ブルーノ・マルティンス・インディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はマルティンス第二姓(父方の)はインディです。
ブルーノ・マルティンス・インディ Football pictogram.svg
Bruno Martins Indi.jpg
名前
本名 ロランド・マクシミリアーノ・マルティンス・インディ
Rolando Maximiliano Martins Indi
愛称 BMI, Beast Bruno
ラテン文字 Bruno MARTINS INDI
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
ポルトガルの旗 ポルトガル
ギニアビサウの旗 ギニアビサウ
生年月日 (1992-02-08) 1992年2月8日(25歳)
出身地 ポルトガルの旗 ポルトガル バレイロ
身長 183cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ストーク・シティFC
ポジション DF (LSB, CB)
背番号 15
利き足 左足
ユース
オランダの旗 スパルタアン'20
オランダの旗 フェイエノールト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2014 オランダの旗 フェイエノールト 102 (5)
2014-2017 ポルトガルの旗 ポルト 47 (2)
2016-2017 イングランドの旗 ストーク・シティ (loan) 35 (1)
2017- イングランドの旗 ストーク・シティ
代表歴2
2009 オランダの旗 オランダ U-17 3 (0)
2010-2011 オランダの旗 オランダ U-19 16 (1)
2012- オランダの旗 オランダ U-21 8 (0)
2012- オランダの旗 オランダ 26 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月21日現在。
2. 2014年12月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロランド・マクシミリアーノ "ブルーノ" ・マルティンス・インディRolando Maximiliano "Bruno" Martins Indi, 1992年2月8日 - )は、ポルトガルバレイロ出身のサッカー選手ストーク・シティFC所属。ポジションはDF

経歴[編集]

クラブ[編集]

プロ入り前[編集]

ポルトガルバレイロで生まれてから3ヶ月後にオランダへ移住。その後、ロッテルダムで育ち、オランダの市民権を獲得した。ロッテルダムのスパルタン '20でキャリアを始めた後にフェイエノールトのユースに移ったマルティンス・インディは、2009-10シーズンにヨルディ・クラーシリッキー・ファン・ハーレン英語版ルク・カステグノスジェルソン・カブラル英語版ら多くのタレント共にU-19リーグで優勝。ユースでは身体能力の高い左バックとしてプレーしていた。

フェイエノールト[編集]

2010-11プレシーズン、当初はSBVエクセルシオールへの期限付き移籍が検討されていたがフェイエノールトのトップチームでトレーニングに参加できるチャンスを掴み[1]、そのまま見事にセレクション入りを果たした。2010年8月19日にUEFAヨーロッパリーグ 2010-11KAAヘント戦(ホーム1-0勝利)で先発出場で公式戦初出場[2]、3日後のヘラクレス・アルメロ戦 (1-1) でリーグ戦初出場を飾った[3]。9月12日のNACブレダ戦でキャリア初のレッドカードを提示された。10月24日のPSVアイントホーフェン戦(0-10敗北)では35分にルベン・スハーケンと交代出場し、アンドレ・バイーアティム・デ・クレルステファン・デ・フライと共に長時間守備陣を形成するも、0-10でクラブ史上最大の敗戦を経験した。10月31日のAZアルクマール戦(1-2敗北)でルク・カステグノスの得点を初アシストし、1-1の引き分けに持ち込むも最終的に敗北。4月17日のヴィレムII戦(6-1勝利)でコーナーキックから頭でキャリア初得点を挙げ、さらに守備面でも安定したパフォーマンスを披露し、評価を得た。

2011-12シーズンは、エクセルシオールから加入したミケル・ネロムカイ・ラムスタイン英語版とのポジション争いの末、ラムスタインの長期離脱によって左SBでチャンスを掴んだ。さらに11月からはデ・フライが負傷離脱したためCBにポジションを移し、シーズン終盤にデ・フライが復帰するまでロン・フラールと共にコンビを形成し[4]、リーグ2位に貢献。久しぶりのUEFAチャンピオンズリーグへの挑戦権を手に入れた。そのパフォーマンスから、2012年2月20日に契約を2016年夏まで延長した[5]

2012-13シーズンはフラールの移籍、ヨリス・マタイセンの加入、デ・フライの負傷離脱、さらにマタイセンの負傷とチームのCBコンビが落ち着かない中でスタメン出場を続け、その高い守備力でチームを支え、特にFCディナモ・キエフとのCL予選(ホーム1-0勝利)ではスタンドで観戦したルイ・ファン・ハール代表監督に「彼のプレーは驚愕だった」と言わしめ初招集に繋がるプレーを見せた[6]。本人はCBでのプレイを希望しているが、デ・フライとマタイセンが復帰してからは左バックでの起用が続いている。

FCポルト[編集]

2014年7月15日、FCポルトへの移籍が合意した[7]

代表[編集]

オランダとポルトガルの2つのパスポートを所持しているためオランダ代表ポルトガル代表のどちらかで出場する資格があり、最終的にオランダ代表を選択。2009年10月25日、2009 FIFA U-17ワールドカップのU-17コロンビア戦(1-2敗北)で、ワシム・ブーイと交代で79分から出場し、U-17代表としてデビューをした。同カテゴリーで出場したのは、この試合のみだった。2010年5月23日にU-19代表に招集されると、U-19ドイツ戦(3-0勝利)で90分フル出場をした。

2012年8月15日のベルギー戦でA代表デビュー。試合は2-4と敗れたが、チームの2得点の起点となるパスを送るなど安定したプレーを見せてそのままスタメンに定着。ハンガリー戦で初ゴール。ファン・ハール監督の下で若返ったオランダ代表の象徴的存在となり、2013年2月6日のイタリアとの親善試合 (1-1) はCBで初起用されると、デ・フライと共にマリオ・バロテッリを押さえ込み、さらに評価を上げた。

評価[編集]

ロナルド・クーマン監督はマルティンス・インディを「完璧なDF」[8]と呼び、「非常に落ち着いた若者だが、勉強熱心で自分を成長させていくことしか頭にない」と特にその向上心を高く評価[9]、オランダ代表の泣き所である左バックのポジションについても「彼がいれば10年は安泰」[10]と語った。

オランダ代表のキャプテンを務めるヴェスレイ・スナイデルはマルティンス・インディについて「ビッグ・タレントなだけでなく、オープンでとても愉快な若者。あらゆる意味で彼は代表にとって価値のある存在だ」と讃えた[11]

エピソード[編集]

  • 2012年9月7日に2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選初戦でトルコ戦(ホーム2-0勝利)でロスタイムに2点目が決まった直後に、喜んだマルティンス・インディはベンチに走り寄り、そのまま手を広げて迎えたファン・ハール監督に抱きついて尻餅をつかせた。ファン・ハール監督は「彼が走ってきた時に『あんな重い奴は支えられないぞ』と思ったんだがね。腰は手術したことがあるから、あまり悪くならないことを願っているよ」と試合後に語っている[12]
  • 2012年10月7日にアウェイのFCフローニンゲン戦 (2-2) で前半に退場者を出していたフェイエノールトが後半ロスタイムにマルティンス・インディの同点ゴールで引き分けに持ち込むことに成功。ゴール直後にベンチに走り寄ったマルティンス・インディはそのままクーマンに抱きついたが、クーマンは見事に支えて見せ、「私はルイよりも若いし体重もあるから、ブルーノのようなビーストでも受け止められるんだ」と語った。[13]
  • 2014年のブラジルでのワールドカップ初戦 スペイン戦においてディエゴ・コスタから頭突きアクションを受けたマルティンス・インディが見せた激しい怒りの表情が画面に映り、すぐさまSNS上で多くのコラ画像が生まれた。

脚注[編集]

  1. ^ "Martins Indi geniet van eerste dagen bij selectie"
  2. ^ "Feyenoord - AA Gent (19-08-2010)"
  3. ^ "Heracles Almelo - Feyenoord"
  4. ^ "BRUNO MARTINS INDI" feyenoord.nl
  5. ^ "20-02-2012 Feyenoord en Martins Indi bereiken principeakkoord over nieuw contract"
  6. ^ "Van Gaal: 'De vraag is of Martins Indi de stap naar de top kan maken'"
  7. ^ "マルティンス・インディ、ポルト移籍で合意発表"
  8. ^ "Koeman: 'We hebben grote talenten bij Feyenoord'"
  9. ^ "Basisdebuut Kongolo tegen Heracles Almelo"
  10. ^ "Indi helpt Oranje uit de brand"
  11. ^ "Martins Indi in alle opzichten een meerwaarde"
  12. ^ "Jump Martins Indi velt Van Gaal: 'Hoop dat het meevalt met mijn heup'"
  13. ^ "Koeman: 'Ik kan een beest als Bruno wel opvangen'"

外部リンク[編集]