ジョナサン・デ・グズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョナサン・デ・グズマン Football pictogram.svg
Jonathan de Guzman 001.jpg
名前
本名 Jonathan Alexander de Guzmán
カタカナ ジョナサン・アレクサンダー・デ・グズマン
ラテン文字 Jonathan DE GUZMAN
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
オランダの旗 オランダ
フィリピンの旗 フィリピン
生年月日 1987年9月13日(26歳)
出身地 カナダの旗 スカーバロー
身長 174cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム ウェールズの旗 スウォンジ・シティAFC
ポジション MF
背番号 20
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2010
2010-2011
2011-
2012-
オランダの旗 フェイエノールト
スペインの旗 マジョルカ
スペインの旗 ビジャレアル
ウェールズの旗 スウォンジ・シティ
109 (23)
33 (5)
19 (0)
()
代表歴2
2008
2008
オランダの旗 オランダ U-21
オランダの旗 オランダ U-23
オランダの旗 オランダ
4 (3)
6 (0)
3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2010年3月18日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジョナサン・アレクサンダー・デ・グズマン(Jonathan Alexander de Guzmán, 1987年9月13日 - )は、カナダスカーバロー出身のサッカー選手プレミアリーグスウォンジ・シティAFC所属。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー

概要[編集]

カナダで生まれたが、2008年にオランダ国籍を取得したため、オランダ代表としてプレーすることも可能である。フェイエノールトの下部組織出身であり、2005年にトップチームデビューして100試合以上に出場した。2010年夏にフリートランスファーでRCDマジョルカと契約した。U-21オランダ代表としては4試合に出場して3得点しており、2008年にはU-23オランダ代表として北京オリンピックに出場した。

経歴[編集]

幼少期[編集]

父親はフィリピン出身であり、母親はジャマイカ出身である。彼らが10歳の時にカナダに移住し、ニ男一女をもうけた[1]。ジョナサン・デ・グズマンはオンタリオ州スカーバローに生まれた[2]。1981年生の兄のジュリアン・デ・グズマンもプロサッカー選手であり、ドイツやスペインのクラブでプレーした後、2009年からメジャーリーグサッカートロントFCに所属している[3]。ジョナサンは幼少の頃からサッカーに夢中であった。父親は息子たちにバスケットボールをやらせたかったが、ジュリアンとジョナサンの兄弟は身長が低かったため、他のスポーツに惹かれていき、「学校終わりにすることといえばサッカーだけだった。自分たちの世代でサッカーをしている子どもはほとんどおらず、カナダではとても珍しかった。カナダはサッカーの国ではなく、僕らは例外的な存在だった」と語るほどサッカーに傾倒した[3]

クラブ[編集]

ユース時代[編集]

ジョナサンは地元のノース・スカーバローSCの下部組織に入団し、技術を磨くために、兄が在籍していたチームも含めて3つの異なるチームで週6日も練習に励んだ。兄のジュリアンがオリンピック・マルセイユの下部組織に入団するためにカナダを離れる際、ジョナサンもヨーロッパでプレーしたいという気持ちに駆り立てられ、兄のフランス行きから2年後、12歳の時にオランダのフェイエノールトの下部組織に入団した[3]

フェイエノールト[編集]

プレシーズンの練習後のジョナサン(2007年)
2005-06シーズン

2005年9月15日、18歳の誕生日の3日後にトップチームの一員に加わり、UEFAカップFCラピド・ブカレスト戦(1-1)でベンチ入りしたが、出場機会は与えられなかった[4]。9月18日、エールディヴィジSCヘーレンフェーン戦(5-1)で87分にホッサム・ガリとの交代で途中出場してトップチームデビューを飾った[5]。9月30日、ヴィレムII戦(1-3)でプロ初得点を挙げた[6]。SCヘーレンフェーン戦でのデビュー後すぐにレギュラーとなり、12月11日のPSVアイントホーフェン戦(1-0)後には中盤で争ったフィリップ・コクーから大きな称賛を受けた[7]。フェイエノールトとの契約は2008年までとなっていたが[8]、12月19日に契約を2010年夏まで延長した。2005-06シーズンはリーグ戦29試合に出場して4得点を挙げた。

2006-07シーズン

2006-07シーズン序盤、チームはディルク・カイトリヴァプールFCへ)やサロモン・カルーチェルシーFCへ)などのスター選手を放出したため、サッカー選手として次のステップに踏み出そうとしていたジョナサンには大きな期待がかけられた[9]。しかし、2006-07シーズンのフェイエノールトは7位と低迷し、ジョナサン自身も2009年5月10日のプレーオフ・FCフローニンゲン戦で退場処分を受けるなど失望のシーズンとなった[10]。チームはプレーオフで敗退し、16年ぶりに欧州カップ戦出場権を逃した。シーズン終了後には過度のプレッシャーがあったことを認め、「僕はまだ19歳だった。そのことは誰にも言えなかった。本当に残念なシーズンだった。サッカー選手として成長できなかったが、あらゆる問題を抱えていたから精神面では成長した。個人的にとてもタフなシーズンだった」と語った[9]

2007-08シーズン

2007年夏にはジョバンニ・ファン・ブロンクホルストロイ・マカーイなどの経験豊かな選手が加入し、ジョナサンにとって完璧な環境が作り上げられた。ベルト・ファン・マルワイク新監督は4-2-3-1フォーメーションの右ウイングでジョナサンを起用し、新しいポジションへの適応に戸惑ったが[11]、プレッシャーからは解放され、2007-08シーズンはリーグ戦33試合に出場して9得点を挙げた。

2008-09シーズン

2008-09シーズンは悲惨なシーズンとなった。2008年夏にはマンチェスター・シティFCへの移籍で個人的には合意に達していたが、フェイエノールトは移籍を認めず、「ロッテルダムを離れることを確信していた。フェイエノールトが認めなかったから移籍は実現しなかった。僕は(マンチェスター・シティFC)にイエスという返答をしていて、1000万ユーロと言われる移籍金は(フェイエノールトにとって)良い金額だと考えていた。しかし両クラブは契約合意に達せず、マンチェスター・シティFCはショーン・ライト=フィリップスと契約した」と述べて残念がった[12]。移籍の噂はプレシーズンの間中ずっと騒々しく、結局フェイエノールト残留が決まったが、2008-09シーズン開幕戦のヘラクレス・アルメロ戦(3-1)では30分に相手選手に肘打ちを見舞い、一発退場となって4試合の出場停止処分を受ける失望の出だしとなった[13]。フィジカルの問題にも苦しめられ、前半戦だけで鼠蹊部と腿と膝の負傷に悩まされると、2009年1月には膝半月板を負傷して手術を行った[14]。残りのシーズンを棒に振り、この負傷のために2008-09シーズンは2試合の出場にとどまった。2009年夏のスポルティング・リスボンとの親善試合(1-2)でようやく復帰し、同点ゴールを決めた[15]

2009-10シーズン

マリオ・ベーン新監督はジョナサンの残留を希望し、「ジョナサンはチームにとって重要な選手であり、彼が望む中央でのプレーメーカーのポジションで起用したいと思っている」と語った[12]。イングランドのチェルシーFC[16]やスペインのバレンシアCF[17]に興味をもたれたが、フェイエノールトに残留した。シーズン開幕から9試合で3得点を挙げ、期待の持てるスタートを切ったが、2009年10月3日のRKCヴァールヴァイク戦(3-0)で右足軟骨を負傷して外科手術が必要となり、2ヶ月間戦線離脱した[18]。ウィンターブレーク後に復帰したが、さらに4試合に出場した後の2010年3月4日、練習中に左膝の同箇所を負傷した[19]。シーズン最終戦で復帰したが、KNVBカップ決勝ではアヤックス・アムステルダムに1-4で敗れた。フリートランスファーでチームを離れる決断を下し、「個人的には復帰して決勝に出場できて良かったが、言うまでもなく結果は残念なものだった。このような方法(フリートランスファー)でフェイエノールトを離れなければいけないのはとても悲しい」と述べた[20]

RCDマジョルカ[編集]

フェイエノールトとの契約が満了し、スペインのRCDエスパニョールビジャレアルCFが獲得オファーを出した。同じく獲得に興味を示していたイングランドのニューカッスル・ユナイテッドFCへの移籍を希望したが[21]、7月27日、スペイン・リーガ・エスパニョーラRCDマジョルカと3年契約を結んだ。RCDマジョルカは財政上の問題からUEFAヨーロッパリーグの出場権を剥奪されていたが、オーナーのロレンソ・セラ・フェレールミカエル・ラウドルップ監督に強い信頼を示されたことを移籍の理由に挙げた[22] 8月29日のレアル・マドリード戦(0-0)でデビューして活躍し、3週間後のCAオサスナ戦(2-0)で初得点を挙げた。12月18日のビジャレアルCF戦(1-3)では28分に角度のない場所から美しい得点を挙げた[23]。シーズン最終戦のアトレティコ・マドリード戦(3-4)ではセルヒオ・アグエロにハットトリックを決められたが、ジョナサンも1得点を挙げた[24]。2010-11シーズン通算ではリーグ戦で33試合に出場して5得点を挙げた。チームはあと一歩で降格となる17位に終わったが、自身は実力を見せつけてスペイン挑戦初年度を終えた。

ビジャレアルCF[編集]

チームを残留に導いた活躍に複数のクラブが関心を示し、移籍期間最終日の2011年8月31日に、推定850万ユーロでビジャレアルCFへの移籍が決定した[25]

スウォンジ・シティAFC[編集]

2012年7月10日ビジャレアルの降格を受け、マジョルカ時代の恩師ミカエル・ラウドルップ率いるスウォンジ・シティAFCに期限付き移籍した[26]

代表[編集]

U-21オランダ代表でのデ・グズマン

2007年にオランダ国籍を申請し、2008年2月7日にオランダ国籍が付与されたため、出生地のカナダ代表オランダ代表のどちらかを選ぶことができ、ジョナサンがどちらの代表を選択するのかが注目を集めた。結局、ジョナサンはオランダ代表を選び、カナダのサッカーファンは失望に包まれた。カナダ代表を選択することもできた過去の似たような事例では、オーウェン・ハーグリーブスイングランド代表を、アスミル・ベゴヴィッチボスニア・ヘルツェゴビナ代表を、ダニエル・マルシオ・フェルナンデス(Daniel Márcio Fernandes)がポルトガル代表を、より近年ではティール・バンバリー(Teal Bunbury)がアメリカ代表を選んでいた。議論の余地はあるが、オランダ代表選択の1週間前に全国放送されたカナダのスポーツ番組に出演し、「ふたつの代表の格を比べて選んだのではなく、オランダでのサッカー選手人生を重視して選択した」と主張した。なお、兄のジュリアンはカナダ代表を選択している。

2008年3月26日、UEFA U-21欧州選手権予選のU-21エストニア戦(3-0)でU-21オランダ代表デビューした。このU-21エストニア戦では重要な役割を果たし、チームの1点目と3点目を挙げたほか、2点目をアシストして全得点に絡んだ。同年8月には北京オリンピックに出場するU-23オランダ代表に選ばれた[27]。オランダA代表の試合に出場しない限り、変更された国際サッカー連盟(FIFA)の規約ではカナダ代表、父親の母国のフィリピン代表、母親の母国のジャマイカ代表を選択することも可能である[28]

オランダ国籍取得直後に代表監督 マルコ・ファン・バステンによってオランダ代表のプレセレクションに選ばれたが本招集は受けられず。その後数年に渡りカナダ・フットボール協会からのアプローチを受けつつもチャンスを待ち続けたデ・グズマンはルイ・ファン・ハールによって初招集を受け、2013年2月6日 アムステルダムでのイタリアとの親善試合にHTの交代で遂に夢のオランダ代表デビュー。オランダ代表初の帰化選手となった。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

  • オランダの旗 フェイエノールト
KNVBカップ (1) : 2007-2008
  • ウェールズの旗 スウォンジ・シティAFC
フットボールリーグカップ (1) : 2012-2013

個人成績[編集]

クラブ成績 リーグ カップ 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オランダ リーグ KNVB杯 ヨーロッパ 通算
2005–06 フェイエノールト エールディヴィジ 29 4 1 0 1 0 31 4
2006–07 32 7 1 0 6 1 39 8
2007–08 33 9 6 2 - 39 11
2008–09 2 0 0 0 1 0 3 0
2009–10 13 3 2 0 - 15 3
通算 オランダ 109 23 10 2 8 1 127 26
2010–11 RCDマジョルカ ラ・リーガ 33 5 2 1 - 35 6
通算 スペイン 33 5 2 1 0 0 35 6
総通算 142 27 12 3 8 1 162 32

脚注[編集]

  1. ^ “The Last Word”. Toronto Sun. (2006年4月23日). http://slam.canoe.ca/Slam/Soccer/Canada/2006/04/23/1546922-sun.html 2009年10月5日閲覧。 
  2. ^ Notable Filipino Canadians”. Notable Filipinos.com. 2009年6月15日閲覧。
  3. ^ a b c “Jonathan De Guzman” (Dutch). Kameraadjes. http://www.feyenoord.nl/content/asp/kameraadjes/website/feyenoord.asp?speler=10010000020736 2009年10月4日閲覧。 
  4. ^ “Feyenoord – Rapid Boekarest 1–1” (Dutch). Feyenoord.nl. (2005年9月15日). http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000029946 2009年10月4日閲覧。 
  5. ^ “Feyenoord – Heerenveen 5–1” (Dutch). Feyenoord.nl. (2005年9月18日). http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000029940 2009年10月4日閲覧。 
  6. ^ Willem II – Feyenoord 1–3” (Dutch). Feyenoord.nl (2005年9月30日). 2009年10月4日閲覧。
  7. ^ “De Guzman catches the eye”. Sky Sports. (2005年12月12日). http://old.spurscommunity.co.uk/index.php?name=News&file=article&sid=7874 2009年12月5日閲覧。 
  8. ^ Jonathan de Guzman langer bij Feyenoord” (Dutch). Feyenoord.nl (2005年12月29日). 2009年10月4日閲覧。
  9. ^ a b De Guzman: "Voetballend heb ik een jaar stilgestaan"” (Dutch). FCUpdate.nl (2007年7月9日). 2009年10月5日閲覧。
  10. ^ Tiental Feyenoorders houdt schade beperkt” (Dutch). Feyenoord.nl (2007年5月10日). 2009年10月5日閲覧。
  11. ^ “De Guzmán aast, net als Feyenoord, op eerherstel” (Dutch). BN De Stem. (2009年7月29日). http://www.bndestem.nl/sport/sportalgemeen/5315047/De-Guzman-aast-net-als-Feyenoord-op-eerherstel.ece 2009年10月6日閲覧。 
  12. ^ a b “De Guzman: Er zat agressie in mijn lijf” (Dutch). AD. (2009年7月17日). http://www.ad.nl/ad/nl/1046/Eredivisie/article/detail/411520/2009/07/17/De-Guzman-Er-zat-agressie-in-mijn-lijf.dhtml 2009年10月6日閲覧。 
  13. ^ Valse competitiestart in Almelo: 3–1” (Dutch). Feyenoord.nl (2009年8月31日). 2009年10月6日閲覧。
  14. ^ De Guzman begin januari onder het mes” (Dutch). Feyenoord.nl (2008年12月26日). 2009年10月6日閲覧。
  15. ^ Gedreven Feyenoord verslaat topclub Sporting” (Dutch). Feyenoord.nl (2009年7月18日). 2009年10月6日閲覧。
  16. ^ Telegraph staff (2009年8月27日). “Chelsea target Jonathan de Guzman”. The Daily Telegraph. オリジナル2009年8月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090830192547/http://www.telegraph.co.uk/sport/football/leagues/premierleague/chelsea/6098072/Chelsea-target-Jonathan-de-Guzman.html 2009年10月6日閲覧。 
  17. ^ Feyenoord's Jonathan De Guzman On Valencia Radar”. Goal.com (2009年8月25日). 2009年10月6日閲覧。
  18. ^ Tegenvaller voor Jonathan de Guzman” (Dutch). Feyenoord.nl (2009年10月8日). 2010年5月29日閲覧。
  19. ^ Tegenslag voor De Guzman” (Dutch). Feyenoord.nl (2010年3月9日). 2010年5月29日閲覧。
  20. ^ Gemengde gevoelens voor vertrekkende De Guzman” (Dutch). Feyenoord.nl (2010年5月7日). 2010年5月29日閲覧。
  21. ^ “Toon to make Jon de new man”. The Sun. (2010年7月8日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/sport/football/3045380/NEWCASTLE-are-weighing-up-a-move-for-Jonathan-de-Guzman.html 2010年7月28日閲覧。 
  22. ^ “De Guzman makes Mallorca move”. Sky Sports. (2010年7月27日). http://www.skysports.com/story/0,19528,11095_6282226,00.html 2010年7月28日閲覧。 
  23. ^ “Toon to make Jon de new man”. ESPN Soccernet. (2010年12月18日). http://soccernet.espn.go.com/report/_/id/302113?cc=5901 2011年1月10日閲覧。 
  24. ^ “Balearic Islanders survive relegation despite defeat in thriller”. Goal.com. (2011年5月21日). http://www.goal.com/en-us/match/49221/mallorca-vs-atletico-madrid/report 2011年5月22日閲覧。 
  25. ^ ビジャレアルがマジョルカから中盤補強 - goal.com 2011年9月1日
  26. ^ デ・グズマンがスウォンジーに期限付き移籍「新しい挑戦を楽しむ」 - サッカーキング 2012年7月11日(2012年7月12日時点のアーカイブ
  27. ^ De Guzman dazzles on debut”. UEFA.com (2008年3月26日). 2008年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月6日閲覧。
  28. ^ “International Football - FIFA lift age limit on nation switching”. Euro Sport. (2009年6月3日). http://uk.eurosport.yahoo.com/03062009/58/international-football-fifa-lift-age-limit-nation-switching.html 2009年10月5日閲覧。  [リンク切れ]

外部リンク[編集]