ステファン・デ・フライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ステファン・デ・フライ Football pictogram.svg
Stefan de Vrij.jpg
フェイエノールト時代のデ・フライ(2012年)
名前
ラテン文字 Stefan DE VRIJ
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1992-02-05) 1992年2月5日(26歳)
出身地 オウダーケルク・アーン・デン・エイセル
身長 188cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 SSラツィオ
ポジション DF (CB)
背番号 3
利き足 右足
ユース
1997-2002 オランダの旗 VV Spirit
2002-2009 オランダの旗 フェイエノールト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2014 オランダの旗 フェイエノールト 56 (21)
2014- イタリアの旗 SSラツィオ 95 (8)
代表歴2
2007-2008 オランダの旗 オランダ U-16 3 (0)
2008-2009 オランダの旗 オランダ U-17 20 (0)
2010-2011 オランダの旗 オランダ U-19 9 (0)
2012 オランダの旗 オランダ U-20 1 (0)
2011-2013 オランダの旗 オランダ U-21 12 (0)
2012- オランダの旗 オランダ 33 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月19日現在。
2. 2017年9月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ステファン・デ・フライ(Stefan de Vrij, 1992年2月5日 - )は、オランダ南ホラント州オウダーケルク・アーン・デン・エイセル出身のサッカー選手オランダ代表SSラツィオ所属。ポジションはセンターバック

生い立ち[編集]

デ・フライはオランダ南ホラント州オウダーケルク・アーン・デン・エイセルで育った。彼は、地域のクラブであるVV Spiritの選手であったヤン・デ・フライの末子であり、ステファンもVV Spiritでキャリアをスタートさせた。父を除いては、デ・フライが家族において唯一のサッカー選手である。彼の兄であるニルスとエリックは若い頃サッカーをプレイしていたが、弟のステファンのように才能に恵まれてはいなかった[1]

クラブ経歴[編集]

ユース[編集]

デ・フライは、地元オウダーケルク・アーン・デン・エイセルのクラブVV Spiritで5シーズンプレイした。10歳の時に、フェイエノールトのセレクションに参加し、様々なトレーニングセッションやARCとの親善試合を行った後、フェイエノールトユースへの加入を公式に要請された[1]。デ・フライは、VV Spiritでは主にセンターMFとしてプレイしたが、フェイエノールトではディフェンダーに転向した。フェイエノールトのU15でプレイした後、U16を飛び級し、U17に参加した[1]

フェイエノールト[編集]

2009年7月17日、デ・フライはフェイエノールトと2012年夏までのプロ契約を交わした[2]。そして、2009年9月24日にフェイエノールトのトップチームにデビューした。KNVBカップのHarkemase Boysとのアウェイマッチ (0-5) に、58分にケルヴィン・レールダムと交代し出場した[3]。2009年12月6日、FCフローニンゲンとのホームゲーム (3-1) で、89分にデニー・ランツァートと交代しエールディヴィジデビューを果たした[4]

2010年1月のトルコでのトレーニングキャンプで好印象を残したデ・フライはダニ・フェルナンデスとケルヴィン・レールダムの負傷により右バックとしてスタメン出場のチャンスを得る。2011年1月のデ・クラシケルで2-0の敗戦を喫した後にフェイエノールトの監督 マリオ・ベーンはチームの組み立て能力の低さを指摘、低調なシーズンを送っていたアンドレ・バイーアを外してロン・フラールの隣にデ・フライをついにCBとして起用することを決断した。そのフットボール能力で高い評価を受けた[5]デ・フライはその後フェイエノールトの不動のCBに定着する。最終順位10位とクラブが苦しいシーズンを送ったにも関わらず、「フェイエノールトに残るのは罰じゃない」[6]とシーズン終了後に新契約にサインした。

2011-2012シーズン、新監督 ロナルド・クーマンのもとでもデ・フライはスタメン出場を続け、10月23日のアムステルダム・アレナでのデ・クラシケル(1-1)で宿敵アヤックス相手に先制ゴールを決めた。数週間後にデ・フライは右足首を負傷、キャリア初の長期離脱を経験する。新CBとして同年代のブルーノ・マルティンス・インディのブレイクもあって完治後も復帰に時間がかかったが、シーズン終盤にはスタメンに戻った。このシーズンをフェイエノールトと共に2位で終え、再び高い評価を得たデ・フライは2012年夏の欧州選手権に臨むオランダ代表のプレ・セレクションにも選ばれた。

2012-2013シーズンはロン・フラールの移籍を受けて20歳の若さでフェイエノールトのキャプテンに任命される。さらに代表監督 ルイ・ファン・ハールのもとでオランダ代表にも初招集され、ベルギーとの親善試合で初出場を果たした。シーズン序盤に再び足首を痛め、復帰直後にはハムストリングの負傷で離脱を余儀なくされたが10月28日のデ・カイプでのデ・クラシケル(2-2)で復帰した。

若きデ・フライは度々チームリーダーとしての資質を疑われていたが、2013-2014シーズン前半に苦しむチームの中で自身も低調なパフォーマンスを見せ、クラブに無断で外部のフィジカル・トレーナーと追加トレーニングを行ったことが判明、監督 ロナルド・クーマンから「自身のプレーに集中すべき」と判断され、キャプテン・マークはグラツィアーノ・ペッレに渡った。しかしシーズン後半戦は次第にフォームを取り戻して再び力強いプレーでチームに2位フィニッシュに大きく貢献。アルヘメーン・ダッハブラットの年間最優秀選手ランキングで3位に入り、フットボール・インターナショナルの年間ベストチームにも選ばれた[7]

ラツィオ[編集]

2014年7月30日、SSラツィオに移籍した[8]。 2015-16シーズンは怪我の為わずか5試合(リーグ戦2試合)の出場となった。2016-17シーズン、キエーボ戦でラツィオでの初ゴールを記録した[9]

代表経歴[編集]

年代別代表[編集]

デ・フライのフェイエノールトにおける成長が目に留まり、すぐにオランダ代表ユースに招集された[1]。2007年11月21日、オランダU16代表はウクライナU-16代表との親善試合に勝利し (1-0)、デ・フライは先発メンバーとして出場した[10]

デ・フライは、ドイツで開催されたUEFA U-17欧州選手権2009に参加した。7人のフェイエノールト所属選手が含まれるオランダ代表は決勝に進出し、延長戦でドイツに破れたものの (2-1) 準優勝した。デ・フライは、センターバックとしてDico Koppersとコンビを組み、全ての試合にフル出場した[1]。オランダU17代表は、ナイジェリアで開催された2009 FIFA U-17ワールドカップに参加した。

オランダ代表[編集]

2012年8月15日のベルギーとの親善試合でA代表デビュー。

2014 FIFAワールドカップではオランダ代表に選出され、2014年6月13日のグループリーグ初戦、スペイン戦で代表初得点を挙げた。この大会でデ・フライはオランダの全7試合に先発出場し、7試合で4失点に抑え3位で大会を終える原動力となった守備の中心として貢献。大会後には大会公式のベストイレブンに選出され、またアルメーヘン・ダッハブラッドによって最優秀選手に選ばれている[11]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ成績 リーグ カップ 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オランダ リーグ KNVB杯 ヨーロッパ 通算
2009–10 フェイエノールト エールディヴィジ 17 1 4 0 21 1
2010-11 30 1 1 0 2 0 33 1
2011-12 30 1 2 0 32 1
2012-13 26 0 3 0 3 0 32 0
2013-14 32 4 1 0 2 0 35 4
通算 オランダ 135 7 11 0 7 0 153 7
総通算 135 7 11 0 7 0 153 7

代表での出場[編集]


オランダ代表 国際Aマッチ
出場 得点
2012 2 0
2013 7 0
2014 16 2
2015 2 1
通算 27 3

代表での得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2014年6月13日 ブラジルの旗サルヴァドールアレーナ・フォンチ・ノヴァ スペインの旗 スペイン 1–3 1–5 2014 FIFAワールドカップ
2 2014年9月9日 チェコの旗プラハゼネラリアレーナ チェコの旗 チェコ 1–1 2–1 UEFA EURO 2016予選
3 2015年3月31日 オランダの旗アムステルダムアムステルダム・アレナ スペインの旗 スペイン 1–0 2–0 親善試合

受賞[編集]

クラブ[編集]

ラツィオ

個人[編集]

  • Thorbecke Sporttalent: 2009 [12]
  • FIFAワールドカップ ベストイレブン 2014

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “Dromen van doorbraak: Stefan de Vrij (16) ontwikkelt zich bij Feyenoord en Oranje sterk [Dreaming of breakthrough: Stefan de Vrij (16) develops strongly at Feyenoord and Oranje]” (オランダ語). AD. (2009年2月3日). http://www.ad.nl/ad/nl/1038/Rotterdam/article/detail/249911/2009/02/03/Dromen-van-doorbraak-Stefan-de-Vrij-16-ontwikkelt-zich-bij-Feyenoord-en-Oranje-sterk.dhtml 2009年9月30日閲覧。 
  2. ^ “De Vrij tekent eerste profcontract [De Vrij signs first prof contract]” (オランダ語). Feyenoord.nl. (2009年7月17日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S2/20090717_contract_de_vrij.aspx 2009年9月30日閲覧。 
  3. ^ “Feyenoord boekt onberispelijke zege in Friesland [Flawless victory for Feyenoord in Friesland]” (オランダ語). Feyenoord.nl. (2009年11月21日). オリジナル2011年9月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110928025718/http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000034816 2011年2月24日閲覧。 
  4. ^ “Feyenoord via uitstekende tweede helft langs FC Groningen [Feyenoord over FC Groningen thanks to excellent second half]” (オランダ語). Feyenoord.nl. (2009年12月6日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S1/10010000035467-999-10010000000003.aspx 2009年12月6日閲覧。 
  5. ^ http://www.onsoranje.nl/nieuws/artikel/7775/stefan-de-vrij-een-grote
  6. ^ http://www.fr-fans.nl/?p=lees&id=877
  7. ^ http://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/feyenoorders-scoren-hoog-in-individuele-klassementen
  8. ^ “ラツィオ、デ・フライ獲得を正式発表”. Goal. (2014年7月31日). http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/07/31/4994054/%E3%83%A9%E3%83%84%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%87%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%82%92%E6%AD%A3%E5%BC%8F%E7%99%BA%E8%A1%A8?ICID=OP 2014年7月31日閲覧。 
  9. ^ Chievo-Lazio”. LegaserieA (Sept 11 2016). 2017年5月5日閲覧。
  10. ^ “Onder 16 wint eerste oefenduel [Under 16 wins first friendly]” (オランダ語). KNVB. (2009年9月24日). http://www.knvb.nl/archief/oranje/knvb.nl_oranje_nieuws/onder_16_wint_eerste_oefenduel 2009年9月26日閲覧。 
  11. ^ http://www.ad.nl/ad/nl/4562/Voetbal/article/detail/3689581/2014/07/15/Van-jongetje-naar-ster-De-Vrij-de-beste-in-Duits-WK-elftal.dhtml
  12. ^ “Stefan de Vrij Thorbecke Sporttalent 2009” (オランダ語). Feyenoord.nl. (2009年10月6日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail.aspx?contentcode=20091006_de_vrij_talent 2009年10月6日閲覧。 

外部リンク[編集]