のバルセロナ監督時代にはジョゼ・モウリーニョがアシスタントコーチを務めており、一緒に仕事をしていた。

オランダ代表・バルセロナ復帰[編集]

2000年に辞任後はオランダ代表を率いたものの、2002年日韓W杯の出場権を逃す。その後、バルセロナ監督に復帰したが不振で辞任した。

AZ[編集]

古巣アヤックスのテクニカル・ディレクターを経て、2005年に18年ぶりにAZに復帰。2006-07シーズンは、PSVアイントホーフェンアヤックス・アムステルダムと最終節まで優勝を争ったが、最終節で敗れ優勝はならなかった。2008-09シーズンには他の強豪が不振にあえぐ中、3試合を残して優勝を決めた。これはAZにとって28シーズンぶり2度目のリーグ優勝で、エールディヴィジの3強(アヤックス・PSVアイントホーフェン・フェイエノールト)以外のチームがリーグ優勝をするのも前回のAZのリーグ優勝以来28シーズンぶりとなる快挙であった。

バイエルン・ミュンヘン[編集]

バイエルン・ミュンヘンの監督時代のファン・ハール

2009年5月13日、2009-10シーズンからバイエルン・ミュンヘンの監督に就任することが発表された。初年度からブンデスリーガDFBポカールを優勝しダブルを達成。チャンピオンズリーグでは決勝まで進出し、かつて師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ率いるインテルと互いにトレブルがかかった状況で対戦したが、0-2で敗れ準優勝に終わった。翌2010-11シーズンは不振に陥り、シーズン途中にシーズン終了後の退任がチームから発表されたが、チームが4位に転落したこともあって、2011年4月10日に解任された。

アヤックス[編集]

2011年11月、アヤックスのゼネラル・ディレクターに招聘することが決定する。しかし、かねてよりファン・ハールと因縁が深かったヨハン・クライフテクニカル・アドバイザーが、人事に異議を唱え、裁判所に提訴。12月の一審で、人事が認められず、2012年2月の異議申し立ても認められなかった。

2度目のオランダ代表[編集]

2012年7月、ワールドカップブラジル大会でのベスト4とオランダ流の攻撃的フットボールを採用することをノルマにオランダ代表の監督に再任。エールディヴィジでプレーする若手を積極的に起用してチームの若返りを進めながら、記者会見での自己主張の強さは変わらないものの、若い選手たちに対して第1期とは異なる父親的な顔を見せて自らの変化を証明。予選でも圧倒的な成績を残して本大会出場に導いたが、2014年5月、「自分には代表監督は合わない」とブラジル大会をもって代表監督を退任することを発表。

そのワールドカップでは、グループDに次ぐ死の組と言われたB組で苦戦が予想されたが、このシーズン終盤にフェイエノールトロナルド・クーマンが採用し結果を出していた1-5-3-2システムを採用したことで、第1戦で前回王者スペインを1-5で破るなど3戦全勝で首位通過。この大会で『オランダ史上最高の監督』[5]であることを改めて証明した。準々決勝コスタリカ戦では、PK戦突入間際にヤスパー・シレッセンに代えて投入したティム・クルルがPK2本を止めて、ファン・ハールの好采配でオランダは準決勝に駒を進めた。

マンチェスター・ユナイテッド[編集]

2014年5月、ワールドカップブラジル大会終了後にマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任することが決定[6]。契約は3年間。アシスタントコーチにライアン・ギグス、アルベルト・スタイフェンベルフ、フランス・フークらが就任。

人物[編集]

アヤックスのアシスタントコーチ時代のファン・ハール(1988年)

サッカー界屈指の戦術家であり、選手個々の能力よりもシステムを重視する傾向があるという印象を持たれている。その大きな原因として、バルセロナ時代にはリバウドルイス・フィーゴフアン・ロマン・リケルメといった卓越したテクニックを持つ選手にも守備を強要し、軋轢を生んだことがある[7]。試合中、自チームの勝敗に関わらずベンチで熱心にメモを取る姿がしばしば見られる。バルセロナ監督時代には、ファンから「落書きは便所でしろ!」と野次を受けた事もあった。

オランダ国外のクラブでも、オランダ人選手を積極的に獲得し重用する傾向があるというイメージを持たれている。その原因はバルセロナでパトリック・クライファートミハエル・ライツィハーマルク・オーフェルマルスフランク・デ・ブールおよびロナルド・デ・ブールらアヤックス時代の愛弟子や、フィリップ・コクールート・ヘスプなどを中心にレギュラー選手の半数近くでオランダ人選手を起用したことにあり、その方針はバルセロナ地元紙などで酷評された。バイエルンではマルク・ファン・ボメルをキャプテンに任命したが、ドイツ人でない選手がキャプテンになることはバイエルン史上初めてのことであった。マンチェスター・ユナイテッドでは、就任後初の移籍市場でダレイ・ブリントを獲得し、翌年2015年5月に獲得したメンフィス・デパイには、「栄光の7番」を継承させた。これらのケースもファン・ハールの『オランダびいき』として色眼鏡で見られることがある。

また、若手選手を積極的に起用する傾向がある。2度のバルセロナ監督時代には10代の頃のシャビアンドレス・イニエスタカンテラからトップチームに引き上げて重用した。バイエルンではトップチーム昇格一年目のトーマス・ミュラーホルガー・バトシュトゥバーをレギュラーに抜擢し成果を上げたが、ルカ・トーニルシオなど実績のあるベテランを冷遇し彼らの退団へと繋がった。

バルセロナ監督時代に批判された経緯から、ヨハン・クライフとは「一生許さない」と言うほど対立している。ロナルド・クーマンとはアヤックスのテクニカル・ディレクター時代に対立したが、2012年のオランダ代表監督就任を契機に和解したと見られており、代表選手の多く所属するフェイエノールトの監督であるクーマンとは多く連絡を取っている[8]。規律に厳しく自信過剰なイメージがつきまとうが、バイエルン・ミュンヘン時代を経て2度目のオランダ代表監督に就任した後は「父親役」として若い代表選手たちと熱心にコミュケーションを取り、オランダメディアからも成長を評価された[9]。ブラジルでのワールドカップ本番でのセンセーショナルな活躍には、天敵だったヨハン・デルクセンもついに賛辞を贈った。

漫画『キャプテン翼 ROAD TO 2002』の登場人物であるエリック・ファンサールのモデルである[7]

パーソナルライフ[編集]

9人兄弟の末っ子として生まれ、カトリック教徒として育てられた。営業職だった父はファン・ハールが11歳だった時に亡くなった。初めの妻であるフェルマンダとの間には娘を2人もうけたが、妻は1994年に膵癌で亡くなった[10]

2008年に現在の妻であるトルースと再婚し、休暇はポルトガルのアルガルヴェに位置するアルブフェイラ近くの別荘で過ごしている[11]

2009年に『デイリー・テレグラフ』の報道により、ファン・ハールはバーナード・L・マドフに投資し、数百万ポンドの損失を被っていたことが明らかとなった[12]

2015年3月19日にマンチェスター・ユナイテッドとの契約満了後には監督業から退く意向であることを明らかにした[13]

獲得タイトル[編集]

アヤックス
バルセロナ
AZ
バイエルン・ミュンヘン
個人
勲章

脚注[編集]

  1. ^ Ronay, Barney (2014年5月19日). “Louis van Gaal: an aristocrat of the game”. Irish Times. http://www.irishtimes.com/sport/soccer/english-soccer/louis-van-gaal-an-aristocrat-of-the-game-1.1801592 2015年12月30日閲覧。 
  2. ^ Van in isolation is pronounced [vɑn]
  3. ^ Louis van Gaal - 発音ガイド Forvo。
  4. ^ Louis van Gaal”. ESPN Soccernet. 2015年12月30日閲覧。
  5. ^ http://www.telegraaf.nl/telesport/wk-voetbal-2014/22826102/___Van_Gaal_de_beste_aller_tijden___.html
  6. ^ Van Gaal named United manager Manchester UNITED Official site 19/05/2014
  7. ^ a b 海老沢純一 (2014年5月2日). “マンU新監督候補、ファン・ハール。ファーガソン帝国を壊す“劇薬”、香川とソリ合わない可能性も”. 海外サッカー > プレミアリーグ. フットボールチャンネル. p. 2. 2014年5月8日閲覧。
  8. ^ Koeman en Van Gaal kunnen het prima vinden AD.nl 14-11-12 - 16:11
  9. ^ Ludwig von Gaal' wordt Van Gaal 2.0: één en al Freundlichkei AD.nl 14-11-12 - 13:05
  10. ^ Meijer, Maarten (2014年7月20日). “Louis van Gaal's cancer-stricken wife was mocked by fans as she battled for life”. Daily Mail (London). http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2700505/Fans-mocked-Louis-van-Gaals-cancer-stricken-wife-battled-life.html 2015年12月30日閲覧。 
  11. ^ Chadband, Ian (2014年5月19日). “Manchester United's Louis van Gaal: Arrogant, dominant and innovative (and that's what he says about himself)”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/sport/football/managers/louis-van-gaal/10832164/Manchester-Uniteds-Louis-van-Gaal-Arrogant-dominant-and-innovative.html 2015年12月30日閲覧。 
  12. ^ Liew, Jonathan (2014年8月15日). “The Van Gaal Dossier”. The Daily Telegraph (London). http://s.telegraph.co.uk/graphics/projects/the-van-gaal-dossier/index.html 2015年12月30日閲覧。 
  13. ^ “Louis van Gaal to quit management at end of Manchester United stay”. Sky Sports. (2015年3月19日). http://www1.skysports.com/football/news/11667/9767037/louis-van-gaal-to-quit-management-at-end-of-manchester-united-stay 2015年12月30日閲覧。 
  14. ^ World Soccer Awards – previous winners”. World Soccer (2012年12月14日). 2015年12月30日閲覧。
  15. ^ "Onze Mondial" Awards”. RSSSF (2012年3月6日). 2015年12月30日閲覧。
  16. ^ Van Gaal honoured with 'Rinus Michels Award'”. AEFCA (2009年6月10日). 2015年12月30日閲覧。
  17. ^ Trainer des Jahres: Das Wahlergebnis”. kicker (2010年8月8日). 2015年12月30日閲覧。
  18. ^ Five things you should know about Louis van Gaal, Manchester United's new manager”. Straitstimes (2014年5月2日). 2015年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
フランク・ライカールト
オランダ代表監督
2000-2002
次代:
ディック・アドフォカート